逆に悪化する!?ミョウバン水を使ったワキガ対策は実は効かない?


1,877 views

ワキガに効果があると噂のミョウバン。

ワキガデオドラントとして人気のデオナチュレの主成分でもありますから、これは効果が期待できそうです!

それにミョウバンは市販でも安く手に入りますから、もし本当に効果があれば手軽にできるワキガ対策として重宝しそうですよね♪

ただ、そうは言ってもミョウバンは本当に効果があるんでしょうか?

私も正直なところ、「そんな簡単にワキガ対策ができるの?」と疑問に思っていた部分はあります。

せっかく手軽に始められても、効果のないワキガ対策では意味がないですからね…

はたしてミョウバンは本当にワキガへの効果があるのか?ということで、ミョウバンのワキガへの効果を実際に調べてみました!

また、今回は実際にミョウバン水を作って試してみたので、その感想も一緒に読んでワキガ対策の参考にしてみてくださいね。

ミョウバンなんかが本当にワキガに効果的なの?

まず先に結論を言うと、ミョウバンはワキガに効果があります。

というのもワキガ対策において重要な以下の3つの働きが、ミョウバンにはあるからなんです。

  • 殺菌・抗菌作用
  • 制汗作用
  • 消臭作用

これらワキガ対策で重要な効果をミョウバンではきちんと押さえています。

ではこれらの効果について1つずつ見ていきましょう。

ミョウバンの効果①:殺菌・抗菌作用

ミョウバンには殺菌・抗菌作用があります。

そして、この殺菌・抗菌作用はワキガ対策において重要です。というのもワキガの原因の一つは菌だからなんです。

そもそもワキガというのは、皮膚上の菌が脂質やたんぱく質を分解する時に発生する臭いのことを言います。

ということは皮膚上の菌を殺菌し、菌の繁殖を抑えることができれば、ワキガの原因の一つを潰すことができるということなんです。

ミョウバンには水に溶けると酸性になる性質があり、この酸性の性質によって殺菌・抗菌ができます。

だから、ミョウバンはワキガに効果的ということなんですね。

ちなみにミョウバンと一緒に重曹もワキガ対策としてよく名前が挙がりますが、重曹には殺菌効果がなくワキガ対策としてはおすすめできません。

重曹だけでは不十分!?ワキガに効果があるという噂はウソなのか?

ワキガの根本原因から対策したいならミョウバンの方がおすすめです。

ミョウバンの効果②:制汗作用

ミョウバンには制汗作用もあり、それがワキガにも効果的に働きかけてくれます。

なぜ汗を抑えることがワキガ対策では重要なのか?それは汗を抑えることで、ワキガ菌にエサを与えないようにすることができるからです。

汗にはワキガ菌のエサである脂質やたんぱく質が含まれており、これらの物質は汗とともに皮膚上に出てきます。

先ほども言った通り、これら脂質やたんぱく質をワキガ菌が分解する時に発生する臭い、それがワキガ臭です。

つまり、汗を抑えることができればワキガ菌にエサを与えずに済み、それが結果的にワキガ臭の発生を抑えてくれるということになります。

だから制汗作用のあるミョウバンはワキガに効果的ということなんですね。

ミョウバンの効果③:消臭作用

ミョウバンには消臭作用もあります。これがミョウバンがワキガに効果的な理由の3つ目です。

そもそもミョウバンには金属イオンが含まれています。

金属イオンには消臭効果がありますから、金属イオンの働きによってワキガ臭が抑えられるということなんですね。

ということでミョウバンが持っているそもそもの消臭作用が、ミョウバンがワキガに効果的な理由の3つ目ということになります。

ミョウバンでワキガが悪化することも実はある?

ミョウバンがワキガに効果的だということはわかったと思います。

ただ、ここで「ミョウバンを使って逆にワキガが悪化することはないの?」という疑問もあるかもしれないですね。

ですが結論を言うと、ミョウバンを使ってワキガが悪化するということはありません。

その理由はミョウバンにはこれまで説明してきたようなワキガの原因に働きかける作用はあっても、悪化させる作用はないからです。

ただ、そうは言っても1点だけ注意してもらいたいことがあります。それは人によってはミョウバンで痒みや赤みが発生する可能性があるということです。

こういった注意点がミョウバンにはありますので、使用前にはパッチテストをすることをおすすめします。

パッチテストをして様子を見ながらミョウバンを使用し、もしも肌に異常が現れた場合はすぐに使用を中止してください!

ワキガ対策用のミョウバン水の作り方!実際に作ってみました!

ミョウバンのワキガへの効果がわかったところで、次にミョウバン水の作り方を紹介します。

ミョウバン水の作り方は簡単で、まずは以下の物を用意しましょう。

  • 水:500ml
  • ミョウバン:20g

これらをボトル容器に入れてよく混ぜれば完成です。

ミョウバンは水に溶けづらい場合があるので、時間を空けて何回かに分けて混ぜるといいでしょう。

実際にミョウバン水を作ってみました

ミョウバンのワキガへの効果を確かめるために、実際に私もミョウバン水を作って試してみることにしました!

こちらが今回スーパーで買ってきた「焼みょうばん」という商品。130円で購入できました。

ミョウバン水を作るためのスプレーボトルがこちら。ダイソーで100円で買ったものです。

150mlの容器なので、先ほどの水とミョウバンの比率に合わせて

  • 水:100ml
  • ミョウバン:4g

でミョウバン水を作ることにしました。

計量スプーンでミョウバンをすくいます。

こぼれないように工夫して入れないといけないのがやや面倒に感じました…

ミョウバンを入れ終わりました。やはりミョウバンを入れただけでは溶けません。

よく振って混ぜてみました。

1回混ぜただけでは大きな粒がまだ残っています。完全に溶けるまでには時間がかかるようです。

先ほど容器を振ってから少し時間を置いてみました。

白い粉が沈んでいますね。やはりすぐには溶けないようです。

さらによく振って混ぜてみましたが、まだまだ透明にはなりません。ミョウバン水を作るのは意外と面倒です…

1日経ちました。昨日よりはミョウバンが溶けていますが、まだ少し溶けずに残っていますね。

軽く振って混ぜてみても、まだ少し白く濁っています。

1日半経ってようやくミョウバンが全部溶けてくれました。

全部溶けるとこのようにキレイな透明色になります。頑張ったかいがありました(笑)

意外に面倒だったミョウバン水作り…はたして効果は?

実際にミョウバン水を使った効果は?

ミョウバン水を実際に使ってみましたが、ワキガへの効果は確かにありました。

ミョウバンが汗や菌に働きかけてくれるので、しっかりとワキガにも効果が出ているようです。

ただ、効果の持続時間は短めですね。2~3時間おきにミョウバン水を付けないと、臭いが気になり出してしまいます。

他のサイトの体験口コミなどを見ても、やはり2時間くらいの効果持続時間というのが多かった印象です。

ミョウバン水はワキガへの効果がありますが、こまめに付けないといけないという点ではやや面倒だなと感じました。

ミョウバン水のメリット・デメリットまとめ

実際に手作りのミョウバン水を試してみた感想のまとめとして、ミョウバン水のメリット・デメリットをまとめます。

ミョウバン水のメリット
  • ワキガへの効果が確かにある
  • 圧倒的にコスパがいい
  • コスパがいいのでケチらずに使える
ミョウバン水のデメリット
  • 作るのが手間
  • 効果の持続時間が短い
  • こまめに付ける必要があるので面倒
  • ワキガが治るものではない
  • 重度のワキガの人には効果が物足りないかも

ミョウバン水はとにかく安く作れるので、コスパ重視な方にはおすすめできます。

ただ、最大のネックはやはり効果の持続時間ですね。効果の持続時間が短いので、こまめにミョウバン水を付ける必要があります。

外出時などにこまめにミョウバン水を付けるのは面倒ですし、常に臭いのことを気にしないといけないのもネックだと思いました…

なので個人的にはミョウバン水はあまりおすすめできないワキガ対策法です。

ではミョウバン水以外におすすめのワキガ対策法はないのか?

ということで効果の持続時間や手軽さなどを考えた場合、おすすめしたいのはワキガクリームです。

ミョウバンよりも費用はかかりますが、1回塗れば長時間臭いを抑えてくれます。

ミョウバン水のようにこまめに使う必要もなく、常に臭いの心配をしないで済むのがおすすめできるポイントです。

おすすめのワキガクリームについてはこちらの記事で紹介していますので、長時間臭いを抑えたい方はこちらもチェックしてみてくださいね。

【決定版】口コミで人気のおすすめワキガクリームランキング7選!

その他ワキガ対策としてのミョウバンの使い方を紹介!

ワキガ対策としてミョウバンは他にもいろいろな使い方ができます。

ここからはその他のミョウバンの使い方を紹介していきます。こちらも参考にしてみてください。

①ミョウバンを直接塗る

ミョウバン水を作るのが面倒な方は、ミョウバンを脇に直接塗るという方法を試してみてもいいでしょう。

すり鉢などでミョウバンをすり潰して、パウダー状にしてから脇に直接塗ればOK。

ただし、ミョウバンの効果が一番期待できるのは、水に溶けて酸性になった状態です。

なのでワキガへの効果を重視したいなら、ミョウバンはやはり水に溶かして使った方がいいでしょう。

②ミョウバン水でパックする

ミョウバン水はスプレーだけでなく、パックもすると効果的です。

コットンなどにミョウバン水を染み込ませて、それを脇に当てて3~5分程度パックします。

スプレーよりも長い時間、消臭効果が期待できますよ!

③ミョウバン風呂

ミョウバン風呂ならワキガ対策としてはもちろん、全身の臭い対策としても効果が期待できます。

ミョウバン風呂の作り方は簡単で、ミョウバン水20~50mlを浴槽に入れて混ぜれば完成です。

注意点としては、人によってはヒリヒリするかもしれないということ。

なのでまずはミョウバン水20mlから始めてみて、徐々に量を増やしながら自分に合った量を見つけてみるといいでしょう。

④洋服の洗濯にミョウバンを使う

ワキガの人は臭いが洋服に付いている可能性もありますので、洋服を洗濯する際にミョウバンを使うと効果的に消臭ができます。

つけ置きする場合はミョウバン水を10倍に薄め、洋服を一晩つけておきます。

すすぎ洗いする場合は、洗濯機でのすすぎ洗いの時にミョウバン水50~100mlを入れるか、あるいは柔軟剤投入口に入れておけばOKです。

これで今まで付いていた臭いが取れ、臭いを予防することもできますよ♪

まとめ:ミョウバン水は効果的だけど作るのがやや面倒

ミョウバンでのワキガ対策について今回はお話ししてきました。

今回は実際にミョウバン水を作ってみましたが、その時に思ったのがミョウバン水でのワキガ対策はやや面倒だなということです。

確かにミョウバン水はワキガへの効果が実感できました。しかし、以下の点でミョウバン水でのワキガ対策は面倒だなと思いました。

  • ミョウバン水を作るのが手間
  • こまめにミョウバン水を付ける必要がある

面倒くさがりな私にはちょっと合わない対策法ですね(笑)

ということでミョウバンに代わるワキガ対策法として、先ほど簡単にお話ししたワキガクリームを個人的にはおすすめします。

ワキガクリームによる対策はミョウバン水に比べると当然ながら費用はかかります。

ただ、ワキガクリームは長時間臭いを抑えてくれますし、ミョウバン水のように何回も塗る必要がありません。

手間や使いやすさを考えた時におすすめできるワキガ対策法です。

ちなみにワキガクリームと言っても、種類がたくさんあってどれを選べばいいか悩みますよね。

なので、ワキガクリームの選び方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

【決定版】口コミで人気のおすすめワキガクリームランキング7選!

価格や効果、安全性など、トータルのバランスで商品を選んでいますので、あなたに合ったワキガクリームがきっと見つかりますよ♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング