【どんな臭いがする?】歯石による口臭の3つの原因と6つの治し方!


458 views

「人と話す時、自分の口の臭いが気になって、うまく話せない!」とお悩みではありませんか?

その口臭の原因は、もしかしたら、歯にこびりついた「歯石」が悪さをしているのかもしれません。

オンナの教科書では、歯石がどうしてクサい口臭の原因になるのか?口臭をなくすためにはどんな治し方法があるのか?を、具体的にご紹介しています。

最後まで読んでいただくと、歯石が引き起こす口臭の原因と治し方がバッチリわかるようになるので、憎い口臭をストップできますよ!

ぜひ、口臭の原因がわからないモヤモヤした気持ちと口臭を一緒にスッキリさせてくださいね♪

こんな口臭は歯石が原因かも!?まずは自己診断してみよう


歯石の口臭の臭いには具体的な特徴があります。よく例えられるのが2種類の臭いです。

歯石の口臭のチェックリスト
  • 腐った玉ねぎのような臭い
  • 腐った卵のような匂い

歯石の口臭の1つ目は、腐った玉ねぎのような、生ゴミのような臭い。これはですね、唾液中のリン酸カルシウムと歯石に付いた細菌が合わさる際に発生する臭いの特徴なんです。

歯石の口臭の2つ目は、腐った卵のような匂い。これは歯石に付いた細菌が「硫化水素」というガスを出すのが原因で発生する口臭です。

例えるなら、温泉地の特有のあの腐敗臭。というと、想像がつくのではないでしょうか?

徹底解説!歯石による口臭の3つの原因

歯石があると、クサい口臭が発生する仕組みをもう少し詳しくご説明しますね。

歯石による口臭の原因は、分類すると3つあるんですよ。

【歯石による口臭の原因①】臭いガスを発生する細菌の増殖

歯石による口臭の原因の1つ目は、臭いガスを発生する細菌の増殖。

歯石にはたくさんの細菌が付着しています。細菌は、硫化水素やジメチルサルファイドなど臭いガスを発生させ、それが口臭の元となるのです。

【歯石による口臭の原因②】臭いガスを発生する歯周病菌の増殖!

歯石による口臭の原因の2つ目は、臭いガスを発生する歯周病菌の増殖。

歯石を放置しておくと、歯周病に至ることも少なくありません。歯周病菌はメチルメルカプタンという非常に強い悪臭のガスを発生させるんですね。

【歯石による口臭の原因③】臭い膿を増やす歯槽膿漏になる

歯石による口臭の原因の3つ目は、臭い膿を増やす歯槽膿漏になってしまうこと。

歯石は、歯槽膿漏の要因の一つにもなります。それに歯石についた細菌が歯茎を攻撃、膿が発生し、臭いガスが発生するケースも多いんですよ。

さて、ここまでは、歯石の口臭の原因をご紹介してきました。

ここからはいよいよ、歯石が原因の口臭対策をご紹介していきますよ!

【おすすめ順に掲載!】歯石が原因の口臭への6つの治し方!

歯石があると、まさに百害あって一利なし!良いことが一つもないことがよくわかりました。口臭をなくすためには、歯石除去するのが一番です。

では、具体的にどんなことをすればいいの?ということで、ここでは歯石を除去する、6通りの方法をおすすめ順にお伝えします!

歯科で対策する方法

対策名 効果 安全性 手軽さ 費用
(※3割負担)
スケーリング 1000円程度
歯周ポケット内の歯石除去(ディープスケーリング) 1本200円程度
歯周外科手術(プラップ手術) 1本2000円程度

一番良い方法は、やっぱり歯科で歯石除去です。食べかすなどが歯に残ったままの状態だと、ネバネバの歯垢はわずか2日間で固い、やっかいな歯石になると言われています。

一旦歯石になってしまうと、自力で取るのは困難になってしまうんですね。そうなってしまたら、専門家の力を借りる以外に手立てはありません。

自宅で対策する方法

効果の持続性 安全性 コスト おすすめ度
歯磨き粉
歯間ブラシ(デンタルフロス)
マウスウォッシュ

歯科に行った後、自宅で対策を続けるのはとても有効です。歯石を作らない為には、日頃の積み重ねがとても大事だからです。

手軽に毎日取り入れられる歯磨き粉がおすすめの方法です。

それでは、まずは歯科でできる対策を具体的にご紹介します♪

歯石による口臭を消す!歯科医院でできる3つの治し方!

状況に応じて行う歯石除去方法が3つあります。

歯石は固く、放っておくと歯周病になってしまうやっかいなものですので、早めの対策が吉です。

【歯科でできる口臭対策①】スケーリング

効果 安全性 手軽さ 費用
(※3割負担)
1,000円程度

スケーラーという専用の機具を使って、歯石を除去することをスケーリングと呼びます。歯科医師や歯科衛生士が数種類のスケーラーを使い分け、固い歯石をそぎ落としていきます。

費用は1,000円前後と高くありません。時間は10~20分ぐらいです。

【歯科でできる口臭対策②】歯周ポケット内の歯石除去(ディープスケーリング)

効果 安全性 手軽さ 費用
(※3割負担)
1本200円程度

通常では除去しきれない、深い歯周ポケットの中に付いた歯石を除去できます。歯科では手用と超音波の2種類のスケーラーがありますが、あなたの状態に合わせたスケーラーで徹底的に歯石を除去してくれます。

ディープスケーラーは、高度な技術が必要とされます。

費用は1,000円前後と高くありませんが、痛みを伴う際は麻酔をすることがありますので、その場合は+3,000円~4,000円かかります。時間は10~30分ぐらいです。

【歯科でできる口臭対策③】歯周外科手術(プラップ手術)

効果 安全性 手軽さ 費用
(※3割負担)
1本2000円程度

進行が進んでしまったレベルの歯周病の場合、外側から歯周ポケットの歯石を除去するのが困難になります。

歯周ポケットの深さが6ミリ以上の場合、プラップ手術とも呼ばれる歯周外科手術を行います。歯茎を切開して、切開したところから直接歯石を取り除きます。

費用は、保険治療の場合は2,000円~ですが、症状がひどい場合は自費治療にななるのですが、それだと金額はは10,000円~170,000円かかることがあるそうです。

治療代と材料代は歯科医によって差がありますが、あまりに高い場合は、セカンドオピニオンとして他の歯科医に行ってみてください。

自分でもできる歯石による口臭ケア3つの方法

歯科でしっかり歯石を除去してもらっても、油断はできません。歯石は簡単に出来てしてしまうものなので、毎日のお手入れがとても大事なんです。

自宅でもできるおすすめのケア方法をご紹介します。

【自宅でできる口臭対策①】歯石除去に効果がある歯磨き粉

効果の持続性 安全性 コスト おすすめ度

一番おすすめなのは、歯磨き粉です。

歯磨き粉は毎日の習慣になっている人がほとんど。いつもの歯磨き粉を歯石がつきにくい働きをしてくれる歯磨き粉に替えるだけで、簡単に取り入れることができます。

新しい習慣を加えるのではなく、いつもと同じ歯磨きの習慣で口臭対策ができるのでお手軽です。

金額は1,000円~2,500円が相場ですが、歯の美白成分が入った機能性のある歯磨き粉は3,000円~5,000円ぐらいすることがあります。

安くていい歯磨き粉は探せばありますので、ランキングでチェックしてみてくださいね!

【自宅でできる口臭対策②】歯間ブラシ(デンタルフロス)

効果の持続性 安全性 コスト おすすめ度

歯間ブラシは、自分でも簡単に歯と歯の間の汚れを取り除くことができるものです。デメリットは、消耗品・使い捨てなので、意外にコストがかかること。

また、歯磨きの後、普段の習慣にプラスすることになるので、忙しい時などは忘れてしまうこともあります。

デンタルフロスの銘柄はどこでもOK!です。費用は400円~2,000円と幅が広いですが、まずは安いので試してみて下さい。

それで効果があると判断したら、余裕があれば自分好みのものを探してみましょう。

マツキヨやウェルシアなどの薬局でも売っていますが、アマゾンのレビューと照らし合わせて購入することをおすすめします。

【自宅でできる口臭対策③】マウスウォッシュ

効果の持続性 安全性 コスト おすすめ度

マウスウォッシュは、歯磨きでは届きにくいところにも流れ込んで、ケアしてくれる便利なグッズです。

しかし、これも消耗品なのでコストがかかることと、歯磨き習慣に追加してやらないといけないので、忘れがちになるのがデメリットと言えるでしょう。

リステリンやモンダミンなど、銘柄はどこでもOKです。金額は800円~2,000円ほどです。ストロング、センシティブ(敏感用)、ミント系など、種類がありますが、どれがいいのか分からない場合は、ノーマルタイプを最初に使ってみてください。

歯石による口臭をストップ!!毎日の口臭対策は歯磨き粉がおすすめ!


歯石の口臭対策に一番のおすすめの方法は、歯磨き粉です。

歯磨き粉をおすすめする理由は、3つあります。

【歯磨き粉がおすすめな理由①】簡単に取り入れられる!

すでに食後の歯磨きは習慣担っている人は多いはず。いつも使っている歯磨き粉を替えるだけで対策ができるので、特別なことを始める必要はありません。

【歯磨き粉がおすすめな理由②】いつでもどこでも気になる時にできる!

歯磨き粉のメリットの一つは、持ち運びしやすいサイズ感。自宅でも職場でも、朝でも夜でも。口臭が気になる時や、食後に早くケアしたい時など、すぐに対策を始めることができます!

【歯磨き粉がおすすめな理由③】安全なものなので安心して使える!

歯磨き粉は、口に入れて使うものなので安全な材料で製造されています。薬とは違い副作用もないので、医療関係者でなはい一般の人が扱っても安全に使用することができます。

また特別な技術がなくても、歯磨き粉をすれば口臭対策ができます。これって地味にスゴイことです。

歯石による口臭の対策ができる!5つの歯磨き粉徹底比較ランキング

それでは、おすすめの歯磨き粉をランキング形式で5つご紹介します。

それぞれにおすすめポイントや、成分など特徴の違いがありますので、自分の好みはどれかな?と比較してみてくださいね!

プロポデンタルEX

歯石に付いた細菌を3つの成分で殺菌+強力プロポリスで歯周病を予防!歯石による口臭もスッキリ抑えます!

プロポデンタルEXに配合されている1つ目の薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」は、歯石が引き起こす歯周病菌や虫歯菌などの細菌を抑えます。2つ目の薬用成分「酢酸トコフェロール」は、歯石で弱ってしまった歯茎の血行を促進させ、3つ目の「カンゾウエキス」は炎症を抑える働きをします。厳選されたプロポリスで歯を健康に、歯石による口臭を防ぎます。

価格 【2本コース】2,700円  【通常】3,600円
【3本コース】4,050円
【通常】6,300円
1日あたり 45円
総合評価
主成分 歯磨用リン酸水素カルシウム、含水ケイ酸、リン酸マグネシウム、ソルビット液、濃グリセリン、精製水、エタノール、無水ケイ酸、プロポリスエキス、ラウリル硫酸ナトリウム、カラギーナン、カルボキシメチルセルロースナトリウム、香料(ペパーミントタイプ)、酸化チタン、銅クロロフィリンナトリウム、メントール、酢酸トコフェロール、イソプロピルメチルフェノール、カンゾウエキス
特典 14日間返品保証
解約 電話1本で解約
【編集部のコメント】
歯石による口臭の原因である細菌を抑え、さらに歯の健康を促進させるプロポリスを加えたプロポデンタルEX。歯磨きした後のさっぱりとした使用感も評判が高いです。歯科医との共同開発で生まれた歯磨き粉で、山梨の自社工場で製造しているので、安心できる製品作りがされています。信頼できる品質の高さに、20年以上の愛されているロングセラー商品であるのも納得できます。

なたまめ歯磨き粉

なたまめ特有成分でお口スッキリ!歯石についた細菌が生み出す口内の悪臭ガスを大幅に減少させます!

なたまめは口内環境を整える豆として、昔から口臭解消に重宝されてきました。特有成分「カバニン」を配合したなたまめ歯磨き粉を使うと、歯石についた細菌が生み出す悪臭ガス「メチルメルカプタン」・「硫化水素」を大幅に減少させる結果が臨床試験で実証され、注目を集めています。合成界面活性剤を使用していない天然由来の歯磨き粉なので、安心して使用できます。

価格 【定期】1,620円
2本購入で送料無料
【通常】1,800円
1日あたり 54円
総合評価
主成分 炭酸Ca、水、グリセリン、シリカ、石ケン素地、ナタマメ種子エキス、キサンタンガム、カラギーナン、トコフェロール、天然ビタミンE、ハッカ油、ユーカリ油、チャエキス、エタノール
特典 なし
解約 次回お届けの1週間前までに電話で解約、HPから解約
【編集部のコメント】
一番の特徴は、古くから親しまれてきた「なたまめ」の特有成分を配合した自然由来の歯磨き粉であるということ。歯石が引き起こす口臭の原因になる「玉ねぎが腐った臭い」や「腐卵臭」といった悪臭ガスを減らすデータが出ているのが信頼の証しです。合成界面活性剤を使用していない点も、子どもからお年寄りまで安心して使える歯磨き粉として人気がある理由です。

ブリアン

世界的に希少な2つの善玉菌が配合された歯磨き粉!口内環境を整えて歯石による口臭を防ぎます!

ブリアンの特徴は、口内を整える生きた乳酸菌を配合した歯磨き粉であることです。配合されている乳酸菌「M18」と「K12」は、ニュージーランドのブリステクノロジー社でのみ培養可能で、世界的にも大変希少です。具体的に「M18」は歯石の付着を予防する働きがあり、「K12」は歯石になってしまう前に歯垢を除去してくれます。

価格 【定期】2回目5,780円
3回目以降5,280円
【通常】9,370円
1日あたり 193円
総合評価
主成分 乳酸菌BLIS M18、乳酸菌BLIS K12
特典 60日間返金保証
解約 定期購入2回目以降、次回発送の10日前迄に電話
【編集部のコメント】
ブリアンは、生きた乳酸菌を配合した珍しい歯磨き粉。乳酸菌は、世界基準の安全食品認証も取得していて安心できます。使い続ければ歯石予防になりますので、歯石の口臭対策にもなります。使い方は粉タイプの歯磨き粉を口の中に含んで、歯磨きをします。水で口をゆすがないので、最初は戸惑うかもしれませんが、慣れると口のスッキリした感覚がやみつきになります。購入後の60日間返金保証もあって、初めての方でも安心して試せるのも親切です。

アセス

3種の天然ハーブと重曹で歯石の付着を防いで健康な歯に!ドラッグストアなどで手に入る手軽さも高評価!

アセスは、200種類のハーブの中から口内環境に効果のあるものを厳選した3種の天然ハーブを使い、開発された歯磨き粉です。具体的にはカミツレ、ラタニア、ミルラの3種のハーブが止血、収れん、抗炎症、口臭除去、抗菌活性に優れた効果を発揮します。口内を清潔にして、歯石になってしまう前に、歯垢が付着するのをしっかりと防ぎます

価格 【60g】854円
【120g】1,476円
【180g】1,886円
1日あたり 28円
総合評価
主成分 カミツレチンキ、ラタニアチンキ、ミルラチンキ
特典 なし
解約 なし
【編集部のコメント】
アセスは、歯周病・歯槽膿漏への効果が臨床試験で証明されている医薬品指定の歯磨き粉。裏付けされた確かな効き目が歯石の口臭対策にも期待できます。アセスの歴史は長く、1978年に初めて発売されてから改良を重ね、さまざまなシリーズ商品を生み出し愛用されてきました。本格的な歯周病対策ができる歯磨き粉ですが、ドラッグストアや薬局などで手に取れる手軽さも評判が高いです。

薬用なたまめ柿渋歯磨き

京都産なたまめなど5つの自然素材が歯石を付きにくくして健康な歯に!歯石の口臭を防止します

薬用なたまめ柿渋歯磨きには、京都産なたまめ、甘草、柿渋エキス、赤穂の天然塩、サンゴ・貝殻の5つの自然素材が配合されています。なたまめは昔から口内のトラブルを解決するために重宝されてきました。歯石の付着を防ぎ、口臭をスッキリさせます。また甘草から抽出した成分「グリチルリチン酸ジカリウム」は歯茎の炎症を抑え、歯周病予防にも効果があります。

価格 【定期コース】1,479円
【通常コース】1,700円
1日あたり 49円
総合評価
主成分 グリチルリチン酸ジカリウム、重質炭酸カルシウム、ヒドロキシアパタイト、濃グリセリン、ソルビット液、海水乾燥物、カラギーナ、カルボキシメチルセルロースナトリウム、含水無晶形酸化ケイ素、キシリット、ハッカ油、スペアミント油、せっけん用素地、カラメル、なたまめ・柿渋
特典 なし
解約 次回発送の10日前迄に電話、FAX,HPより解約
【編集部のコメント】
厳選された5つの自然素材が配合されている薬用なたまめ柿渋歯磨き。なんとほとんどの素材が国産というこだわりです。歯磨き粉は毎日使うものなので、付けている人も多いはず。国産で自然素材からできている歯磨き粉だと安心して使えますね。歯石がつきにくくなって歯周病や歯槽膿漏の予防もできるので、歯石で口臭に悩むこともなくなりそうです。

歯石による口臭の対策ができる歯みがき粉はプロポデンタルEXが一番おすすめ!


プロポデンタルEXがおすすめな5つのポイント

  1. 厳選された3つの成分とプロポリスの最強の組み合わせ
  2. どこでも持ち運びできるサイズ感
  3. 販売実績750万本!お客様満足度の高さ
  4. 返金保証もあり安心!
  5. 電話1本で簡単に解約できる!

プロポデンタルEXが一番、歯石の口臭対策ができる歯磨き粉でした!3つの確かな成分で歯石が引き起こす歯周病をしっかり予防し、強力なプロポリスで歯を健康にしてくれるので、歯の健康づくりの最強コンビです。

これまで累計750万本も販売されており、愛用者が多いのも信頼できる証拠です。万が一、合わなくてやめたいときも返金保証があって安心。電話1本で解約も簡単にできるので、まずはどんなものか気軽に試してみるのをおすすめします。

まとめ

ここまで、歯石が引き起こす口臭の対策方法をご紹介してきました。

歯石が原因で口臭が気になる時は、やはり歯医者に行ってみてもらうのが一番です

一度、歯石になってしまったら自力で取るのは至難の業。歯科医に専門の器具を使って歯石を除去してもらう「スケーリング」がおすすめです。

また、歯の状態によっては、深い歯周ポケット内の歯石除去方法「ディープスケーリング」や外側からでは太刀打ちできない場合は「フラップ手術」が必要になるケースもあります。

その後、歯石が付かないようにする歯磨き粉を使い、自宅でも歯石予防することは可能です。

まずは、歯科医に行って治療してもらうことが口臭対策の第一歩です!

少しだけ勇気を出して進んでみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング