白髪を部分染めしたい!白髪かくしランキングと失敗しない使い方


20 views

白髪はこの前染めたばかり!って思っていても、生え際やこめかみ部分からまた新しい白髪がすぐ生えてきたってこと、白髪で悩んでいる人は一度は経験ありますよね…。

でも、その都度自分で染め直したり、美容室に通ったりしていたら費用はバカになりません。

なんとか、次に白髪を全体染めをするまでに対策できないでしょうか?

というニーズに応えてくれるのが、部分染め

でも、部分染めにはヘアカラー、ヘアファンデーション、ヘアマスカラ、コーム……

などなど

ドラッグストアで売り場を見ても分かるのですが、部分染めには本当に様々な種類があるんです。

  • 部分染めってヘアカラーとは違うの?
  • 白髪かくしにはコームタイプとかマスカラタイプとはいろいろあるけどどれがいいの
  • どうすれば失敗しないで自然に部分染めできる?

今回のオンナの教科書では、そうした疑問にお答えしていきます。

>>白髪の部分染めランキングをいますぐチェック!

どの種類を選べばいい?白髪の部分染め商品の種類

白髪を部分染めするとき、まず大きく分けて

  • キャップがあり繰り返し使えるヘアカラーを少量だけ使う方法
  • 一時染毛料で毎日気になるところだけカバーする方法

があります。

それぞれのメリット・デメリットをあげていきます。

【1】一度でしっかり染めるならクリームタイプのヘアカラー(永久染毛剤)

ヘアカラー(クリームタイプ)のメリット ヘアカラー(クリームタイプ)のデメリット
・髪が内部までしっかり染まる
色落ちしにくく長持ち
・キャップができて繰り返し使える
・致命的に髪が傷む
ジアミンアレルギーの人は使えない

まず、髪を部分染めするのによく染まるのがクリームタイプのヘアカラーです。市販の人気商品にロレアルパリやサロンドプロの白髪染めがあります。

1剤と2剤を混ぜるタイプのもので、それぞれの薬剤がチューブに入っているため、一度開封しても、使う分だけ混ぜて残った分はキャップして保管できます。

ただし、しっかり染まる分、髪や頭皮への負担は非常に大きいため、長期間使用し続けるのはおすすめできません。

【2】すぐ使いたい&髪を傷ませたくないなら白髪かくし(一時染毛料やヘアマニキュア)

白髪かくしのメリット 白髪かくしのデメリット
・コームタイプやスティックタイプの使いやすい商品が多い
・髪を濡らさずに使える
色落ちしやすい
毎日使う必要がある

一方、ドラッグストアなどで部分染めとしてよく売られているのが、一時染毛料と言われる「白髪かくし」や「ヘアマスカラ」「ヘアファンデーション」等。

手軽に染められるメリットはあるものの、その効果は一時的なものでシャンプーする度にとれるため、毎日こまめに使う必要があります。

表面だけ染めるため、髪の傷みを心配する必要がないのが嬉しいところ。毎朝白髪のケアに時間を割ける人には白髪かくし(一時染毛料)がおすすめです。

部分用白髪染めはどうやって選ぶ?

上記のメリット・デメリットから選び方をまとめます。

部分染めの選び方
  • 1回だけ染めた後は長持ちさせたい(髪の傷みは我慢)>>クリームタイプの繰り返し使えるヘアカラー(永久染毛剤)
  • 毎日気軽に白髪が気になる部分だけこまめに染めたい>>白髪かくし(一時染毛料)

ただし、当サイトの白髪染めのかぶれに関する記事でお伝えしているように、ヘアカラーを使用し続けるのは、髪と頭皮にとって大きなリスクがありますので、ぜひ、そのことも考慮して商品を選んでくださいね。

【ヤバすぎ】白髪染めでかぶれた!症状・治療薬・原因・対策のすべて

ということで、当サイトでは髪の傷みにくさを重視して、白髪かくし(一時染毛料)で白髪を部分的に染める際のおすすめ商品をランキング形式で紹介します。

一時染毛料にはコームタイプの他に、スティックタイプ、ファンデーションタイプ、最近ではミストタイプ等いろんな種類があります。

先にそれぞれがどんな商品なのか簡単に説明します。

>>今すぐランキングをチェックする

部分染めに便利な白髪かくし(一時染毛料)の5つのタイプと特徴

部分染め(一時染毛料)5つのタイプ
  1. コームタイプ
  2. スティックタイプ
  3. ファンデーションタイプ
  4. マスカラタイプ
  5. パウダーミストタイプ

コームタイプの白髪かくしのメリット・デメリット

コームタイプのメリット コームタイプのデメリット
・不器用な人でもとかすだけで簡単
・不自然なツヤが出ることなく自然に仕上がる
・広い範囲をカバーするのは大変

コームタイプの白髪かくし商品紹介

商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり
ポーラ カラークイックブラシ
¥2,592
(10ml)
滑り止めがついていて使いやすい ブラウンを使ったのに黒く仕上がることがあるので地毛が黒い人には良い
髪のうるおい成分豊富な気になる白髪をピンポイントでカバーするコーム型ヘアカラー。髪がペタっとせずふんわりとした仕上がりに。
商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり

ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー
¥1,852
(10ml)
マーカーの両側にクシがあり地肌につかない 液体のように重たくならず自然な仕上がり
コンパクトな手のひらサイズの白髪隠し。白髪にサッと髪をとかすだけで根元からキレイに染められるように平らな面タイプの形状のクシが採用されています。

スティックタイプの白髪かくしのメリット・デメリット

スティックタイプのメリット スティックタイプのデメリット
・細かな部分の量の調整がしやすい
・徐々に色が染まっていく性質がある
・液状なので指につきやすい
・マットな仕上がりが良い人には向かない

スティックタイプの白髪かくし商品紹介

商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり
レフィーネ リタッチカバー
¥3,066
(50g)
細みのチューブで細かいところも◎後頭部は使いづらい 整髪剤を塗った後のような感じ
徐々に色がつくのもポイント
ひと塗りで白髪をカバーし、使うたびに、自然な染まりを実現。1本で白髪かくしと白髪染め両方の効果が期待できます。
商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり
利尻白髪かくし
¥3,066
(20g)
タッチ式で量が調整でき太目の筆が使いやすい 重ね付けで自然な印象になる
整髪剤を塗った後のような感じ
徐々に色がつくのもポイント
生え際や分け目の白髪にサッと塗って使えるタッチペンタイプの無添加白髪かくし。天然利尻昆布エキス他美髪成分豊富でベタつきやツンとした臭いもしません。

ファンデーションタイプの白髪かくしのメリット・デメリット

ファンデーションタイプのメリット ファンデーションタイプのデメリット
・広範囲に使用しやすい
・髪が薄い人は地肌も隠せる
・化粧品感覚で使える
・使う時手が汚れやすい
・色が染まる効果はない

ファンデーションタイプの白髪かくし商品紹介

商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり

資生堂 プリオール ヘアファンデーション
¥1,620
(3.6g)
ブラシの毛が長く扱いやすい テカったり固まったりせず自然な仕上がり
白髪を一瞬でメークする白髪用ファンデーション。ベタつかずふんわりとした仕上がり。色落ちしにくいのにシャンプーでオフ可能!
商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 白髪隠れ度

DHC Q10クイック白髪かくし
¥1,382
(4.5g)
クリーム状なので伸びがよくすぐ乾く 自然なツヤ感のある印象で汗や水分にも強い
お出かけ前や外出先で気になった白髪をその場でササッと簡単にカバーできる白髪かくし。なめらかなテクスチャーでふんわりと自然な印象に。汗や雨に強いウォータープルーフ処方。

マスカラタイプの白髪かくしのメリット・デメリット

マスカラタイプのメリット マスカラタイプのデメリット
・先端が細く細かな部分のカバーが得意 ・白髪が多い人には向かない

マスカラタイプの白髪かくし商品紹介

商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり

ブローネ ヘアマスカラ
¥704
(12ml)
先端にカーブがあってとても塗りやすいが広い部分は大変 分け目など細かい部分に◎。ツヤが出やすい
お出かけ前の速乾白髪かくし。 少量でもしっかりと色づき、薄く均一に伸びて、ゴワつかず自然な印象に。 技ありロングブラシが塗りやすいウォータープルーフのヘアマスカラ。

パウダーミストタイプの白髪かくしのメリット・デメリット

パウダーミストタイプのメリット パウダーミストタイプのデメリット
・パフやスポンジでいっぺんに色が乗せられ時短に!
・ミストを使うことでもっとも色落ちしにくくなる
・ミストも一緒に使うのが基本なので高価
・パフは細かいところだけのカバーに向かない

パウダーミストタイプの白髪かくし商品紹介

商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり

利尻白髪かくしパウダー&利尻ボリューム仕上げミストセット
¥5,184 パフで気になる場所にいっぺんに色がつく
ミストとの併用が必要
手早く隠れて時短にはなるものの薄毛の人は毛穴に粉が溜まりがち
気になる地肌と白髪を隠すパウダー。微粒子パウダーが地肌と白髪にしっかり密着し、ミストで色落ち防止に。こだわりの無添加・植物成分配合の髪・頭皮にやさしい白髪かくし。
商品名 amazon価格(内容量) 使いやすさ 仕上がり
アデランス ヘアプラス ビューファンデパウダー
¥4,644 パフで気になる場所にいっぺんに色がつく
ミストとの併用が必要
広範囲の白髪がぼかせてミストを使うと色落ちもしにくくなる
気になる分け目の白髪や地肌にポンポンとたたき込むだけで白髪・薄毛をカバー。パウダー容器とパフの一体化で粉が飛び散る心配がなく、外出先でも使えます。

白髪の部分染め商品ランキング!

利尻白髪かくし

髪のうるおい成分豊富な隠す&徐々に染まる白髪かくし!

タッチ式で量の調整がしやすく、白髪が綺麗にカバーできるのはもちろん、つけたところが徐々に染まっていきます。他の成分以上に利尻昆布エキスやローヤルゼリーエキスなどの美髪成分が多く入っているのが特徴。

価格 【公式初回】1,986円+送料540円(1000円OFF)
【2本セット】3,972円(送料無料、頭皮もみブラシ特典あり)
【通常】20g 3,066円
種類 スティックタイプ
総合評価
主成分 天然利尻昆布エキス、ヒアルロン酸、ローヤルゼリーエキス、その他22種類の植物エキスを配合

【編集部のコメント】

筆が太いので、広い面にも難なく塗れて、ドライヤーを使うと乾くのも早いです。白髪かくしは製品の性質上、一時的に白髪を目立たなくすることがメインの役割になっている商品が多いのですが、利尻白髪かくしは使いながら髪が徐々に染まったり、美髪成分が豊富だったりというメリットもある商品です。

資生堂 プリオール ヘアファンデーション

斜めカットブラシで塗りやすいメイク感覚で使える白髪かくし

おしゃれなフラットケースでポーチインしてもかさ張らず、パウダータイプなのでベタつき、ゴワつきのないふんわりとした自然な仕上がりになります。値段がリーズナブルなのも嬉しいポイント。

価格 【通常】3.6g 1,620円
種類 ヘアファンデーション
総合評価

【編集部のコメント】

一番化粧ポーチに入れたい商品はコチラではないかと思います。他のヘアファンデーションより筆の形状が塗りやすく、ダントツに色づきが良いと評判です。雨や汗にも強いので天気を心配することなく使えます。ただし、利尻白髪かくしのように白髪を染める性質はありません。

ドクターシーラボ 簡単ひと塗り白髪カバー

誰でも使いやすいクシ付きペンタイプの白髪かくし

他の白髪かくしを試して、地肌についてしまいとるのが大変だったという人におすすめなのがこの商品。マーカー部分がクシとクシの間に挟まっているので頭皮につかず、髪をとかすだけで使える手軽な商品です。

価格 【amazon特価】10ml 1,859 円
【通常】10ml 1,944円
種類 コームタイプ
総合評価
成分 地肌にやさしい2種の美容成分(ニンジンエキス、ボタンエキス)、髪ダメージをケアする3種のトリートメント成分(海藻エキス、真珠エキス、アボカドエキス)、3種の植物由来着色成分(クチナシエキス、シコン、グアイアズレンスルホン酸NA)配合
【編集部のコメント】

不器用な人やお出かけ前に時間が無い人におすすめです。地肌につかないコームタイプなので失敗しにくく、ペンタイプなので持ち運びもしやすいですし、液がつきすぎて不自然にべた付くこともない利便性が高い商品です。

当サイトのイチオシ!うるおい成分と毛染め効果で一石三鳥な「利尻白髪かくし」

利尻白髪かくしをオススメする5つの理由

  1. 使いながら徐々に染まるヘアマニキュアタイプ
  2. タッチ式で量の調整がしやすい
  3. 気になるときにすぐ白髪をカバー
  4. 利尻昆布エキスやローヤルゼリーなど髪にやさしい成分
  5. 公式サイトからお得に購入できる

今回最もおすすめだったのは「利尻白髪かくし」です。利尻白髪かくしは白髪をカバーする効果があるのはもちろん、「利尻昆布エキス」「ヒアルロン酸」「ローヤルゼリーエキス」等、髪にやさしい成分が豊富に配合されています。

また、白髪が徐々に染まるヘアマニキュアの役割も兼ねます。

値段は一見すると、定価が約3,000円で高級そうなのですが、実際は容量が20g入っていて長持ちするので、ものすごく高いわけではないことが分かります。

迷った人はまずはこの1本を試してみることをオススメします!

ドラッグストアで手に入る部分染め・白髪かくしは?


ドラッグストアやスーパーに取り扱いがあり、お店によって取扱商品は大幅に異なりますが、ヘアファンデーションとヘアマスカラタイプは特に多く市販されています。

また、当サイトランキング1位の『利尻白髪かくし』を店頭に置いているお店もわりとよく見かけます。

色落ちしにくい部分染め・白髪かくしはどれ?


落ちにくい白髪かくしをお探しなら、雨や汗に強いウォータープルーフタイプを選びましょう。

商品の種類でいうと、ヘアマスカラヘアファンデーションはウォータープルーフになっている商品が多いですので、おすすめです。

簡単に使える部分染め・白髪かくしはどれ?


女性でも男性でも使いやすいと評判なのが、筆タイプやコームタイプの白髪かくしです。

ランキング商品の中では、『利尻白髪かくし』や『ドクターシーラボ 簡単一塗り白髪カバー』がそれに当たります。

特にコームタイプは、普段クシで自分の髪をとかすような感覚で使えるので初心者向けの商品です。

失敗しない部分染めの選び方と使い方

【1】部分染めは色選びが重要

市販のヘアカラーやカラートリートメントを使っているなら、白髪かくしも同じメーカー商品にそろえると色の失敗が少ないです

また、一般的な色の性質として、同じ色でも広い面積では薄く明るく見える性質があります。

全体の髪色の印象より気持ち暗めの色を選んだ方が、実際の髪色に近い色が選べる可能性が高いです。

【2】仕上げたいイメージで商品を選び分ける

ツヤ感のある印象に仕上げたいか、マットな印象に仕上げたいかで商品選びは違ってきます。

ツヤ感を出したい マットに仕上げたい
ヘアマスカラタイプ
スティックタイプ
コームタイプ
ファンデーションタイプ

【3】全体染めとは違ってつけすぎないのがポイント

自分で全体染めする習慣がある人は、ムラになってはいけないとたっぷりの薬剤で頭を包むことが多いと思います。

でも、部分染めの場合、たっぷりつけてしまうと重たい印象になってしまいがちです。それに、カラーリングした他の箇所の髪色と差があるときは不自然になってしまいやすいです。

なので、ピンポイントに「隠れればOK」ぐらいのつけ方をした方が上手くいくことが多いです。

まとめ

一言に「部分染め」、「白髪かくし」と言っても、スティックタイプやファンデーションタイプ等様々なタイプがあることが分かったと思います。

白髪隠しは、使うシーンに応じて最適な商品は違ってきたリします。なので、一つだけ選ぶ必要はないと思います。

広範囲の白髪をカバーしたいときは、「ヘアファンデーション」や「スティックタイプ」、ピンポイントにケアして雨の日でも心配なく過ごしたければ、「ヘアマスカラタイプ」などと色々使い分けるのもいいですね!

また、白髪かくしはもちろん単純に白髪を隠す目的でも使えますが、「利尻白髪かくし」のようにヘアマニキュアの役割も兼ねた商品もありますので、1本でたくさんの機能を持つ商品が欲しいという人はチェックしてみてください。

新しい白髪が生えてきても、部分染めでいつでもカバーすることで、若々しい髪の状態をキープしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング