洗顔にかける正しい時間ってどのくらい…?肌質別の目安も徹底解説!


43 views

あなたは普段、洗顔にどのくらい時間をかけているでしょうか?

洗顔は日常的な習慣なので、もしかしたらあまり時間を意識していないかもしれませんね。

もしかしたら、実は洗顔時間が長すぎて肌にダメージを与えているかも…?

洗顔は時間をかければかけるほど効果的、というわけじゃないんです!

今回は肌にダメージを与えずに洗顔するにはどのくらいの洗顔時間がいいのかを中心に解説していきますね。

1回の洗顔にかける時間の目安は1分まで!それ以上は逆効果になる…!

それでは洗顔にかける時間はどれくらいがいいのかについてお話していきますね。

肌質によって変わってきますが、1回の洗顔にかける時間の目安は1分以内にするのが理想です!

この1分以内というのは、洗顔料や洗顔石鹸が肌に触れている時間。もしかしたら短い!?と思ったかもしれませんね。

洗顔の目的は基本的に、余計な皮脂・汗・汚れ・メイクといった肌の健康にとってマイナスになるものを落とすこと。洗顔の時間が1分あればこれらの汚れを落とすことはおおむね達成できます。

洗顔の時間が長すぎると、肌を清潔に保つはずが肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が…。

洗顔の時間が長すぎることで起こってしまう肌トラブル
  • 洗顔料に入った成分で肌が刺激され炎症を起こしてしまう
  • 肌に必要な皮脂まで取ってしまい乾燥肌になる
  • 皮脂を取りすぎることでかえって皮脂が過剰に出る

洗顔料や洗顔石鹸には皮脂を取り除く成分や防腐剤のような成分が多かれ少なかれ入っていることがほとんど。

もちろんしっかり汚れを落としたり品質を保つのには必要な成分なのですが、肌にずっと触れさせておくと洗いすぎ状態になったり、肌を刺激してしまう恐れがあります。

洗いすぎはなるべく抑えたほうが肌の健康にはいいので、汚れや皮脂がしっかりと落ちているのであれば1回の洗顔時間を短ければ短いほどいいです!

回数も重要!洗顔をする時間帯は朝と夜の2回が基本

ここまで1回の洗顔にかける時間について見てきましたが、洗顔の時間帯についても触れておきますね。

一般的に洗顔をする時間帯は朝と夜の1日2回がおすすめされます。

どうして朝と夜の2つの時間帯で洗顔をするかというと、

  • 朝の時間帯の洗顔…寝ている間に出た余分な皮脂や汗を落とすため
  • 夜の時間帯の洗顔…メイクや1日の汚れをしっかり落とすため

というそれぞれ肌の健康を保つために落としたい汚れがあるからです。

洗顔の回数に関しては、1日3回以上の洗顔をするのは洗顔時間を長くするのと同じく洗いすぎ状態になるので基本的に厳禁!

※洗顔の回数に関しては以下の記事でも解説しているので、気になった人は見てみてくださいね。

洗顔の回数は肌質で違う?1日2回が絶対正しいわけじゃない!

肌質別!洗顔に掛ける時間や時間帯ごとの洗顔方法の目安

1回の洗顔時間の目安 朝の洗顔 夜の洗顔
①普通肌 1分以内 洗顔料で洗顔 洗顔料で洗顔
②乾燥肌 30秒以内 ぬるま湯で水洗顔 洗顔料で洗顔
③敏感肌 30秒以内 ぬるま湯で水洗顔 洗顔料で洗顔
④混合肌 混合肌の種類による 混合肌の種類による 洗顔料で洗顔
⑤アブラ肌 1分以内 洗顔料で洗顔 洗顔料で洗顔

ここまで1回の洗顔にかける時間や時間帯について見てきましたが、やはり洗顔は肌質によって適した洗顔方法が違います。

ここでは肌質の違いで分類した洗顔時間や洗顔方法についてまとめてみました。

肌質には当然個人差があるのですが、目安として参考になれば幸いです。

①普通肌…肌トラブルは少ないが洗顔時間は1分以内に済ませる

1回の洗顔時間の目安 朝の洗顔 夜の洗顔
1分以内 洗顔料で洗顔 洗顔料で洗顔

普通肌の場合は基本的に肌は丈夫なため、洗顔の時間については1分以内であれば大丈夫でしょう。

朝と夜の時間帯に洗顔料でしっかりと汚れを落とせば、洗顔が原因の肌トラブルは起きにくいといえます。

しかし肌が強いからといって洗顔時間を伸ばしてしまったりすると乾燥したり皮脂が過剰になったりといったトラブルが出てくるかもしれません。

②乾燥肌③敏感肌…肌への刺激を受けやすいので洗顔時間は30秒以内!

1回の洗顔時間の目安 朝の洗顔 夜の洗顔
30秒以内 ぬるま湯で水洗顔 洗顔料で洗顔

乾燥肌・敏感肌の場合は肌への刺激を受けやすいので、1回の洗顔時間にかける時間は30秒以内にしたほうがいいでしょう。

洗顔は汚れ・余分な皮脂・汗・メイクなどがしっかり落とすことが目的なので、それができているのであればそれこそ洗顔時間10秒とかでも大丈夫です!

また洗顔の方法についても、夜はメイクを落とすために洗顔料など使いますが、朝の時間帯は刺激を避けるためにぬるま湯だけで洗顔するというのも方法の1つ。

※以下の記事で洗顔料を使わない洗顔に関して解説しているので、気になる人は見てみてくださいね。

間違えると逆効果?美肌に効果的な「洗顔しない」洗顔方法はコレ!

④混合肌…タイプによって異なる

1回の洗顔時間の目安 朝の洗顔 夜の洗顔
混合肌の種類による 混合肌の種類による 洗顔料で洗顔

混合肌の場合、どのタイプの混合肌かによって洗顔時間の目安が変わってきます。

大きく分けて以下の3タイプがあるので、それぞれ見ていきますね。

普通肌+乾燥肌…汚れをしっかり落とせれば洗顔時間30秒でOK

普通肌+乾燥肌の混合の場合は、基本的に皮脂が少ないので洗顔時間は短いほうがいいでしょう。

ちゃんと汚れを落とすことができていれば洗顔時間は30秒以内でOK!

普通肌+アブラ肌…洗顔時間1分でしっかり洗う

普通肌+アブラ肌の混合の場合、余分な皮脂は多くなるので洗顔時間は1分以内であれば大丈夫でしょう。

ただ顔全体がアブラ肌の人に比べると普通肌の部分が洗いすぎになりやすいので、アブラ肌の部分だけを重点的に洗うといった工夫が必要になります。

乾燥肌+アブラ肌…アブラ肌の部分だけを重点的に洗って1分以内におさめる

乾燥肌+アブラ肌の混合の場合は一番注意して洗顔しなければいけないかと思います。

乾燥肌の部分は洗顔時間を短くしたい、でもアブラ肌の部分はしっかり洗いたいというジレンマがありますね…。

アブラ肌の部分だけ先に洗顔料を付けて洗い、後から乾燥肌の部分にも洗顔料を広げて洗顔時間1分以内に収める、といったような方法を取るといいかも。

⑤アブラ肌…余分な皮脂が多いので洗顔時間1分でしっかり洗う

1回の洗顔時間の目安 朝の洗顔 夜の洗顔
1分以内 洗顔料で洗顔 洗顔料で洗顔

アブラ肌の場合は余分な皮脂が多いので、洗顔時間も洗いすぎにならない範囲でしっかり取る必要があります。

普通肌の人と同じく1回の洗顔時間は1分以内であれば大丈夫でしょう。

時間帯ごとの洗顔方法は、朝・夜とも洗顔料を使って余分な皮脂をしっかり落としてしまうことが大切です。

ただし、いくらベタつくからといって洗顔の回数を朝・夜の2回よりも多くしてしまうのは、洗いすぎによって余計に皮脂が出やすい状態になってしまうので厳禁!

まとめ

ここまで洗顔にかける時間について長さの目安や肌質による違いなど見てきましたが、いかがだったでしょうか?

洗顔は本来、余計な皮脂・汚れ・メイクなど不必要なものをしっかり落とすことが目的

その目的以上に洗顔時間をかけてしまうとかえって肌にダメージを与えてしまい…。

肌に負担をかけずに洗顔するには、

  • 1回の洗顔にかける時間は1分までが理想
  • 洗顔をする時間帯は朝と夜の2回が基本

この2つのポイントがとても大切です。

洗顔で肌に与えるダメージを最小限にして、美肌を目指しましょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング