洗顔の回数は肌質で違う?1日2回が絶対正しいわけじゃない!


3,657 views

あなたは1日に何回洗顔をしていますか?

朝と夜は必ず洗顔している人は多いんじゃないかなと思います。

そのほかにもベタついてきたら気になって何回も…という人もいるかもしれませんね。

一般的に洗顔は1日2回なんて言われることが多いですが、肌質によっては洗顔の仕方を変えたほうがいい場合もあるんです!

今回は正しい洗顔の回数と方法について、詳しく見ていきましょう。

洗顔回数が基本的に1日2回なのはそれぞれ落としたい汚れがあるから

まずどうして洗顔の回数が朝と夜の1日2回が一般的かという理由について説明します。

なぜ朝と夜の2回なのかというと、朝と夜でそれぞれしっかりと落としておきたい汚れがあるから。

朝の洗顔は余分な皮脂や汗を落とす、夜の洗顔はメイクを落とすというのが主な洗顔の目的です。

朝の洗顔:寝ている間に出た余分な皮脂や汗を流すため

寝ている間にも皮脂が出たり汗をかいたりして、肌がベタついてしまうんですよね…。

朝の洗顔は寝ている間に出た皮脂や汗を夜まで持ち越して肌にダメージを与えないようにしっかりと洗い流すために行います。

とはいえ朝の洗顔はメイクを洗い流さなければいけない夜の洗顔に比べると、そこまでしっかり洗い流さなくても余分な皮脂はケアが可能です。

人によっては洗顔料を使わずに水洗顔で十分かもしれません。

逆にアブラ肌の人は皮脂が多いので、朝の洗顔も洗顔料でしっかり洗う必要があります。

※以下の記事で朝の洗顔は洗顔料を使わなくていいのかについて解説しています。

間違えると逆効果?美肌に効果的な「洗顔しない」洗顔方法はコレ!

夜の洗顔:メイクをしっかり落として肌に負担を掛けないため

夜の洗顔は朝の洗顔と違って、皮脂・汗・メイクをしっかりと落として肌のターンオーバーを正常に保つことが目的です。

特にメイクをしたまま寝てしまうなんてもってのほか!肌の老化が早まってしまいます…。

夜の洗顔は1日の肌の汚れをしっかり落とす必要があるので、クレンジングや洗顔料を使って皮脂・汗・メイクを残さないようにしましょう。

肌タイプ別の洗顔回数と洗顔方法

洗顔回数 朝の洗顔 夜の洗顔
①乾燥肌 1日2回
※乾燥がひどい場合は洗顔の回数を1日1回に
ぬるま湯で水洗顔 洗顔料で洗顔
②敏感肌 1日2回
※肌に刺激を与えすぎないように注意
ぬるま湯で水洗顔 洗顔料で洗顔
③混合肌 基本は1日2回 混合肌の種類による 洗顔料で洗顔
④アブラ肌 1日2回
※ベタつきが気になる場合は化粧水で拭き取る
洗顔料で洗顔 洗顔料で洗顔

ここまで見てきたように、1日の洗顔回数は朝と夜の2回までが基本。

しかし肌タイプによって洗顔回数と洗顔方法はちょっとずつ変わってきたりします。

ここからは肌タイプ別に洗顔回数と洗顔方法を分類してみたので参考にしてみてくださいね。

①乾燥肌:洗顔料での洗顔は1日1回で、洗いすぎに特に注意!

乾燥肌の人は皮脂が少ないですが、肌を清潔にする意味で洗顔は基本的に1日2回してOK

ただ朝・夜とも洗顔料を使うと皮脂を流しすぎてしまい、更に乾燥がひどくなる原因になりかねません。

朝の洗顔はぬるま湯での水洗顔で、寝ている間に出た皮脂や汗を流す程度で十分です。

夜の洗顔はしっかり行いましょう。いくら乾燥肌とはいえ、メイクや1日の皮脂汚れを残したまま寝るのは絶対にNG!

※あまりにも乾燥がひどい場合は洗顔回数を1日1回にして対応するといいでしょう。

②敏感肌:洗顔料での洗顔は1日1回で、肌に刺激を与えすぎないように注意

敏感肌の場合も、乾燥肌と同じく朝の洗顔は洗顔料を使わないぬるま湯洗顔を含めて1日2回がいいでしょう。

どうしても肌への刺激に弱い敏感肌だと、朝の洗顔でも洗顔料を使ってしまうと刺激が強すぎます。

逆に夜はしっかりメイクや皮脂汚れを落として肌のターンオーバーを正常に保つことが必要です。

③混合肌:種類によって洗顔方法が違う

混合肌の場合、大きく3タイプに分かれるのでそれぞれのタイプ別に見ていきます。

普通肌+乾燥肌:朝はぬるま湯洗顔がオススメ

このタイプは皮脂の量は少なめなので、皮脂を取りすぎないようにする必要があります。

朝の洗顔はぬるま湯洗顔にして、洗顔料を使わないようにするとよいでしょう。

普通肌+アブラ肌:朝・夜どちらも洗顔料を使って余分な皮脂を落とす

このタイプの人は皮脂の量が多いので、余分な皮脂の量も多くなりがち。

余分な皮脂を残してしまうと皮脂が劣化して肌にダメージを与えるので、朝・夜どちらも洗顔料を使った洗顔がオススメです。

乾燥肌+アブラ肌

このタイプの人は場所によって皮脂の量が全然違うので、洗顔にはちょっとだけ手間がかかります。

朝・夜どちらもベタつく場所だけ洗顔料を付けて、余分な皮脂を洗い流しましょう

できるだけ乾燥している場所に洗顔料を付けないように注意です。

④アブラ肌:朝・夜とも洗顔料を使ってしっかり皮脂を落とす

このタイプの人は顔全体の皮脂の量が多いので、余分な皮脂も多いです。

ぬるま湯洗顔だと余分な皮脂を取り切れないので、朝・夜どちらも洗顔料を使ってしっかりと皮脂を洗い流しましょう

ただしどんなにベタつきが気になっても、1日2回よりも回数を増やすのはやめたほうがいいです。

皮脂を取りすぎることで「洗いすぎ状態」になり、余計に皮脂が出てきてしまうことも…。

どうしてもベタつきが気になる場合は、化粧水をコットンに含ませて拭き取る程度にしておいたほうがベタつきが悪化せずに済みます。

洗顔の回数が多すぎるのは「洗いすぎ」になって美肌に逆効果!

1日2回しっかり洗顔していても、特にアブラ肌でベタつきが気になる人やニキビができている人はついつい洗顔の回数を増やしたくなりますよね。

たくさん洗ったほうが肌を清潔に保てるというイメージがあるかもしれません。

しかし、洗顔の回数を増やしてしまうのは多くの場合は逆効果!

洗顔の回数を増やすと余分な皮脂どころか肌の潤いを保つ必要な皮脂まで取り除いてしまいます。

肌に必要な皮脂を取り除いてしまうと

  1. 肌が乾燥し、バリア機能が低下してしまう
  2. 皮脂が多く分泌される皮脂過剰の状態になってしまう
  3. 肌のターンオーバーが正常な状態よりも早くなってしまう

といった、かえって肌によくない状態に…。

アブラ肌の人は余計にベタつくようになるし、ニキビの人は余計ニキビができやすくなるしで肌にいいことはありません。

正常な皮脂の分泌は20代後半から減少していくので、1日3回以上は洗いすぎだと思ってください。

ニキビでも洗顔の回数を増やすのはNG!

ニキビがあると普段よりたくさん洗ったほうがいいんじゃないか…と思ったりすることもあると思います。

しかし、ニキビがあるからといって洗顔の回数を増やすのは悪化させるだけなので絶対にやめましょう!

理由は洗いすぎになるのと同じで、余分な皮脂を増やしてしまったり肌が乾燥してしまったり…とニキビができやすい・増えやすい状態を作り出してしまいます。

ニキビができているときの洗顔で大事なことは洗顔の回数を増やすことではなく、1回の洗顔の質を上げること。

ニキビに有効な成分を含んだ洗顔料で、肌に刺激を与えすぎないよう優しく洗うようにしましょう。

まとめ

ここまで1日の洗顔回数について見てきましたが、いかがだったでしょうか?

多くの人がそうだと思うのですが、洗顔回数は1日2回が基本です。

洗顔で大切なのは

  • 余分な皮脂を洗い流して肌の劣化を防ぐ
  • 洗いすぎて肌の保護をする皮脂を洗い流してしまわないようにする

この両方をバランスよくすることです。

洗わなすぎてもいけないし、洗いすぎてもいけません。

自分の肌に合わせて洗顔をしていくことで、美肌になるための土台ができあがっていきますよ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング