ずっと白い?ホワイトニングの期間と効果の維持期間を徹底解説!


108 views

「歯を白くしたい…ホワイトニングをしよう!」

そう決めた時に最初に気になることの1つがホワイトニングの効果を実感するまでにかかる期間や、白くなる効果の維持期間ではないでしょうか。

ホワイトニングにはいくつかの種類があり、かかる期間や費用などそれぞれに違いがあるので何を選べばいいのかつい迷ってしまいますよね?

今回は下記の内容でそれぞれの種類ごとのホワイトニングの期間について詳しく紹介していきます。

解決したい疑問
  • ホワイトニングの効果を実感するまでの期間を知りたい。
  • ホワイトニングの効果が持続する期間を知りたい。
  • ホワイトニングの効果を得るための方法、注意事項などを知りたい。
  • 効果を実感するまでのホワイトニングの種類ごとの費用を知りたい。

自分の都合にあった期間でホワイトニングをしたい場合の参考にしてみてください。

それではどうぞ!

ホワイトニングに必要な期間と白さが維持される期間はどのくらい?

ホワイトニング種類 効果を実感するまでの期間 効果が持続する期間 効果を得られるまでにかかる費用
オフィスホワイトニング 1週間〜2ヶ月 3ヶ月〜10ヶ月 1〜4万円
ホームホワイトニング 1ヶ月〜6ヶ月 6ヶ月〜2年 2〜5万円
デュアルホワイトニング 1週間〜2週間 6ヶ月〜10ヶ月 7〜10万円
専用ハミガキを使うホワイトニング 2週間〜3ヶ月 3ヶ月〜6ヶ月 2000〜15000円

ホワイトニングには大きく分けると次の4つの種類があり効果の現れ方がそれぞれ違います。種類ごとの期間と費用をわかりやすく表にまとめたので参考にしてみてください。

それではホワイトニングの種類ごとに詳しく見ていきましょう!

オフィスホワイトニングで効果を得るまでの時間と持続する期間、費用は?


ここではオフィスホワイトニングで効果を実感するまでにかかる期間と、白くなってからその効果が持続する期間、そして全体的に必要になる費用について詳しく紹介してきます!

オフィスホワイトニングとは
オフィスホワイトニングは歯医者さんに行き、歯科衛生士に施術をしてもらうホワイトニングです。

歯の表面に濃度の高い薬剤を塗り、特殊なライトやレーザーで光を当てて歯を白くしていく方法で、所要時間は30分から1時間ほどです。

オフィスホワイトニングで歯を白くする効果を実感できるまでの期間

オフィスホワイトニングは早い場合には1回の施術で効果を実感できることがあります。

なので短期間で歯を白くする必要がある場合にはオフィスホワイトニングはおすすめです。

ただ、その効果には個人差が大きく、理想の白さの歯になったと実感できるまでには3〜5回の施術が、多くの人の場合で必要になります。

施術の間隔は、歯への負荷を考えて最短でも1週間以上あける必要があり、週に一回オフィスホワイトニングを行う計算でも最低1〜2ヶ月の期間を見ておくと良いでしょう。

高い濃度の薬剤が使われるため、知覚過敏になりやすいという特徴があります。

なので、もし知覚過敏になってしまうと、その治療をして再度ホワイトニングを行うことになり、期間は2〜4ヶ月など大幅に変動する可能性もあります。

オフィスホワイトニングの効果が持続する期間

オフィスホワイトニングによる歯の白さが持続する期間は長くて6ヶ月間、短いと3ヶ月くらいになるのが一般的です。

実は歯医者さんで施術してもらうホワイトニングの中で効果の持続期間が最も短いんです。

その理由は、限られた時間の中で薬剤を塗り光をあてているため、薬剤が歯の奥まで浸透しないからです。

そのため、何もしなければ施術1回だと持続するのが3〜6ヶ月の期間に止まってしまうのです。
なので定期的にメンテナンスのために歯医者さんに通う人も多いです。

ただ、歯が白くなる度合いや期間には個人差ががり、さらに使われる薬剤やライトの種類によってもその後が変わってくるので、歯医者さんとよく相談をして行なった方が良いでしょう。

オフィスホワイトニングで必要な費用は?

オフィスホワイトニングに必要な費用はホームホワイトニングよりも高い傾向があります。

相場としては2万円〜10万円とかなり幅が広くなります。

その理由は使用する機器や薬剤などによって違いがあるためです。

ホームホワイトニングで効果を得るまでの時間と持続する期間、費用は?


次はホームホワイトニングです!

効果を実感するまでにかかる期間と、白くなってからその効果が持続する期間、そして全体的に必要になる費用について詳しく紹介してきますね。

ホームホワイトニングとは
ホームホワイトニングは歯医者さんで作ってもらったマウスピースにジェルを塗り、自分でオーダーメイドのマウスピースを装着して歯を白くしていく方法です。
所要時間は1日あたり1〜2時間程度です。
自宅で行うことができ、目立たないので通勤中などに行うこともできます。

ホームホワイトニングで歯を白くする効果を実感できるまでの期間

ホームホワイトニングの効果を最初に実感できるようになるまでには最短でも2週間はみておく必要があります。

さらに納得のいく白さになるには、1日に1〜2時間ほどのマウスピースの装着を行い約1ヶ月から2ヶ月の期間がかかります。

なのでオフィスホワイトニングよりも歯を白くするのに必要になる期間が長くなります。

オフィスホワイトニングが歯に光を当てて一気に白くしていくのに対し、ホームホワイトニングは薬剤をじわじわと歯に浸透させていく方法なので時間がかかるんです。

安全のためにオフィスホワイトニングの薬剤の十分の一の濃度の過酸化物が用いられていることもその理由の1つにになります。

また、歯の構造やエナメル質の状態などによってホワイトニング剤の浸透具合が決まるため、効果の期間にも個人差があり、一概に「このくらいの期間で歯が白くなる」と言い切れない部分もあります。

それでもコツコツと地道にホームホワイトニングを継続することで、コストを抑えて透明感のある自然で十分な白さにすることができます。

ホームホワイトニングの効果が持続する期間

ホームホワイトニングによる歯の白さが維持される期間は短くて6ヶ月、長くて約1年ほどになります。

オフィスホワイトニングよりも色戻りがしにくく持続時間が長いことが特徴で、定期的に行うことで歯の白さをずっと維持して行くことができます。

マウスピースの装着を辞めた後も長い期間効果が持続する理由は、低濃度の薬剤を時間をかけながらじっくりと歯の奥まで浸透させて行く方法にあります。

その後のメンテナンスは気になった時にマウスピースを使うだけでOKなんです。

「時間をかけてもいいので、歯の白さを持続させたい」場合はホームホワイトニングがぴったりかと思いますよ。

ホームホワイトニングで必要な費用は?

ホームホワイトニングの費用は2〜5万円ほどが相場となっており、デュアルホワイトニングやオフィスホワイトニングよりも基本的には安い傾向にあります。

ただし施術してもらうクリニックごとに薬剤の値段やマウスピースの製作費用にばらつきがあるので、その値段には幅があることに注意をしてください。

デュアルホワイトニングで効果を得るまでの時間と持続する期間、費用は?


デュアルホワイトニングで効果を実感するまでにかかる期間と、白くなってからその効果が持続する期間、そして全体的に必要になる費用についての詳しい解説に入ります!

デュアルホワイトニングとは
デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングの組み合わせて行うホワイトニング方法です。
両方のホワイトニング方法の短所を補う合う、最も効果的なホワイトニング方法とされています。

デュアルホワイトニングで歯を白くする効果を実感できるまでの期間

できるだけ早く歯を白くしたい場合に最もおすすめなのがデュアルホワイトニングです。

デュアルホワイトニングはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行うので効果の現れる期間も1番早くなります。

オフィスホワイトニングを3回、ホームホワイトニングを2週間行うので、トータルで約1ヶ月ほどで歯を白くなったと実感できるレベルまで行くことができるんです。

ただし、薬剤からの刺激が常に歯にある状態になるため、知覚過敏の原因を作りやすいというデメリットがあり、無理をしすぎると歯のダメージにつながるリスクがあるので注意をする必要があります。

デュアルホワイトニングの効果が持続する期間

デュアルホワイトニングは、1年ほど効果が持続するので、オフィスホワイトニングやホームホワイトニングよりも長い期間、白さを保つことができます。

最も簡単に歯を白くすることができて、継続期間も1番長いのがデュアルホワイトニングなんです。

ただし頻繁に行いすぎると知覚過敏になるリスクがある(しばらく中断すれば再開することは可能です)ので、その点は注意が必要です。

デュアルホワイトニングで必要な費用は?

最も値段が高いのがデュアルホワイトニングです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法であることがその理由で、価格相場は7〜10万円となっています。

自宅でホワイトニング専用ハミガキを使って効果を得て持続する期間は?


最後はホワイトニング専用ハミガキを使って行うホワイトニングです!

効果を実感するまでにかかる期間と、白くなってからその効果が持続する期間、そして全体的に必要になる費用について詳しく紹介してきますね。

ホワイトニング専用ハミガキを使うホワイトニングとは
ホワイトニング専用ハミガキはドラッグストアやネット通販で購入して気軽に始めることができるホワイトニングの方法です。

黄ばみの原因となる汚れやステインによる着色を根本から浮かして剥がして落とし、再付着を防止する効果があります。

他の方法に比べると、歯を白くするまでに時間が必要になりますが、毎日の歯磨き習慣の中で行えて、費用も安く済むので継続はとてもしやすい方法と言えます。

ホワイトニング専用ハミガキで歯を白くする効果を実感できるまでの期間

ホワイトニングハミガキは歯医者さんに通うことは一切なく、毎日の歯磨きと同様に自分で購入して行なっていきます。

そのため人によっては早くて2週間から1ヶ月ほどで効果が現れてくることもあります。

ただし、ホームホワイトニングやオフィスホワイトニングなど歯医者さんのホワイトニングよりも効果は弱いので、ある程度長期的に継続することを覚悟した上で行うようにしましょう。

ホワイトニング専用ハミガキの効果が持続する期間

ホワイトニング専用ハミガキによるホワイトニングは持続時間についてのはっきりとした情報は残念ながらありません。

おおよその目安としては、3ヶ月から6ヶ月の期間でまずは様子を見てみてください。

歯の汚れやステインへの着色を落として自然な白さにするのが特徴なので、再着色や汚れの再付着に気をつけていることで色戻りに気づくことができます。

そのタイミングで毎日の歯磨きにホワイトニング専用ハミガキを再び取り入れて行くことで、効果を継続させて行くことができるでしょう。

ホワイトニング専用ハミガキで必要な費用は?

ホワイトニング専用ハミガキの値段の相場はだいたい1ヶ月2000円〜5000円ほどです。

歯が白くなるまでの期間が3〜6ヶ月なので、効果を得られるまでに必要となる費用は6000円〜3万円をみておくと良いでしょう。

ホワイトニングの期間中、効果を持続するための方法や注意点はある?


ここからはホワイトニングの効果を持続するための方法や注意点を紹介していきます!

歯のホワイトニングで効果を得るための3つの注意点

ホワイトニングで歯を白くするための注意点は主に以下の3つになります。

効果を得るための3つの注意点
  1. ホワイトニングできる黄体化を確認する。
  2. 定期的なメンテナンスを行う。
  3. 自分の体にあったホワイトニングを行う。

それぞれを見ていきましょう。

①ホワイトニングができる状態かを確認する

オフィスホワイトニングやホームホワイトニングでは人によってはホワイトニングができないこともあるので、歯医者さんに自分の歯や体の状態を見てもらい、ホワイトニングができるのかを見極める必要があります。

ホワイトニングができないケースは主に以下のような場合です。

ホワイトニングできないケース
  • 妊娠している。
  • 未成年である。
  • 虫歯がある。
  • 歯並びが極端に悪い。
  • 無カタラーゼ症である。

1つづつ解説していきますね。

・妊娠している
妊娠中はホルモンバランスが大きく変わっていきます。
歯科のホワイトニングで使われる薬剤が何らかの影響を体に及ぼす可能性は否めませんので、妊娠中の場合は控えた方が良いでしょう。
ただし、専用ハミガキを使うぶんには特に問題はありません。

・未成年
発育途上にある未成年はまだ歯の組織が完成していません。
歯の表面のエナメル質も形成されきってはいないので、その時期に漂白作用のある薬剤を歯に塗布すると、その後の成長に悪影響を及ぼす危険があります。

・虫歯がある
ホームホワイトニングを行い場合には虫歯があるかどうかに注意を払う必要があります。
虫歯部分を保護しながらホワイトニングすることができないため、薬剤がしみたりする恐れがあるからです。

なのでもし虫歯があるようであれば、まずは歯医者さんに相談をした上で、どのようにホワイトニングをしていくかを決めると良いでしょう。

・歯並びが極端に悪い
これもホームホワイトニングの場合ですが、歯並びが極端に悪いとマウスピースの装着が困難になるケースがあります。

専用のハミガキを使ってホワイトニングしていく場合は特に致命的な弊害はありません。

・無カタラーゼ症
歯科のホワイトニングで使われる薬剤には過酸化水素が含まれています。

無カタラーゼ症の人はこの過酸化水素を体内で分解することができないため、過酸化水素が有害物質として体内に残った状態になってしまうので、歯科のホワイトニングを避ける必要があります。

専用ハミガキでのホワイトニングであればその心配はないのでおすすめです。

②定期的なメンテナンス

ホワイトニングをして歯を白くすることができても、使っているうちにどうしても飲食物などによる着色で徐々に再び黄ばみが出てきます。

なので定期的に歯医者さんに診てもらい、必要に応じでホームホワイトニングなどを行うのが最も理想的です。

また、ホームホワイトニングまでは行わないとしても、歯医者さんで専用機器でのクリーニングをしてもらうだけでも効果的です。

専用機器のクリーニングは普段の歯磨きでは除去できない着色汚れを落とすことができるので。

③自分の身体に合うホワイトニングをする

お口の状態は人によってかなり異なってきます。
中には選んだホワイトニング方法によって体が悪影響を受けてしまうこともあるんです。

では悪影響とは具体的にはどのようなことがあるのかを見ていきましょう。

・知覚過敏の原因に
ホワイトニングによってエナメル質やセメント質がダメージを受けて知覚過敏を起こしてしまうことが、人によってはありえます。

虫歯治療の詰め物がある箇所と下あごの方が特に多い傾向があります。

・薬剤が歯にしみてしまう
歯にヒビがあったり虫歯があったりする場合は、ホワイトニングの薬剤がしみてしまうので、まず先に歯の治療を行う必要があります。

ただ、オフィスホワイトニングの場合は、部分的に薬剤を塗らずにホワイトニングをすることが可能なので、治療と同時進行で歯を白くしていくことがでいます。

それを踏まえてもやはり順序としては治療を優先した方が良いでしょう。

歯のホワイトニングで効果を持続させる3つの方法


ここからは、いくつかのポイントを押さえて実践することでより効果を長く持続させることができる方法を紹介していきます。

ホワイトニングの効果を持続させる方法は主に下記の3つがあります。

ホワイトニング効果を持続させる方法
  1. トリートメント剤やコーティング剤を使う。
  2. 歯磨き粉の成分をチェックする
  3. 着色しやすい飲食物や嗜好品などに注意する。

それぞれを解説していきますね。

①トリートメント剤やコーティング剤を使う

歯への着色を防ぐコーティング剤やトリートメント剤が販売されています。

歯磨き後に数分間塗ってゆすぐだけで着色を防ぐ効果があります。

おすすめなのは歯と同じ成分である「ハイドロキシナノアバタイト」が配合されている製品。

歯や歯茎を強くする作用もあるので、ホームホワイトニングなどでの痛みを緩和してくれたりもします。

歯がもともと黄ばんでいる場合にはなかなか効果を得にくかったりしますが、ホワイトニングをした後のケアとして最適です。

②歯磨き粉の成分をチェックする

歯磨き粉を選ぶ時に成分に含まれている研磨剤に注意をしましょう。

使っていてジャリジャリ感がするほど研磨剤が含まれている歯磨き粉は、長く続けていくうちに歯の表面が傷つけられてしまいます

細かい傷はより着色しやすい状態を生んでしまうことになるので、歯を白くするのが難しくなってしまうんです。

なので、歯磨き粉を選ぶ際には研磨剤が粗いものを継続的に使うようにする必要があります。

③着色しやすい飲食物や嗜好品などに気をつける

特にホームホワイトニングで言えることなのですが、基本的にホワイトニングをした後は着色しやすい状態なので、着色しやすい飲食物を避けるようにすることが大切になってきます。

着色しやすい飲食物の共通点は色が濃いものであったり、着色料が使われていることです。

コーヒーや紅茶、緑茶を飲むのが日課になっている人やタバコを吸う人は特に歯が黄ばみやすいので注意しましょう。

着色に気をつける必要のある主な飲食物や嗜好品その他は下記になります。

着色しやすい主な飲食物その他
  • コーヒー
  • 紅茶
  • 緑茶
  • タバコ
  • カレー
  • チョコレート
  • ミートソース
  • キムチ
  • おしょう油
  • ケチャップ
  • 赤ワイン
  • ウーロン茶
  • 抹茶
  • ココア
  • コーラ
  • うがい薬
  • 口紅
  • 色付きの歯磨き粉

また、食べ合わせにも着色に気をつけた方がいい組み合わせがあります。
着色性食品と一緒に着色補助食品をとってしまうと、口内が酸性化してしまいます。

そうなると歯の表面が溶かされて着色しやすい歯になってしまうので注意が必要なんです。

着色補助食品には、スポーツドリンクや炭酸飲料、柑橘系食品やお酢などがあります。

効果が出にくい7つの歯を知っておこう

白くなりにくい歯を知っておくとホワイトニングをする際に戸惑うことがないかと思うので紹介していきますね。

効果が出にくい歯7タイプ
  • 加齢による経年変化などが原因で着色度が高く、白くなるまでに通常より時間がかかる歯。
  • 神経がない歯。
  • 歯の表面に傷や凹凸が多いと白く見えにくいケースがあります。
  • 歯の表面に部分的に白い斑点がある。
  • 詰め物や被せ物が多い歯。
  • 横向きの縞模様が歯の表面にある。
  • 抗生物質が原因で灰色がかった着色がある。

もし自分がこれらのいずれかのタイプの歯に当てはまる場合は、ぜひ担当の歯科医師さんと相談してホワイトニングをして見てくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ホワイトニングの効果を実感できるまでの期間と費用、歯が白くなってからその効果が持続する期間、持続するのに効果的な方法や注意点などを紹介してきました。

自分の目的や必要なタイミングに合わせて、自分の体にあったホワイトニング方法を選び、健康的な白い歯を実現していきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング