【2019年】市販の人気ホワイトニングジェルおすすめランキング!


153 views
  • 自分の歯の黄ばみが気になって悩んでいる…。
  • 自宅で手軽にできるホワイトニング方法を知りたい。
  • 市販のホワイトニングジェルを探しているけれど何がいいかわからない。

現在こういったことでお困りではありませんか?

「歯に負担をかけずに自然で健康的な白さにして、もっと自分に自信を持てるようになりたい!」

この記事では、上記のような想いを抱かれているあなたに向け、オンナの教科書のライターである私が、市販のホワイトニングジェルを徹底検証して、おすすめ品を評価しています。

比較するにあたり、重要なポイントについても詳しくまとめてランキングにしていますので、是非選ぶ際の参考にしていただけたらと思います♫

市販のホワイトニングジェル選びで失敗しない3つのポイント!

記事のはじめにホワイトニングジェルの比較を行いましたが、こちらでは選び方についてより詳しく振り返っていきましょう。

世の中には非常にたくさんのホワイトニングジェルがあるため、どうしても選ぶ際に迷ってしまうことがありますよね。

ですので、ここではホワイトニングジェルを選ぶ際に欠かせない3つの重要ポイントをお伝えしていきます!

ホワイトニングジェル選びの3つのポイント!
  1. 効率的に歯の汚れを落とす有効成分が含まれている。
  2. 研磨剤不使用など歯に負担をかけない作りになっている。
  3. 値段が高いか安いかでなく適正な価格になっている。

それでは、以下より1つずつ順番に見ていきましょう!

効率的に歯の汚れを落とす有効成分が含まれている。


市販のホワイトニングジェルを選ぶ際に重要になのは、歯の表面のステイン汚れを除去する成分が含まれているかどうか?です。

特に「ポリアスパラギン酸」など普通の歯磨き粉で落とせない汚れを浮かせて落とす成分があるか?をチェックしてみてください!

また「リンゴ酸」「ビタミンC」など、再び汚れがつかなくなる作用の成分があるかが大切です。

無添加のオーガニック成分は歯に負担があまりかかりません。

なので、こういった成分で作られている歯磨き粉かどうかも合わせて見てみると良いでしょう♪

研磨剤不使用など歯に負担をかけない作りになっている。


毎日の歯磨きなので、歯に負担をかけないホワイトニングジェルを選びたいですよね。

市販の歯磨き粉には大抵、歯を擦って汚れを削り取る作用の研磨剤などが含まれています。

一般的の歯磨き粉の、舌に触れるとザラザラする感触は研磨作用によるものです。

研磨作用のある歯磨き粉を使うと、歯が傷ついて帰って黄ばみやすくなることがあるので、要注意なんです。

ですので、ホワイトニングジェル選びの際には、研磨剤やフッ素などが不使用な製品を選びましょう!

値段が高いか安いかでなく適正な価格になっている


ホワイトニングジェルを選ぶ際には、成分や効果期待度に見合う価格設定になっているかをチェックしてみてください。

市販のホワイトニングジェルには、様々な値段のものがありますよね。

ただ、ネットの評判を見ていると必ずしも値段が高ければ効果があるわけではないことがわかります。

高いものから安いものまで、値段に差がある理由は実は成分の配合量にあります。

例えば安い製品なら「低価格な分成分の量が少なく効果が薄い」ということはよく聞く話ですよね。

また有害な成分を排除するほど値段は高くなる傾向にあることも価格差の要因です。

こうした理由からホワイトニングジェルを値段だけで選ぶと損してしまうことがあるかもしれないんです。

製品の成分の内容を見て「適正なのか?」という視点で判断されることをお勧めします。

とはいえ、配合量の具体的な数値や割合を知ることは、はっきり言うと簡単ではありません。

ただ、成分は含有量の多い順に表示されるので、成分表を見て比較してみると良いでしょう♫

口コミで人気!市販のホワイトニングジェルを徹底比較

それでは、今回比較した市販のホワイトニングジェルの一覧を紹介して行きます。

ただ、口コミの評判が良くても成分が良くない、続けつづらい、料金が極端に高いといったものはあまり現実的とは言えませんよね?

そこで今回は、それぞれのホワイトニングジェルを比較する上で「効果がある」「継続しやすい」という観点から、次の3つのポイントで比較をしています!

  • 価格
  • 成分
  • 1日の目安量
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
なた豆ホワイトニングジェル
¥1,200 乳酸(pH調整剤)、ナタマメ種子エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキスなど 1〜2回
天然由来成分の「なた豆」をはじめ8種類のフルーツに含まれる酸によって歯の表面の着色汚れを除去します。研磨剤不使用なため優しくブラッシングするだけで歯を傷つけることなく簡単に自然な白さにホワイトニングする事ができます。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
ウェルテック コンクールジェルコートF
¥1,000 フッ化ナトリウム、塩酸クロルヘキシジン、
β―グリチルレチン酸、ポリリン酸ナトリウム、
キシリトールなど
1〜2回
歯磨剤とフッ素コート剤を1つにしたジェルタイプのウ蝕・歯周病予防歯磨きがジェルコートFです。ジェルが隅々の細部まで行き渡り歯石の元をや歯の表面の着色汚れを落とします。発泡剤や研磨剤、着色料が不使用の医薬部外品となっています。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
バランローズ トゥースホワイトニングジェル
¥1,980 ポリリン酸Na、グリチルリチン酸2K、防腐剤:安息香酸Na、ペンチレングリコール、フェノキシエタノールなど 1〜2回
2〜3滴をブラシにつけて歯磨きするだけで歯の表面のステインを落とし、白くなった歯をコーティングする効果を得ることができます。口臭予防効果もあり発泡剤不使用。自宅で簡単に歯のケアをできるホワイトニングジェルです。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
パールクチュール
¥9,980 ソルビトール、グリセリン、PEG-8、含水シリカ、三リン酸5Na、セルロースガム 、キサンタンガム 、ヒドロキシアパタイト 、ラウロイルグルタミン酸Na、キシリトール、クエン酸Na、酸化チタン、マイカなど 1〜2回
有効成分の「コーラルアパタイト」と「クリスパタス菌KT-11」をW配合した自宅でホワイトニングできる歯磨きジェルです。研磨剤や着色料不使用で歯に負担をかけることなく歯を白くする効果を期待することができる、歯科医も推奨の製品となっています。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
ちゅらトゥースホワイトニング
¥4,980 PAA(ポリアスパラギン酸)、リンゴ酸、ビタミンC、GTO、アラントインほか 1〜2回
歯を傷つけることなく汚れだけを浮かせて落とすちゅらトゥースホワイトニングは厚生省から医薬部外品の認定を受けている信頼度の高いホワイトニングジェルです。3種の有効成分による高いホワイトニング効果に加え虫歯予防の効果なども期待できます。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
はははのは
¥2,770 ココナッツオイル、アロエ、ローズマリー、ホホバオイル、ポリリン酸Na、メタリン酸Naほか 1〜2回
製薬会社との共同開発でナチュラルな「ココナッツオイル」「ローズマリー」「ホホバオイル」やステイン除去に効果的な「ポリリン酸Na」「メタリン酸Na」を中心に完全無農薬の天然成分で作られており子供でも安心して使う事ができるほど低刺激です。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
パールホワイトプロEXプラス
¥6,030 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DLリンゴ酸、IPMPほか 1〜2回
高配合された3種類のホワイトニング成分と薬用成分IPMPにより歯を白くするだけでなく歯茎も保護する医薬部外品のジェルです。口臭や虫歯の予防、タバコのヤニ取りにも効果があり、数日で効果を感じられる即効性も話題となっています。
商品名 購入価格 成分 1日の目安量
レディホワイト
¥4,980 ポリアスパラギン酸ナトリウム、りんご酸DL、アスコルビン酸、GTOほか 1〜2回
歯の着色汚れを落とす「ポリアスパラギン酸Na」「リンゴ酸」をはじめ歯周病予防効果のある「アスコルビン酸」など有効成分を配合。研磨剤不使用の医薬部外品で安心かつ着実な効果の天然由来成分により歯を自然な白さにすることが期待できます。

こうして比較してみると、どのホワイトニングジェルも、歯に負担をかけずに汚れだけを落とせる成分が使われていることがわかりました。

ただ、それぞれ価格にはとてもバラツキと幅がありました。

そのため「何を選ぶのが自分に一番いいのか?」余計に悩んでしまうこともありますよね。

ホワイトニングジェルの価格に差がある理由は、成分の配合量が関係してきます。

同じ成分を使っていたとしても、そのバランスや量で価格が変わってくるんです。

なので、配合されている成分のバランスに対して、価格が適正になっているか?を判断する必要があります。

それでは、以上をふまえて市販されているオススメのホワイトニングジェルはどれなのか?次よりランキング形式にてご紹介していきます!

歯を白くするNo.1はどれ?ホワイトニングジェル実力ランキング

【ランキングの基準】
こちらでは選び方のところでもお伝えした「有効成分」「研磨剤不使用の安全性」「適正な価格設定」の3つの基準で比較し、ランキングを決めています。

ちゅらトゥースホワイトニング

研磨剤不使用で歯に負担をかけず汚れだけを落とすホワイトニングジェル!

ちゅらトゥースホワイトニングは歯を白くする事に特化した歯磨きジェルです。研磨剤不使用で高いホワイトニング効果のある「ポリアスパラギン酸(PAA)」歯の表面の着色汚れを落とす「リンゴ酸」虫歯を予防する「GTO」などナチュラルな有効成分を配合。歯を傷つける事なく汚れだけを浮かせて落とします。ホワイトニングだけでなく虫歯や歯周病の予防、口臭対策などこの1本だけでお口のトータルケアができます。

価格 【定期】4,980円
【通常】6,458円
総合評価
主成分 PAA(ポリアスパラギン酸)、リンゴ酸、ビタミンC、GTO、アラントインなど
【編集部のコメント】
当サイトでおすすめする人気ホワイトニングジェルの中からランキング1位に輝いたのは薬用ちゅらトゥースホワイトニングです!編集部である私も実際にこちらのちゅらトゥースホワイトニングで自分の歯が自然な白さになったのを実感することができました。厚生労働省から医薬部外品の認定をされている信頼性と研磨剤不使用の高い安全性などにより安心して使い続けることができます。柑橘系の爽やかな香りがするので毎日の歯磨きが楽しみになるので継続しやすく、ホワイトニングジェルでどれを選べば良いのか悩む場合でも自信を持っておすすめできるのが薬用ちゅらトゥースホワイトニングです。

はははのは

低刺激な天然由来成分で高い洗浄力を実現したホワイトニングジェル!

植物由来の10種類の天然成分で作られていると同時に高い洗浄力も実現しているホワイトニングジェルが「はははのは」です。通常の歯磨き粉に大抵含まれている研磨剤や着色料などの歯に負担をかける成分を徹底的に排除しているため低刺激で子供でも安心して使えるほど安全性が高いです。歯を白くする効果をはじめ虫歯や歯石の予防から口臭対策までこれ一本で完結。汚れだけを落とし自然な白さの歯にしていくことができます。

価格 【定期】2,770円
【通常】3,300円
総合評価
主成分 ココナッツオイル、ハッカ油、ホホバオイルなど
【編集部のコメント】
可愛らしいデザインのボトルで外出先でもバレる心配なく使いやすい「はははのは」は歯を白くするのに効果的な天然成分で作られており、使った人の99%が3週間で効果を実感しているホワイトニングジェルです。編集部の私が実際に使ってみたところ発泡剤不使用のため泡立ちが少なく一般的な歯磨き粉とは使い心地が違っていましたが使い始めて1ヶ月ほどで効果が実感できるようになりました。最初は本当に効果があるのか心配でしたが10日間の全額返金保証があったので気軽に始めることができたのもとてもよかったです。ホワイトニング効果をはじめとして虫歯・歯石の予防や口臭対策までトータルケアができるのも嬉しいところですね。

パールホワイトプロEXプラス

有効成分を多種配合!歯周病や口臭の予防もできる医薬部外品の歯磨きジェル!

着色汚れを落として歯を本来の白さにする「ポリリン酸ナトリウム」「メタリン酸」「リンゴ酸」の3種類の酸や歯を白くする「ハイドロキシアパタイト」を中心に有効成分が多数配合された歯磨きジェルです。また「IPMP」が歯茎を保護して健康的なピンク色に保ち「チャ乾留液」などの作用により口臭予防も期待できます。歯にダメージを与えることなく安心して歯を健康的な白さに出来るホワイトニングジェルと言えるでしょう。

価格 【定期】6,480円
【通常】8,400円
総合評価
主成分 メタリン酸Na、ポリリン酸Na、DLリンゴ酸、IPMPなど
【編集部のコメント】
歯にダメージを与えない歯科のホワイトニング技術を研究して独自に開発された最新の成分で作られたホワイトニングジェルがパールホワイトプロEXプラスです。実際に使ってみたところジェル状であるものの粘性がなく水に近かったです。ボトルのキャップを開けた時には甘酒のような香りがしました。香りも味もないため磨いていると歯磨き粉とは全く違う使用感ですが使った後には口の中がスーッと気持ちよくなります。使い始めて1週間目には歯茎が引き締まり1ヶ月目で歯が自然な白さになって来るのを実感できるようになりました。ランキングの他の製品に比べて高額ですが確かな成分で作られ着実な効果を期待できるホワイトニングジェルとなっています。

パールクチュール

泡立ち少なく柑橘系の香りが爽やかな研磨剤不使用のホワイトニングジェル!

有効成分である「コーラルアパタイト」と「クリスパタス菌KT-11」をW配合した歯磨きジェルです。研磨剤や合成甘味料、着色料を使っていないので歯にダメージを与えることなくケアをして汚れを吸着して落とすホワイトニング効果が期待できます。パールクチュールの成分と品質へのこだわりは歯科医も推奨するほど。「真珠末」の美白効果がホワイトニングの効果をさらに強化します。

価格 【定期】-円
【通常】9,980円
総合評価
主成分 コーラルアパタイト、トリポリリン酸ナトリウム、パール、クリスパスタ菌KT-11、キシリトールなど
【編集部のコメント】
シックなデザインのボトルで外出先でもそれが歯磨きジェルだと人にバレる心配のない「パールクチュール」は「コーラルアパタイト」と「クリスパタス菌KT-11」という柚香成分をW配合したホワイトニングジェルです。研磨剤が不使用なので歯を傷つける危険がなく安心して使い続けることができます。実際に使ってみると泡立ちが少なく柑橘系の爽やかな香りがしてとても使いやすかったです。ポンプ式で出てくるジェルは柔らかめでした。またピリピリしない低刺激で磨いた後には歯がツルツルになる爽快感があります。

なた豆ホワイトニングジェル

99%が天然由来成分!8種のフルーツ酸がを歯白くする歯磨きジェル!

天然由来成分が99%以上を占めている体に優しいホワイトニングジェルです。配合されている8種類のフルーツ酸が歯の表面の着色汚れを着実に除去します。研磨剤不使用なので歯が傷ついてしまう心配はありません。自社農園で栽培されたナチュラル成分の「なた豆」によって口臭予防効果もあり優しいブラッシングを続けるだけの簡単なケアで自分の本来の自然で健康的な白さの歯に導きます。

価格 【定期】-円
【通常】1,200円
総合評価
主成分 乳酸(pH調整剤)、ナタマメ種子エキス、サンザシエキス、ナツメ果実エキスなど
【編集部のコメント】
99%以上が天然由来成分で作られているなた豆ホワイトニングジェル。研磨剤不使用で国内の無農薬栽培したものが採用されているので安心して使い続けることができます。歯磨きの後に実際に米粒大2滴ほど歯ブラシに乗せてみると、緩めの透明なジェルで最初は独特の若干渋いような酸っぱいような味が印象的でしたが次第に気にならなくなりました。発泡剤が含まれていないので泡立ちはありませんが使用後には歯がツルツルになる爽快感があります。使い方が簡単で、使用後に口の中が快適になるので継続しやすく重宝します。なた豆配合によってホワイトニング効果だけでなく口臭予防にもなるのが嬉しいところですね。

当サイトで最もおすすめは「ちゅらトゥースホワイトニング」!

薬用美トゥースホワイトニングがオススメな5つの理由

  1. 天然由来成分でステイン汚れを除去し自然で健康的な白さの歯にできる。
  2. 医薬部外品の認定を厚生労働省から受けており信頼性が高い。
  3. 電話1つでお手軽に解約ができる。
  4. 研磨剤が使われていないので高い安全性があり安心。
  5. 爽やかな柑橘系の香りで大人も子供も使いやすい。

薬用ちゅらトゥースホワイトニングが最もおすすめという結果になりました!

ホワイトニングジェルとして根強い人気を誇る製品です。

歯の表面の着色汚れだけを浮かせて除去する「ポリアスパラギン酸」エナメル質を高めて汚れにくい歯にする「ビタミンC」自然治癒力を高めて疲労回復効果で歯茎をキレイにする「りんご酸」。

これら有効成分3つを配合して作られた、医薬部外品の歯磨きジェルが、ちゅらトゥースホワイトニングです。

歯に負担をかける研磨剤などが不使用なので、安全性が高く安心して使い続けることができます。

持ち運びしやすいサイズのボトルは、見た目も歯磨きジェルとはわからない可愛らしさですよね。

出先で使いやすいのが嬉しいところ。

もし使ってみてイマイチだとしても、簡単に電話1本で解約できます。

なので、まずは気軽に始めてみるのも良いですね♫

ホワイトニングジェルが良い理由とは⁉︎歯を白くする方法を徹底比較!

方法 効果 手軽さ コスト おすすめ度
ホワイトニングジェル
歯科医院/ホワイトニングサロン
重曹
活性炭
歯の消しゴム
フロスでお手入れ
ホワイトニングペン
食べ物に気をつける

ここまでホワイトニングジェルについて見てきましたが、いかがでしょうか?

どんなジェルがおすすめなのか?少しづつ見えてきたかと思います。

ただ、「そもそもホワイトニングジェルって効果あるの?」という疑問を抱かれるかもしれません。

そこでこちらでは、その他の歯を白くする方法とホワイトニングジェルの違いを徹底的に比較して、おすすめ順に並べてみました!

その結果、最もおすすめなのは、ホワイトニングジェルと歯医者酸のホワイトニングです。

ホワイトニングジェルの一番の魅力は、自宅て歯磨きするだけでケアできる手軽さですよね♪

その一方で、高額ではあるものの歯科のホワイトニングも効果的です。

歯医者さんに通い専門の機器とプロの手によって、短期間で確実に歯を白くすることができるので。

ただ、通院の手間や費用をかけずに着実に歯を白くしたい場合には、専用ジェルを使うことが最も良い洗濯項になるでしょう。

また自宅でできるホワイトニング方法について、以下より詳しく比較してまとめています。

なので、もし迷うことがあれば、是非こちらを見てみてくださいね。

自宅でできるセルフホワイトニング 5つを比較してランキングにしました!

歯を白くする効果を高めるホワイトニングジェルの歯磨き方法とは?


ホワイトニングジェルで歯磨きを続けていくのなら、より効果的な使い方で歯を白くしたいですよね?

こちらでは効果を得やすいホワイトニングジェルの使い方についてお伝えして行きます!

効果的なホワイトニングジェルの使い方3ステップ
  1. 普通の歯磨き粉で汚れをピンポイントで落とす。
  2. ホワイトニングジェルで歯を全体的に優しく約1〜3分ブラッシングする。
  3. フッ素で再石灰化を促す。

それぞれを見て行きましょう。

①普通の歯磨き粉で汚れをピンポイントで落とす。

まず最初に行うのは、着色や黄ばみが特に気になる部分だけを、市販の歯磨き粉で磨くことです。

その際には歯に負担がかからないように、ゴシゴシせず優しく磨くようにしてください!

これを行うことで、その後に行うホワイトニングジェルの有効成分が、歯に浸透しやすくなります♪

ある程度磨いた後は、しっかりとゆすいで歯磨き粉を洗い流しましょう。

②ホワイトニングジェルで歯を全体的に優しく約1〜3分ブラッシングする。

普通の歯磨き粉を使ったら、次はホワイトニングジェルで歯磨きをします。

歯ブラシを水で湿らすことはせずに、ジェルをつけて全体をまんべんなく優しく丁寧に磨きましょう!

歯の全体を磨くコツは、磨き残しがないように順番を決めておくことです。

例えば上→下→左→右→面→裏というような感じですね。

毎回同じ順序に磨くことで磨き残しをなくすことができるようになるんです♫

そして歯ブラシは、小さな円を描くようにして磨くとツルツルの歯にしやすくなるのでおすすめです。

最後に口の中をゆすいで、有効成分が少し口の中に残るくらいに軽く洗い流すようにしてください。

そうすることで成分が歯の表面に付着し、汚れを落としやすくすることができるんです♪

③フッ素で再石灰化を促す。

次は歯をコーティングする効果があるフッ素が配合された歯磨き粉で仕上げを行います。

ホワイトニングジェル使用後少しの間は、歯のエナメル質が刺激を受けやすい状態です。

そこでフッ素を使うことで、敏感になっている歯を保護し、有効成分を歯の表面に閉じ込めておくことができるんです!

使い方は歯を全体的にコーティングするように磨くだけです。

フッ素で歯磨きをしたら、口の中をゆすいでしっかりと洗い流しましょう♫

またホワイトニングに効果的な歯磨き方法について、オススメの歯ブラシと合わせて以下より詳しくまとめています。

よかったらぜひこちらも参考にしてみてください♫

【最新版】ホワイトニング歯ブラシおすすめ9選&効果的な歯磨き方法

そもそもなぜ歯は黄ばむのか?着色の原因について


ここまでホワイトニングジェルのオススメや選び方、効果的な歯磨き方法などをお伝えして来ました。

ただ「そもそも何故歯は黄ばんでしまうのか?」気になってくることがありますよね。

なので、ホワイトニングジェルを本格的に使い始める前に、一度原点に立ち返って歯が黄ばむ原因について考えて行きましょう!

結論から言うと、黄ばみの原因は歯の表面つくステインの着色汚れです。

普段口にする飲食物による着色汚れが歯に付着して、色の変化をもたらし黄ばみとなって現れるんです。

着色汚れになりやすい主な飲食物はこちらです。

歯の着色汚れになりやすい主な飲食物
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 赤ワイン
  • ココア
  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • コーラ
  • バナナ
  • ぶどう
  • 大豆製品
  • カレー
  • ケチャップ
  • タバコのヤニ

また、これらの飲食物のほか、「歯垢」なども、歯の黄ばみの原因になります。

歯垢はの除去は歯磨きだけで除去するのが難しいんですよね。

歯の黄ばみの原因はステイン汚れにあります。

飲食物やタバコのヤニ、歯垢などが、そのステインの原因となっていることを知っておきましょう♫

市販のホワイトニングジェルQ&A

市販のホワイトニングジェルは、薬局ドラッグストアなどで買うことはできる?
近年、薬局やドラッグストアで扱われるホワイトニングアイテムが増えて来ており、ホワイトニングジェルも購入しやすくなって来ています。

ただ、ドラックストアなどで取り扱うのは主に安価な製品なため、大量の研磨剤が配合されているなど、成分に問題があるケースが少なくありません。

研磨剤タイプの歯磨き粉は、歯の着色汚れを「こすって削り取る」ものなので、歯に細かい傷がついて、かえって黄ばみやすい歯になる危険があるんです。

必ずしも「通販なら大丈夫」と言うわけではないのですが、通販のジェルなら口コミ情報が多かったり成分が明記されていることが多いです。

ですので、市販のホワイトニングジェルを買う場合は、通販の方がより納得しやすい形で選ぶことができるでしょう。

市販のホワイトニングジェルは、電動歯ブラシで歯磨きしてOKなの?
ホワイトニングジェルを電動歯ブラシで使えるかどうかについては、製品の仕様によってそれぞれ異なって来ます。

ですので、まずはお使いの電動歯ブラシの注意書きなどを読み、それがホワイトニングジェルに使っても大丈夫なのかを確認しましょう。

一般的には、研磨剤や発泡剤などの成分が含まれる歯磨き粉の併用を禁止する電動歯ブラシがほとんどとなっています。

このことから、市販のホワイトニングジェルを選ぶ際に、電動歯ブラシと併用できない成分が含まれていないか?をチェックすることが大切だと言えるでしょう。

市販のホワイトニングジェルは洗面台に保管しておいて問題ない?
洗面台に保管しておいても大丈夫かどうか?については、製品によって変わって来ます。

例えば、歯医者さんで購入する高額で本格的なホームホワイトニングの薬剤のジェルなどは、冷蔵庫で保管することを指示されることが多いです。

ただ、当記事で紹介しているホワイトニングジェルは歯磨きタイプのものなので、例外を除き、洗面台に保管しておいても大丈夫なんです。

洗面所にジェルを保管する際には、直射日光が当たらないようにして、温度変化の激しくない場所におき、開封後はなるべく早めに使い切るようにすればほぼ問題ないでしょう。

ホワイトニングジェルの中には、保管方法についてしっかり注意書きが記載せれている製品もあります。

そうした場合は、書かれている注意書きの内容をしっかり守って使うようにしてください。

市販のホワイトニングジェルはうっかり飲み込んでも大丈夫?
ホワイトニングジェルは、もともと口の中に入れる前提で作られています。

ですので、多くの場合、飲み込んでしまっても大量でなければ問題はないと言えるでしょう。

もしもうっかりジェルを飲み込んでしまったら、コップ一杯分の水を飲んでおけば、ほぼほぼ心配はありません。

ただ、大量にジェルを飲み込んでしまい、体調が悪い場合は病院にその製品を持参して、お医者さんに診てもらいましょう。

ただ、当然、基本的にホワイトニングジェルは飲み込むものではありませんので、正しい使い方でホワイトニングするようにしてください。

歯が白いと人に与える見た目の印象って変わるの?
歯の色の違いによって、年齢的な見た目の印象に差が出てくるので、歯の白さによる影響が小さくないと言えます。

例えば、芸能人や有名人の多くが、みんな白くて美しい歯をしているのは、歯の色でファンに与える印象が大きく違ってくるからです。

人との会話中、ふと笑ったときなどに、相手の目に入るのは「歯」だと言われています。

なので、普段から歯に気を使うことが、周囲に与える自分の印象に影響してくるんです。

歯が黄ばんでいるのを気にしていたりすると、人と心から楽しむことが難しくなりますし、いつの間にか自分に自信を持てなくなってくることもあるので、勿体無いですよね。

ですので、自分の本来の白さの歯にしていくことを心がけて、若々しい見た目を保って行きたいものですよね。

市販のホワイトニングジェルで最もオススメは薬用ちゅらトゥースホワイトニング!


市販されているおすすめのホワイトニングジェルと、その選び方などを紹介してきました。

市販のホワイトニングジェルで最も大切なのは「歯に負担をかけずに汚れだけを落とせていること」です。

ただ、お店にあるホワイトニングジェルのどれが安全に着実な効果を得られる製品なのか?わかりづらいですよね。

市販のホワイトニングジェルの選び方でもまとめたように、下記をおさえておくと安心して使うことができます。

市販のホワイトニングジェルの選び方
  • 効率的に歯の汚れを落とす有効成分が含まれている。
  • 研磨剤不使用など、歯に負担をかけない作りになっている。
  • 値段が高いか安いかでなく適正な価格になっている。

市販のホワイトニングジェルは、上記を目安にして選ぶことが大事です。

この記事で紹介した「薬用ちゅらトゥースホワイトニング」は、上記の基準をクリアした最もオススメできる商品です!

黄ばみを落として、本来の自然で健康的な白さの歯になったら、もっと自分に自信を持って人と楽しく接することができるようになりますよ♪

実際に、オンナの教科書の編集部である私も使ってレビューしていますので、詳しくは、是非以下より見てみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング