その日焼け止め大丈夫?使用期限・今年使ってOKか要チェック!


1,349 views

日焼け止めは、購入した年に1シーズンで使い切れないことが多いですよね。

日差しの強い季節は毎日使っていても、夏が過ぎると使わなくなって引き出しの中にしまったままになり、翌年また夏になって「あれっ去年の日焼け止めまだ残ってるな…」と思う人は少なくないと思います。

ただ、日焼け止めは使用期限・消費期限が商品パッケージや容器に書かれていないことが多いので、「この日焼け止め、いつまで使って大丈夫なのかな?」と思うことがありませんか?

去年~2年前の日焼け止めをまた使いたいな、と思った人は要注意です!日焼け止めの使用期限が過ぎている可能性があります。

この記事では、

  • 開封済み・未開封の日焼け止めの使用期限について
  • クリーム・ジェル・スプレーなどタイプ別日焼け止めの使用期限について
  • 手元にある日焼け止めが使用期限内かどうかチェック!
  • 日焼け止めを長持ちさせる保存方法

など、日焼け止めの使用期限について分かりやすくまとめています!

今、手元にある日焼け止めがまだ使用期限内かどうかチェックするために是非活用していただければと思います。

日焼け止めの使用期限は基本的には1シーズン~1年!


日焼け止めは、基本的に1シーズンで使い切ることを想定して作られていますので、なるべく買った年(1シーズン)に使い切るのがベストです!

未開封かどうか、開封済みかどうかによっても変わってきますし、保管状態が良ければ基本的には使用期限は下記をイメージしていただくと良いです。

一般的な日焼け止めの使用期限
  • 未開封 ⇒3年以内
  • 開封済み ⇒1年以内

日焼け止めは、使い切りタイプではないので、雑菌が増えるのを防ぐために防腐剤(パラベン)を含んでいる商品がほとんどです。

よって、保管状態が良いものであれば1年程度は品質は保たれます。また、日数の経過と共に成分の品質に変化はありますが、SPF・PAなど日焼け止めとしての効果が落ちるわけではありません。

ただ、日焼け止めの保管状態がどういう状態だと「良い」といえるのかわかりにくいと思うので、この記事の下の方で未開封の日焼け止め開封済みの日焼け止めについてもう少し分かりやすくまとめましたのでそちらを参考にしてくださいね。

日焼け止めの期限を大手メーカーに問い合わせてみた!


市販の薬局・ドラッグストアでも売っているような大手メーカーが販売する日焼け止めの使用期限が未開封・開封済みだといつまで使っていいのか?メーカーに電話して聞いてみました。

今回は、市販でも売っていることが多い「アネッサ」「アリー」「ニベア」「ビオレ」の4つの商品について問い合わせてみました。

アネッサ・アリー・ニベア・ビオレ日焼け止めの使用期限

アネッサ
アリー
ニベア
ビオレ
未開封 製造日~3、4年 製造日~3年 製造日~3年 製造日~3年
開封済み 製造日~1年半 製造日~1年 なるべく1シーズンで使い切る 製造日~1年

メーカーや商品によって多少の差はあるものの、基本的には「未開封なら3年程度、開封済みは1年以内」という回答でした!

ニベアは、開封済みの場合はなるべく1シーズンで使い切ってほしいという回答でしたが、保管状態によっては翌シーズンまで使ってOKだと教えてくれました。

保管状態が良いってどういうことかすぐ知りたい場合はこの記事内の開封済みの日焼け止めがまだ使えるかどうかチェック!を読んでみてくださいね。

メーカーに問い合わせをすると、丁寧にすぐに使用期限について答えてもらえました。すぐに答えられるなら、容器・パッケージに使用期限を書いてくれたらいいのに…と思ったのですが、使用期限が書かれていない理由がありました。次でご紹介しますね。

メーカーが使用期限を書かないのは書く義務がないから


日焼け止めの商品やパッケージに使用期限・消費期限が書いていないことがほとんどだと思いますが、それは「薬事法で未開封の状態で3年間の品質が保たれる商品は消費期限を書かなくても良い」という理由だからです。

使用期限の表示がない場合は無期限でいつまでも使って良いんだ!と思われがちですが、3年以上経った後の品質は保証していないという意味でもあります。つまり、下記のような解釈ができます。

薬事法による日焼け止めの期限の保証
  • 使用期限が書いていない商品は未開封で3年以内の品質が保証されている
  • 未開封でも3年後以降の使用については自己責任

未開封の状態であれば、3年以内は品質保証されているので何かあれば対応してもらえますが、3年以上経ってしまうと肌トラブルが起きても保証してもらえなくなるということです。

では、未開封で3年以上保管していたとして品質が急に劣化するか?というとそれは誰にも分からないというのが答えになってしまいます。

そうなると使わず捨てる!というのが一番安心ではありますが、また未使用だしもったいないから使いたい!という場合は完全に自己責任で使うことは可能ではあります。その場合は、腕・足などに少量塗ってパッチテストをしてから、お肌に異常が出ないかどうか確かめてから判断するようにしてくださいね。

未開封の日焼け止めの期限は3年!


未開封できちんとした保管をされていた日焼け止めの場合、3年程度までは使うことが可能です!

きちんとした良い保管状態だったかどうかは下記をチェックしてくださいね。下記に全部チェックがつくようであれば、良い保管状態だと思っていただいてOKです!

未開封の日焼け止めの良い保管状態
  • 室内で常温15~25℃の中に置いてある
  • まだフタ・キャップを開けていない
  • 直射日光などに当てていない
  • 車内など高温になる場所には置いていない
  • 湿度の高い洗面所・お風呂場に放置していない
  • 冷蔵庫など温度が低い場所には入れていない

上記の全てに当てはまるようであれば未開封の日焼け止めは数年経っていても使用が可能です!

ただ、念のためフタを開けてみて、「変なニオイはしないか?」「色が変色していないか?」「成分が分離していないか?」だけはチェックするようにしてくださいね!肌トラブルになってしまうと悲しいですからね…。

次は、開封済みの日焼け止めの期限についてもう少し詳しく紹介していきますね。

開封済みの日焼け止めの期限は1年!


開封済みの日焼け止めは、時間が経てば経つほど防腐剤(パラベン)の効果が薄れてくるため、品質が少しずつ変化していきます。

雑菌が増えてきて肌トラブルが起こる可能性があるため、できるだけ1シーズンで使い切るのがベストではあります!ただ、1シーズンで使いきれなかった場合は1年が使用期限としてはベターです。

日焼け止めのタイプ・種類によっても使用期限は異なりますので、次でご紹介しますね。

日焼け止めの種類・タイプ別の使用期限


日焼け止めといってもクリームタイプ、スプレータイプ、無添加製品など色々種類がありますよね。

そこで、タイプ別に日焼け止めの使用期限を未開封・開封済みでどのくらい持つのか?まとめました。

タイプ別・日焼け止めの使用期限

未開封 開封済み
クリームタイプ 3年 1年
ジェルタイプ 3年 1年
ミルク・乳液タイプ 3年 1年
スプレータイプ 3年 3年
パウダータイプ 3年 1年
無添加タイプ 1年 6ヶ月

基本的にはほとんどの日焼け止めが未開封だと3年・開封済みだと1年以内を目安にすると良いです。その中でも、スプレータイプ(エアゾール製品)の日焼け止めは、未開封・開封済みどちらの場合でも3年はもつので長持ちです!

ただし、無添加処方タイプの日焼け止めは、防腐剤(パラベン)が入っていないので、未開封でも1年、開封済みなら6ヶ月を目安に使い切るようにしてくださいね。

上記であげたタイプの日焼け止めは、防腐剤が入っているのでその防腐剤がどのくらい持つか?ということなので、SPF・PAなど日焼け止めの効果としては時間が経っても変化することはありません。

上記の表を見て、少し期限が過ぎてるな…まだ使えるのかな?と気になる人は次のチェック項目を見て判断してくださいね。

開封済みの日焼け止めがまだ使えるかどうかチェック!


開封済みの日焼け止めで、まだ使っても大丈夫か?という判断基準は1年経ったかどうかという年数だけではありません。開封してから1年以上経っていたとしても、全てがNGかというとそうではありません。

たくさんのメーカーが日焼け止めを作っていて、「防腐剤が入っているか?」「開封後の使い方・保存状態」によってもまだ使えるかどうかは変わってきます。反対に、開封済みでそれほど時間が経っていなくても劣化してしまっている可能性はあります。

日焼け止めのフタを開けてみて、下記のような状態になっていないかどうかをチェックしていただいて、どれも当てはまらなければ使用を続けてOKです!チェックしてみてくださいね。

日焼け止めの期限が過ぎている状態
  • 変なニオイがする
  • 色が変色している
  • 成分が分離している
  • 日焼け止めが固まっている
  • 使用感が劣化している

上記のどれか1つでも当てはまるようであれば、日焼け止めの中に雑菌が増えてしまっている可能性があるので、使用するのを諦めた方が良いです。そのまま使用すると肌トラブルの原因になる恐れがあります。

また、上記のどれにも当てはまらない場合でもお肌トラブルが不安な人はパッチテストをしてみることをオススメします。

自宅でできるカンタンな日焼け止めのパッチテスト方法
  1. 二の腕の内側をよく洗って清潔にする
  2. 日焼け止めを少量塗ってのばす
  3. 60分ほど経過した後、皮膚に赤みなどが出ていないか確認する
  4. 異常がなければそのまま24時間後にもう一度皮膚の状態を確認する
  5. 24時間経っても特に赤み・かゆみ・かぶれなどの異常が起きていなければOK

パッチテストの途中で、赤み・かゆみ・かぶれなど皮膚の異常があった場合は、すぐに使用を中止して日焼け止めを洗い流しましょう。その日焼け止めを使用するのはやめたほうが良いです。

ただ、パッチテストではOKでも使用期限が過ぎた状態の日焼け止めは酸化していることがあり、お肌の弱い人は肌トラブルを起こす可能性がありますので、新しい日焼け止めを購入することをオススメします。

毎年最新の良い日焼け止めがどんどん新発売されるので、日焼け止めとしての高い効果を期待するためにも新しく買い直すのもひとつの手だと思います。

日焼け止めの使用期限は年数だけではないとお伝えしたところで、開封済みの日焼け止めを長持ちさせる保管方法を次でご紹介しますね。

開封済みの日焼け止めを長持ちさせる保存方法


日焼け止めは一度開封すると空気にふれることになるため、成分が酸化(劣化)していくのを人の手で防ぐことは難しいですが、良い保管状態を保つことで日焼け止めを長持ちさせることはできます。

良い保管方法とはどんな状態か?下記のように保管するととても長持ちするので参考にしてくださいね。

開封済みの日焼け止めの良い保管方法
  • 室内の常温(15~25℃)で保管する
  • 容器の口を使うたびにティッシュなどで拭く
  • 使ったら毎回キャップを閉める
  • 容器の口にさわらないように中身を出す
  • (容器の口にさわる人は)使用前に手を洗う
  • 直射日光に当てない
  • 冷蔵庫に入れない
  • 湿度が少ない場所で保管する

上記を気をつけることで開封済みの日焼け止めでも長持ちするようになります!

その中でも特に気をつけてほしいことは、「高温多湿な場所に放置しない」というところが重要です。気温・湿度の高い場所では成分が劣化しやすく雑菌・カビが増えやすい状態になってしまいます。

太陽の当たる窓際、炎天下の浜辺・プール、高温になる車内、洗面所・お風呂場などで保管するのは最も劣化が進む状態になってしまいますので、保管する場合は常温にして清潔な状態をキープするようにしてくださいね。

期限切れの日焼け止めを使うとお肌へのデメリットだらけ!


日焼け止めの使用期限が切れた状態とは、SPF・PAのUV効果が切れるということではなく、日焼け止めの成分の防腐剤(パラベン)の効果が切れた状態をいいます。

そのため、防腐剤(パラベン)の効果が落ちてくると、成分が酸化・劣化したり雑菌が増えていってしまいます。日焼け止めの成分が劣化するとお肌に下記のようなトラブルが起きる恐れがあります。

使用期限が切れた日焼け止めで起きる肌トラブル
  • 肌のかぶれ・かゆみ
  • 色素沈着(シミ・そばかす)
  • ニキビ・吹き出物

肌のかぶれ・かゆみ


人の皮膚には常在菌というお肌を守ってくれる菌が存在しています。その常在菌が日焼け止めの容器の口などから中に入り、増えていくことで雑菌に変わってしまいます。

日焼け止めの中で増えた雑菌がお肌につくとかぶれ・かゆみを起こしてしまい、さらに悪化すると赤くただれてしまうこともあります。

色素沈着(シミ・そばかす)


日焼け止めの中の成分である油分・香料などが酸化したままお肌にのせると活性酸素が増えてメラニン色素がたくさん作られるようになります。

このメラニン色素がどんどんたまっていくと、シミ・そばかすのような色素沈着が起こってしまいます。

ニキビ・吹き出物


日焼け止めの中に入っている油分が酸化して、これが毛穴に詰まるとアクネ菌が増えやすいお肌の状態になります。このアクネ菌が、ニキビ・吹き出物の原因になってしまいます。

上記のように様々な肌トラブルを起こす恐れがありますので、使用期限が過ぎた状態の日焼け止めは使わないようにしましょう。

でも期限切れの日焼け止めを捨てるのはもったいない…!という人は、別の使い方をして有効活用しましょう。次でご紹介しますね。

期限切れの日焼け止めを別のことで有効活用!


使用期限が過ぎたり、状態が悪くなってしまった日焼け止めでも、捨てるのはなんだかもったいない!と思ってしまいますよね。

そんな期限切れの日焼け止めは、お肌に使うこと以外に有効に活用することができます!期限切れの日焼け止めが再利用できるので、是非参考にしてみてくださいね。

シルバーアクセサリーをピカピカにしてくれる


日焼け止めは油分が含まれているので、この油分がサビ・くすみを取り除いてくれます!シルバー専用のクロスやシルバー磨き用のクリームなどを買わなくてもピカピカにすることができるのでとてもオトクな裏技です!

シルバーアクセサリーを日焼け止めで磨く方法
  1. メガネ拭き・ティッシュペーパーに少量の日焼け止めをつける
  2. シルバーアクセサリーを磨く
  3. 別のティッシュペーパーでベタつきを落とす

ティッシュペーパーでふいてもベタつきがなかなか落ちない場合は、水洗いをしてからふいてもOKです。

はがれなくなってしまったシールがキレイにはがせる


日焼け止めに油分が含まれているので、この油分がシール・ステッカーの粘着部分とくっついて浮かしてくれるのでキレイにはがれるようになります!机や冷蔵庫などの他にも、ハサミ・カッターなどの先端についたベタベタをとることもできます。

シール・ステッカーを日焼け止めで落とす方法
  1. はがしたいシールの上に日焼け止めを多めに塗る
  2. その上からティッシュで覆いかぶせて30分~1時間程度放置する
  3. フキンやティッシュなどでふきとる

日焼け止めを塗る前にシールをドライヤーなどで温めてから上記の順番で行うと、より短時間でキレイにはがすことができます。

落ちなくなった油性マジックがカンタンに落ちる


机や壁、柱などについてしまった油性のマジックを落とすことができます。油性マジックと日焼け止めどちらも油分が入っているので油分同士がくっつくことで浮き上がらせ、さらに紫外線吸着成分が覆うのでカンタンに落とせます!

油性マジックを日焼け止めで落とす方法
  1. マジックがついてしまった部分に日焼け止めを塗ってのばしてなじませる
  2. ティッシュでふき取る

手についてしまった油性マジックも同じ方法で落とすことができます。たったこれだけで落とせなかった油性マジックがカンタンに落とせます。

日焼け止めの使用期限が切れていても、別のことに再活用できるなら捨てなくてもいいので気持ちが楽ですよね♪

それでも再利用できそうにない!という人はきっぱりと諦めて捨ててしまいましょう。日焼け止めの捨て方・処分方法が分からない人は次を参考にしてくださいね。

余ってるけどやっぱいらない!日焼け止めの捨て方


日焼け止めの使用期限が過ぎてしまった…再利用もしそうにない…という人は諦めて処分してしまいましょう。

日焼け止めの容器の捨て方は、住んでいる地域・地区の自治体によって異なります。容器はプラスチック製のものがほとんどだと思いますが、このプラスチックが自治体によって「可燃ゴミ」「不燃ゴミ」「プラ」のどれにあたるかどうか、捨て方はお住まいの「区・市のゴミの捨て方」を調べてみてくださいね。

プラスチックの容器・中身のゴミ分別

自治体が設定しているプラスチックの扱い 可燃ゴミ 不燃ゴミ プラ
日焼け止めの容器
日焼け止めの中身
中身は新聞紙やボロ布に出して可燃ゴミへ

中身は新聞紙やボロ布に出して可燃ゴミへ

お住まいの地域のゴミの分別について、調べ方が分からないという人は、ごみ分別ナビ~全国版~というサイトがありましたので、こちらを参考にすると良いと思います!

日焼け止めの期限に関するQ&A

2年~3年前の日焼け止めは使っても大丈夫?
基本的に未開封なら3年以内、開封済みなら1年以内に使用することを目安とするのが良いでしょう。開封済みの場合、本来は使用しない方が良いですが、この記事内の日焼け止めがまだ使えるかチェック!で日焼け止めの状態をチェックして、1つでも当てはまるなら使用は避けた方が良いです。

もしチェックして1つも当てはまらないようであれば使用しても良いですが、不安な人はパッチテストを行ってからの使用をオススメします。

無添加タイプの日焼け止めの使用期限は短いの?
使用期限・消費期限がパッケージや容器に記載されていなければ、未使用1年以内、開封済み6ヶ月以内を目安にすると良いでしょう。

医薬品医療機器等法で、「3年以内に品質が変質する恐れのある化粧品は使用期限を記載しなければいけない」と決まりがあるため、品質が変化する可能性がある日焼け止めには必ず消費期限が記載されています。記載がある場合はその期限内に使用するようにしましょう。

まとめ

開封済み・未開封の日焼け止めの使用期限、クリーム・スプレーなどタイプ別の使用期限、手元の日焼け止めが使用期限内かどうかチェックする方法などをまとめました。いかがでしたか?

まとめると、基本的には未開封だと3年・開封済みだと1年を目安にすると良いですが、手元にある去年の日焼け止めは保存状態が良ければ使ってOKという結論です。

ただし、変なニオイがしたり色が変色しているものなどはお肌のトラブルの原因になるので、避けた方が良いです。

日焼け止めの容器やパッケージには使用期限が書かれていないことが多いので、いつまで使えるんだろうと使用するのを迷ってしまいますが、この記事を参考に判断していただくと安心ですよ。

お肌トラブルがなく、気持ちよく日焼け止めを使っていただけますように♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング