ワキガの予防法を食べ物・クリーム・市販薬などの13種類で徹底比較!


149 views

ワキガの臭いはやはり気付かれたくないですよね。

  • 他の人はどう思ってるのかな?
  • 変な風に思われていないかな?

ワキガのせいで変な心配はしたくないですよね…

なので、変な心配をしないためにワキガの予防法はきちんと知っておきたいところだと思います。

ただそうは言っても、ワキガの予防法を調べるとたくさんの情報が出てくるので、結局どれがおすすめなのかよく分からないですよね…

なので今回の記事では、おすすめのワキガ予防法を厳選してみました!

ワキガ予防法として13の方法を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

予防の前にまずはワキガの原因をチェックしよう!

まず、ワキガの予防法の前にそもそものワキガの原因について簡単に解説します。

やはりワキガの原因を知っておかないと、それに合った予防法も見つけられないですからね。

そもそものワキガの原因ですが、実は汗と菌が関係しています。

まず、人間の身体には次の2つの汗腺が存在します。

  • エクリン腺 … 体温調節のための汗腺。汗の成分は99%以上が水分。
  • アポクリン腺 … ワキガの原因となる汗腺。汗の成分の多くは脂質やたんぱく質。

2種類の汗腺のうちワキガの原因になっているのがアポクリン腺です。

アポクリン腺から出る汗に含まれる脂質やたんぱく質は、汗とともに皮膚上に出てきます。

すると皮膚上の菌がこれら脂質やたんぱく質を分解。この時に臭いが発生するんですが、この臭いが実はワキガ臭なんです。

このことからワキガ予防では汗と菌の両方に働きかけることが重要になってきます。具体的には

  • 汗を抑える
  • 汗の質を変える(脂質やたんぱく質の少ない汗にする)
  • 菌の繁殖を抑える

こういった予防法が有効です。

ではどのようなワキガの予防法がおすすめなのか?ということで、具体的に見ていきましょう!

【おすすめ度順】13個のワキガ予防法を紹介!

費用 効果期待度 おすすめ度
ワキガクリーム 3,000円~
脇汗をこまめに拭く 0円
お風呂でのケア 0円~3,000円
手術や治療 30万円~
ボトックス注射 5万円~
1,000円~5,000円
市販のデオドラント 500円~
脇毛の処理 100円~20万円
処理方法による
洋服でできる対策 0円
サプリメント 2,000円~
食べ物 0円
運動 0円
生活習慣の見直し 0円

ここではワキガの予防法として13の予防法を厳選してみました!おすすめ度順に紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

【ワキガ予防法①】ワキガクリーム

費用 効果期待度 おすすめ度
3,000円~

ワキガの予防法としてまずおすすめしたいのがワキガクリームによる予防です。ワキガクリームであればワキガの原因である汗と菌の両方に働きかけてくれます。

もちろん市販のデオドラントに比べると、ワキガクリームはやや割高に感じるかもしれません。

ですが、料金が少し高めということもあって、ワキガクリームはワキガへの高い効果が期待できます。

また、ワキガクリームは手術のようにハードルが高いものでもないですし、安全性が高いという点でもおすすめですよ!

ちなみにおすすめのワキガクリームについてはこちらで詳しく紹介しています。

【決定版】口コミで人気のおすすめワキガクリームランキング7選!

ワキガへの効果はもちろん価格や口コミなど、トータルでおすすめのワキガクリームを紹介していますので参考にしてみてくださいね。

【ワキガ予防法②】脇汗をこまめに拭く

費用 効果期待度 おすすめ度
0円

脇汗をこまめに拭くというのもワキガ予防としては大切です。

これは脇汗を拭くことで菌が繁殖しにくい環境を作ったり、菌にエサを与えないようにできるからなんですね。

もちろん脇汗を拭くだけなので、脇汗自体を抑える予防法ではありません。

ですが、お金をかけずに手軽にできるということで、脇汗を拭くという予防法はおすすめできます。

【ワキガ予防法③】お風呂でのケア

費用 効果期待度 おすすめ度
0円~3,000円

お風呂でできるワキガ予防法というのもいくつかあります。大きく分けると次の2つです。

  • 湯船に浸かる
  • 身体を綺麗に洗う

ではお風呂ではどのようなワキガの予防法があるのかを見ていきましょう!

①重曹風呂に浸かる

重曹風呂に浸かることで毛穴に詰まった汚れを綺麗に洗い流すことができます。

これは重曹風呂が石鹸と同じ弱アルカリ性で、石鹸と同じような効果があるからなんですね。

ちなみに重曹風呂のやり方は簡単で、重曹大さじ1杯を湯船に入れて混ぜるだけ。あとは湯船に浸かって簡単にワキガ予防ができます。

②ミョウバン風呂に浸かる

ミョウバンには次のような効果があります。

  • 殺菌・抗菌
  • 制汗
  • 消臭

これらの効果が期待できるので、ミョウバン風呂はワキガの予防法としても有効です。

ミョウバン風呂のやり方についてはこちら。

  1. 水100mlとミョウバン4gの割合でミョウバン水を作る
  2. 作ったミョウバン水を20~50mlほど湯船に入れて混ぜる

ミョウバン水を作るのはやや手間ですが、コストがほとんどかからないワキガ予防法としてミョウバン風呂はおすすめです。

③酢のお風呂に浸かる

酢には殺菌力がありますので、ワキガの原因である菌を殺菌してくれる効果が酢のお風呂にはあります。

酢のお風呂の作り方は簡単で、150ccの酢を湯船に入れて混ぜればOK。

ただし、酢の臭いは強力なので、湯船から上がったらしっかりとシャワーで洗い流すようにしましょう!

④臭い対策石鹸で洗う

臭い対策石鹸で身体を洗うのもワキガ予防としておすすめです。ミョウバンや柿渋などの消臭成分を配合した石鹸で洗うといいでしょう。

ちなみに臭い対策石鹸ではなく、通常の石鹸はワキガ予防という意味ではおすすめできません。

というのも通常の石鹸では洗浄力が高すぎて、次のような臭いの原因を引き起こしてしまうからなんです。

  • 臭いを抑えてくれる菌まで洗い流してしまう
  • 肌を乾燥させてしまい、逆に汗をかきやすくなってしまう

これらが原因で臭いが発生してしまうこともありますので、できれば通常の石鹸ではなく臭い対策石鹸を使った方がいいでしょう。

⑤シャワーで丁寧に洗い流す

シャワーで丁寧に脇を洗い流すこともワキガ予防には大切です。

自分では丁寧に洗い流してるつもりでも、実はきれいに洗い流せてないなんてこともあるんですよ!

シャワーで丁寧に脇を洗い流すことは菌を落とすのはもちろんですが、石鹸カスが脇に残らないようにするという目的もあります。

石鹸カスも実は臭いの原因になりますからね。

菌や石鹸カスが脇に残らないように、最低でも肩脇30秒以上はシャワーで洗うことをおすすめします。

【ワキガ予防法④】手術や治療

費用 効果期待度 おすすめ度
30万円~

手術や治療によるワキガ予防法は、根本的にワキガを解消してくれるものです。

ただ、手術や治療に踏み切るハードルが高いので、おすすめ度としては★3つにしました。

ちなみに手術や治療については主に次の2つがあります。

  • 手術 … 脇にメスを入れてアポクリン腺を直接取り除く方法
  • ミラドライ … 脇の上からマイクロ波を当ててアポクリン腺を破壊する方法

これらの手術や治療は半永久的にワキガを解消してくれるので効果としては高いです。

ただその反面、高額な治療費や心理面でのハードル、医師の技術で左右される失敗のリスクなども付きまといます。

効果がある反面、様々なネックがあることも考慮して、手術や治療を受けるかどうかは検討した方がいいでしょう。

【ワキガ予防法⑤】ボトックス注射

費用 効果期待度 おすすめ度
5万円~

ボトックス注射はエクリン腺から出る汗を抑えるというワキガ予防法です。

汗を抑えることで菌が繁殖しにくい環境を作ることができるので、その点ではワキガ予防法としておすすめできます。

また、ボトックス注射の治療費は5万円ほどです。さらに保険が適用されれば、ボトックス注射は15,000円ほどで治療を受けられます。

手術やミラドライなどに比べて安く治療できるという点では、ボトックス注射はおすすめの治療法です。

ただ、ボトックス注射には以下のような注意点もあります。

  • 効果の持続期間はせいぜい半年なので、定期的に注射を打つ必要がある
  • ボトックス注射ではアポクリン腺から出る汗を抑えられたい

効果の持続期間が限られているのももちろんデメリットですが、それ以上にワキガの原因であるアポクリン腺から出る汗を抑えられないというのが、ボトックス注射の大きなデメリットです。

なので、もしボトックス注射を受けるのであれば、軽度のワキガの人くらいに留めておいた方がいいでしょう。

【ワキガ予防法⑥】薬

費用 効果期待度 おすすめ度
1,000円~5,000円

薬によるワキガ予防法は塗り薬と飲み薬の2種類があります。

どちらもワキガ予防法としては期待できますが、それぞれに副作用の心配もあるのでしっかり把握しておいてくださいね!

①塗り薬による予防法

塗り薬によるワキガの予防法では「塩化アルミニウム」を使います。

塩化アルミニウムには制汗作用があるので、ワキガの原因の1つである汗を抑えられるということですね。

注意点としては塩化アルミニウムは痒みやかぶれなどを引き起こす可能性があるということ。

なので、塩化アルミニウムを使用中に痒みやかぶれが起きたらすぐに使用を中止しましょう!

ちなみに塩化アルミニウムは皮膚科で処方してもらうことができます。

②飲み薬による予防法

飲み薬によるワキガ予防法では「プロバンサイン」という飲み薬を使います。

そもそも人が汗をかくのは「アセチルコリン」という神経伝達物質の働きが関係しているんですが、プロバンサインにはこのアセチルコリンの働きを抑える効果があります。

つまり、プロバンサインを飲めば、アセチルコリンの働きが抑えられて汗をかかなくなり、その結果ワキガの予防ができるということなんですね。

ただし、その効果と引き換えにプロバンサインには副作用があるので、正直おすすめはできません。

プロバンサインの副作用
  • 目や口の渇き
  • 眠気
  • 目まい
  • 頭痛
  • 便秘
  • 排尿障害

これらの副作用がプロバンサインにはありますので、長期的な服用は控えた方が良さそうです。

【ワキガ予防法⑦】市販のデオドラント

費用 効果期待度 おすすめ度
500円~

市販のデオドラントでワキガの予防ができれば安く済んでいいですよね。

ただ正直なところ、市販のデオドラントでのワキガ予防はあまりおすすめできません。その理由がこちら。

  • ワキガケアを目的に作らていない商品が多いから
  • 肌を乾燥させて汗をかきやすくしてしまう可能性があるから

市販のデオドラントはいわゆる「制汗剤」と呼ばれるものが多いですよね。

制汗剤という名前の通り汗を抑えられるのはいいんですが、実は制汗剤は肌を乾燥させてしまう恐れもあるんです!

肌が乾燥すると身体は水分を保とうと汗を出すようになり、結局これがワキガの原因になってしまうということなんですね。

もちろん市販のデオドラントの中にはワキガに有効な商品もありますが、それもごく少数です。

市販のデオドラントでワキガ予防するなら、きちんとした商品選びが大切になってきます。

【ワキガ予防法⑧】脇毛の処理

費用 効果期待度 おすすめ度
100円~20万円
処理方法による

脇毛の処理というのは脇を蒸れにくくするという意味でも、効果の期待できるワキガ予防法の1つです。

ただ、脇毛の処理では脇を蒸れにくくすることはできても、発汗自体を抑えることはできません。

なので脇毛の処理もしつつ、同時に汗を抑える対策も取り入れるといいでしょう。

ちなみに脇毛の処理方法でおすすめできない方法があります。こちらの処理方法です。

  • 毛抜き
  • カミソリ

これらの脇毛の処理方法は刺激が強く、アポクリン腺を刺激してしまってワキガを悪化させる可能性があります。

なので毛抜きやカミソリによる脇毛の処理は控えるようにしてくださいね。

【ワキガ予防法⑨】洋服でできる対策

費用 効果期待度 おすすめ度
0円

普段着ている洋服でもワキガの予防をすることができます。どういった予防法があるのかを見ていきましょう。

①化学繊維の服を着ない

化学繊維の服は実はワキガには良くありません。というのも化学繊維の服は汗の吸収率が悪いからなんです!

汗の吸収率が悪いことで脇の下は常に蒸れた状態になり、それがワキガの原因になってしまいます。

また、化学繊維の服は物質が付着しやすいという特徴もあります。つまり、ワキガ菌が服に残りやすくなってしまうということなんですね。

なので、できるだけコットンやリネンなどの天然素材100%の服を着ることをおすすめします。

②服を綺麗に洗濯する

服を綺麗に洗濯することで服に付いた菌を洗い流すことができます。

「臭いには気を遣ってるはずなのに何で臭うんだろう…」

こんな時はもしかしたら洋服に菌が付着しているからかもしれません。

実は洋服についた菌も臭いの原因になってしまうんですよ!

特に洋服の脇の部分が黄ばんでいる人はワキガの疑いが強く、脇の部分には菌が付着している可能性が高いので、洋服を綺麗に洗濯した方がいいでしょう。

黄ばんだ洋服は見た目的にも良くないですからね…

ちなみに洋服を洗濯する場合は重曹で洗濯するのがおすすめです。

重曹洗濯のやり方
  1. 水500ml:重曹大さじ1杯の割合で割った重曹水に洋服を1晩浸ける。
  2. 翌日に洗濯機で洋服を洗濯する。

重曹洗濯をすることで洋服に付いた菌を綺麗に洗い落とすことができます。

また、重曹洗濯は色柄物の洋服も色落ちしないのでおすすめです。

【ワキガ予防法⑩】サプリメント

費用 効果期待度 おすすめ度
2,000円~

サプリメントによるワキガ予防法は徐々に体質を変えて行くものです。

  • 活性酸素の増加を抑える
  • ホルモンバランスの乱れを整える

サプリメントの効果によってこれらを目指していきます。

ただ、やはりサプリメントによる体質改善というのは時間がかかるものです。

「本当に良くなってるのかな?」

こう思いながら続けて行くこともあるでしょうから、長期的に続けていくのが苦手ならサプリメントはやめておいた方が無難かもしれません。

仮にサプリメントでワキガ予防に取り組むとしても、効果が実感できないうちは即効性のあるワキガ予防法も一緒に取り入れるといいでしょう。

【ワキガ予防法⑪】食べ物

費用 効果期待度 おすすめ度
0円

今までの食生活を見直すことでもワキガの予防になります。

これは食生活を見直すことで汗の質を変えたり、アポクリン腺への刺激を抑えることができるからです。

あなたは以下のような食生活になっていませんか?

  • 脂質やたんぱく質の多い食べ物をよく食べる
  • 辛いものや臭いの強いものなど、刺激の強い食べ物をよく食べる
  • アルコールをよく摂取する

こういった食生活は汗の質を脂質やたんぱく質を多く含んだものにしてしまったり、アポクリン腺を刺激してしまうので、ワキガには良くありません。

なので、まずはこれらの食生活を見直すことがワキガ予防では大切です!

また、同時にワキガ予防に良い食事も一緒に摂るといいでしょう。具体的にはアルカリ性食品を意識して摂るのがおすすめです。

アルカリ性食品
  • 豆類
  • 野菜
  • 果物
  • キノコ類
  • ナッツ類
  • 海藻類
  • 緑茶

普段食べている食事の影響で、ワキガの人の血液は酸性に傾きがちです。この酸性に傾いた血液をアルカリ性食品が中和してくれます。

ただ、やはり食べ物によるワキガ予防は時間がかかるものです。

体質改善のために食事を意識することも大事ですが、同時に即効性のあるワキガ予防法も取り入れていく方がいいでしょう。

【ワキガ予防法⑫】運動

費用 効果期待度 おすすめ度
0円

運動もワキガ予防の1つになります。というのも運動には以下のような効果があるからです。

  • ホルモンバランスを整える
  • 汗腺の働きを良くして老廃物を排出する

ホルモンバランスが乱れたり老廃物が体に溜まることは、ワキガにとって良くありません。

そういった意味でも運動をすることは、ワキガ予防に効果があります。

もちろんワキガを抜きにしても運動不足は健康的に良くありませんので、普段から運動は取り入れた方がいいですよね。

ただ、この運動によるワキガ予防法も効果が現れるには時間がかかります。

なので、運動によるワキガ予防法と一緒に、即効性のある予防法も一緒に取り入れるといいでしょう。

【ワキガ予防法⑬】生活習慣の見直し

費用 効果期待度 おすすめ度
0円

生活習慣の見直しもワキガ予防では大切です。

あなたは以下のような生活習慣になっていませんか?

  • 夜更かしをしてしまう
  • ついストレスを溜め込んでしまう

このような生活習慣はアポクリン腺を刺激してしまい、ワキガを悪化させてしまう可能性があります。

もちろん人間関係などの避けられないストレスはあるでしょうが、ストレスが避けられないならそれを発散する方法もぜひ取り入れてみてください。

ちなみに生活習慣の見直しもワキガ予防としては即効性がありませんので、即効性のあるワキガ予防法を一緒に取り入れることをおすすめします。

まとめ

今回はワキガの予防法ということで13個の予防法を紹介してきました。

すぐに効果の現れるものから時間のかかるものまで、様々なワキガの予防法がありましたが、自分に合った予防法は見つかりましたか?

長期的に見れば生活習慣を見直すなどして、体質を変えることも大切かもしれません。

でも重要なのは、今悩んでいるワキガの臭いを何とかすることですよね!なので即効性のあるワキガ予防法はぜひ取り入れてみてください。

即効性のあるワキガ予防法ということで、ワキガクリームを一番最初におすすめしました。

ワキガクリームは即効性以外にも以下の点でおすすめのワキガ予防法です。

  • ワキガの原因である汗と菌を抑えてくれる
  • 肌に優しく安全性が高い
  • いつでも気軽にワキガケアできる
  • 無理のない範囲の価格
  • ワキガ予防法としてのハードルが低い

このようにワキガクリームはメリットが多く、全体的にバランスの取れたワキガ予防法です。

ワキガクリームなら手術のようにハードルも高くないので、気軽に始めることができますね♪

ちなみに当サイトではおすすめのワキガクリームも紹介しています。

効果や口コミ、価格などでトータルでおすすめのワキガクリームを紹介していますので、良ければこちらも参考にしてみてください。

【決定版】口コミで人気のおすすめワキガクリームランキング7選!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング