【跡を残さない!】ニキビのかさぶたの原因と早く治す5つの対策!


63 views

「かさぶたになったニキビを早く治す方法が知りたい」「かさぶたになったニキビが跡にならないか不安」などの理由で、かさぶたニキビの治し方について調べている人は多いようですね。

私は、ニキビがかさぶたになると無理矢理剥がす癖があり跡を作ってしまった経験があります…汗、そのときとても後悔してかさぶたニキビのケア方法について真剣に調べました。

その経験を活かして、今回の記事では「ニキビがかさぶたになる原因」「かさぶたニキビを早く治す方法」などについて解説して行こうと思います。

最後まで読んでいただければ、かさぶたニキビのケア方法についてばっちりわかりますよ♪是非参考にしてくださいね。

ニキビがかさぶたになる原因とは?

クエスチョンマークの画像
ニキビがかさぶたになる原因は「ひっかいたり潰してニキビを出血させたこと」のたった1つだけです…!

基本的に、ニキビは症状が悪化する仮定でかさぶたになることはありません。そのため、意図的に傷つけない限りかさぶたはできないんです。

「何もしてないのにかさぶたができたよ!」という人は、寝ている間に無意識でニキビをひっかいてしまっている可能性が高いです。

ニキビをかさぶたにしたくないのであれば、日常的にニキビを触らないように意識する以外に方法はありません。

かさぶたになったニキビを早く治す5つの対策

対策方法 対策概要
無理に剥がさない 無理に手でかさぶたを剥がさないことが一番の対策です。
睡眠時間を増やす 睡眠時間を増やすことでお肌の修復が進みやすくします。
メイクを薄くする メイクをはニキビ悪化の原因になるので、かさぶたの周りだけでも薄くしましょう。
ビタミンを採る お肌の修復に必要なビタミンをしっかりと摂取しましょう。
タンパク質を採る お肌の修復に必要なたんぱく質をしっかりと摂取しましょう。

かさぶたになったニキビを早く治すためにできる対策方法を5つ紹介していきます。

今回紹介する対策方法は、全て実践するのが最もかさぶたを早く治すことができるので是非実践してみてください。

表の気になる対策方法をクリックすると、より詳細に解説したパートに飛びます。こちらも活用してみてくださいね♪

かさぶたニキビの対策①:無理に剥がさない

×印を作る女性
かさぶたニキビ対策の1つ目は、できてしまったかさぶたを無理に剥がさないことです。

かさぶたを触って、ズレたり剥がれたりすると、収まっていた出血が再び始まって患部が外気中の細菌などにさらされます。すると、ニキビが悪化する可能性もあるんです…!

かさぶたを剥がさないのは当たり前のことなのですが、剥がさないってなかなか難しいですよね…汗、どうしても気になって触ってしまう人は多いと思います。

そんなときは、家にいるときや寝ているときはガーゼでかさぶたを覆ってしまうのがおすすめですよ!ただし、絆創膏はかさぶたが剥がれる原因なので絶対にNGです!注意してください。

かさぶたニキビの対策②:睡眠時間を増やす


睡眠時間を増やすことは、お肌を修復する時間を増やすことに繋がります。

かさぶたは、傷ついたお肌の修復が終われば自然に剥がれるので、睡眠時間を増やすことがかさぶたニキビを早く治すことに繋がるんです…!

理想は夜の22:00までに寝て、7:30程度の睡眠をとることなのですが、現代社会で22:00に寝られる人ってあまり多くありませんよね?

なので、遅くとも24:00までには寝て、なるべく7:30程度の睡眠を取れる生活リズムを作る事をおすすめします。

かさぶたニキビの対策③:メイクを薄くする

メイクのイメージ画像
ニキビがかさぶたになってしまったときは、かさぶたの部分だけでも良いのでメイクを薄くするかメイクを一切しないことをおすすめします。

メイクの主成分は油分なので毛穴を詰まらせてニキビを悪化させる原因になりますし、クレンジング落とす際にお肌にダメージが加わります。

クレンジングをしている時の刺激でかさぶたが剥がれて出血…、なんてことも頻繁におこりますしね…汗

かさぶたニキビは目立つのでコンシーラーを厚塗りして隠してしまいたい気持ちはわかりますが、早く治すためにはメイクを控えるべきです。

かさぶたニキビの対策④:ビタミンを採る

ビタミンのイメージ画像
お肌を修復するとき、体内で「ビタミンC」「ビタミンB」などのビタミン類が消費されます。

そのため、食事から意識してビタミンを摂取することがかさぶたニキビを早く治すことに繋がります。

できれば、野菜やお肉から意識してビタミンを採るのがベストですが「忙しくてそんなこと考える時間は無い!」という人もいますよね。

そういった場合、ビタミン剤からでも構わないのでビタミンの摂取を意識しましょう。ライオンが販売している「ペアA錠」は得におすすめのビタミン剤です。

かさぶたニキビの対策⑤:タンパク質を採る

タンパク質のイメージ画像
ビタミンの摂取と同じ理由で、たんぱく質も意識して採る事をおすすめします。

人間の身体のほとんどがタンパク質からできています。そのため、タンパク質を意識して多く採ることでかさぶたニキビの治りが早くなります。

理想は、食事で採る「お肉」「魚」「豆類」からタンパク質を摂取することですが、やはり忙しくて意識が難しい人は多いですよね。

そういった場合、例えばコンビニのフライドチキンやサラダチキンなどでも構いません。なるべく食事からとるお肉類を多くすることを心がけましょう!

ニキビがかさぶたになった場合何日くらいで治るの?

?マークを掲げる女性の画像
ニキビにが悪化してできたかさぶたが自然治癒して剥がれるまでの機関は、1週間〜10日程と言われています。

もちろん、年齢や新陳代謝量によって個人差はありますが1ヶ月や2ヶ月かかることはありません。

1週間〜10日というと非常に長く感じますよね…汗、だからといって無理矢理かさぶたを剥がすと治るまでの時間が長くなってしまいます…!

そのため、しつこいようですが、かさぶたになってしまったニキビは絶対に触らずに自然に剥がれ落ちるまで待ちましょう。

ニキビのかさぶたが取れた!これって跡になっちゃうの?

疑問を感じる女性の画像
かさぶたニキビができてしまったり、ニキビのかさぶたが取れたからといって、ニキビ跡になるとは限りません。

ニキビ跡ができてしまうのは、ニキビが極限まで悪化してお肌の細胞がひどく傷つけられてしまったときです。

特にニキビが黄ニキビまで悪化してしまった場合に無理矢理潰して同じ箇所に黄色ニキビが続くような状態になるとニキビ跡になる可能性が高いですね。

ニキビがかさぶたになる場合って、あまりひどくないニキビを寝ている間にひっかいてしまって出血するような場合が多いと思います。

その程度のニキビであれば、かさぶたに触らずそれ以上悪化させなければニキビ跡になる可能性は低いので安心して大丈夫ですよ♪

かさぶたになったニキビに効果的な薬は?

薬を処方する医師の画像
ニキビにできたかさぶたに効果的な薬は、ビタミン剤などの錠剤タイプのお薬です。

逆に、オロナインやテラコートリルなど軟膏やジェル状の塗り薬は、かさぶたの下のニキビを悪化させる可能性があるのでおすすめできません。

錠剤タイプのお薬でおすすめなのは、ライオン株式会社が販売する「ペアA錠」です。

ペアA錠は、ビタミンB群を中心にお肌の新陳代謝を促すビタミン類が豊富に配合された錠剤で、かさぶたが剥がれるまでの期間を縮める効果が期待出来ます。

一般的なドラッグストアなら、だいたい販売していると思うので、薬を使いたい人は試してみてくださいね♪

塗り薬などは逆に悪化させる場合がある。
敢えて薬を使うなら、ペアA錠などのビタミン剤がおすすめ。

まとめ
今回紹介したこと
  • ニキビがかさぶたになる原因は「ニキビを触って傷つけた」こと
  • かさぶたを早く治すためには「無理に剥がさない事」が大切
  • 睡眠時間を増やすことでお肌の修復が早くなりかさぶたが早く治る
  • ビタミンとタンパク質を意識して採る事もかさぶたの治りを早くする
  • かさぶたが剥がれるまでの期間は1週間〜10日程度

今回は、ニキビがかさぶたになってしまう原因と5つの対策について解説してきました。

ニキビがかさぶたになってしまう原因は、寝ている間などにニキビを触ってしまい傷つけてしまったことです。

かさぶたを早く治すためには「無理に剥がさない事」が最も大切です。かさぶたはなるべく触らないように意識してくださいね!

その他、「睡眠時間を増やす」「ビタミン・タンパク質を採る」こともかさぶたを早く治す事に繋がりますよ。

ニキビのかさぶたが剥がれるまでの期間は、一般的に1週間〜10日程度です。よっと長いかもしれませんが、無理に剥がすと治るまでの期間が長くなってしまいます…汗

かさぶたニキビは目立って嫌かもしれませんが、当記事の内容を参考に跡を残さずキレイに治していきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング