生理中のダイエットは痩せない?生理中でも痩せる食事・運動まとめ

生理中 ダイエット

84 views

生理中は体が痩せにくい状態となっていることを知っていますか?

そのため、生理中のダイエットの取り組み方には十分注意が必要です。

今回は、生理中のダイエットについて、取り組み方や積極的に食べると良い食べ物、注意点について詳しくご説明していきます。

生理中のダイエットは痩せやすい?痩せない?ダイエット中でも上手に生理と付き合う方法を解説

生理前 食事制限をしてカロリーを抑えるようにする
生理中 ストレスをためないようにしつつ、カロリーを抑えた食事を心がける
生理後 運動などで脂肪を燃焼させてカロリーを消費することを意識する

生理中は女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が非常に多い時期であるために体が痩せにくい状態となっており、ダイエットには不向きです

ただし、痩せにくい状態となっているからといってダイエットを全く意識しなくて良いわけではありません。

痩せにくい状態だからこそ、太ってしまわないように食事や生活習慣を工夫する必要があるのです。

まずは簡単に、生理前・生理中・生理後、それぞれの時期に意識するべきことについて解説していきます!

生理前は食事制限をして摂取カロリーを抑える

食事制限

生理前は生理中と同様に、「プロゲステロン」の分泌量が非常に多い時期であるために体が痩せにくい状態となっています。

そのため、食事制限をして摂取カロリーを抑えることが賢明です。

具体的には…
お菓子やジュース、お酒などの摂取は極力断ち、油の多い食べ物(揚げ物やジャンクフード)を控えたり、炭水化物の摂取量を少なめにしたりするのがおすすめです。

生理中はストレスをためずにカロリーを抑えた食事を心がける

低カロリー

生理中も、女性ホルモンである「プロゲステロン」の分泌量が非常に多い時期であるために体が痩せにくい状態となっています。

さらに、精神的に不安定になってしまうため、ストレスが溜まりやすい状態でもあります。

そのため、生理中は食事制限も生理前より緩くして、できるだけストレスを溜めないように、かつカロリーを抑えるようにすることが大切です。

おすすめの食材
カロリーが低めでおなかに溜まりやすい、もやしやチアシード、おかゆ、春雨、豆腐、おからなどでおなかを満たすことを意識してみましょう。

生理後は運動をして脂肪燃焼・カロリー消費を心がける

生理後 運動

生理後は、ダイエットを妨げる「プロゲステロン」の分泌量が低下し、逆にダイエットの効率を上げる効果のある「エストロゲン」の分泌量が多くなるため、非常に痩せやすい時期です。

そのため、この時期には積極的に運動をして脂肪の燃焼やカロリー消費を心がけるようにしましょう。

おすすめの運動
脂肪の燃焼を高める効果が高い有酸素運動に積極的に取り組むようにしましょう。取り組みやすくておすすめの有酸素運動としてはランニングウォーキング、水泳、縄跳びなどがあります。

生理中のダイエットに効果的な食事・食べ物を紹介!

生理がある中でもダイエットを効率よく進めていくうえで、大切なポイントについて紹介してきました。

では、実際に生理中のダイエットではどのような食事・食べ物が効果的なのかを紹介していきます!

大根には消化酵素が豊富!

大根

大根には「リパーゼ・アミラーゼ・プロテアーゼ」という3つの消化酵素が豊富に含まれています。

消化酵素には、脂肪燃焼を促進したり、腸内環境を改善したりする効果があるため、消化酵素を豊富に含む大根は、ダイエットにもたらす効果が非常に大きい食品なのです。

ただし、これらの消化酵素は熱に弱いという性質を持つため、大根サラダや大根おろしなど生の状態で食べるようにしましょう。

サバやさんまなどの青魚が脂肪蓄積予防に効果的!

さんま

痩せにくい状態となっている生理中には積極的に青魚を摂取するのがおすすめです♪

サバやさんまなどの青魚には、EPAやDHAなどの脂肪酸が豊富に含まれています。

「脂肪はダイエットに逆効果なのでは?」と考える方もいるかもしれません。

でもEPAやDHAは脂肪蓄積予防に非常に効果が高い脂肪酸であるため、ダイエット中にはむしろ積極的に摂取するべきなんですよ♪

生理中のダイエットの注意点を覚えて正しく健康に痩せよう

生理中のダイエットでは、2つの注意点を押さえることで正しく健康的に痩せられます。

最後に、生理中のダイエットの具体的な2つの注意点について覚えておきましょう!

激しい筋トレや運動はできるだけ控えてストレッチくらいにしておこう

ストレッチ

生理中に激しい筋トレや運動をするのは極力控えるようにしましょう。

激しい運動や筋トレをすると、血液循環が活発になり、生理での出血量が多くなって貧血などの体調不良を起こしかねません。

ストレッチ程度であれば、それほど体に負担をかけることはありませんし、ストレッチをすることでリラックス効果が得られ、生理中のイライラを緩和させることができます。

豆乳ダイエットをしている人は生理中は控えるようにする

豆乳

生理中に豆乳を飲むのは極力控えるようにしましょう。

豆乳には、女性ホルモンであるエストロゲンに似た構造を持つ「イソフラボン」が豊富に含まれています。

エストロゲンはダイエットに効果的
エストロゲンはダイエットに効果的な働きがあります。

生理中には大量のエストロゲンが分泌されているため、豆乳を飲むとホルモンの作用が過剰になり、体調不良を起こしかねません。

そのため、豆乳ダイエットをしている方は生理中には豆乳の摂取量を控える、もしくは一時的に飲むのを中断するのがおすすめです。

まとめ

今回は、生理中のダイエットについて、取り組み方や積極的に食べると良い食べ物、注意点について詳しく解説してきました!

痩せにくい状態となっている生理中にもきちんとダイエットを意識した生活を送ることで、太ってしまうことを防ぐことができます。

生理中にダイエットする場合は、今回ご紹介した内容を参考に、食事や運動の仕方を工夫してみてくださいね♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング