【完全版】ホワイトニングで歯を白くする11の方法を徹底検証!


208 views
  • 自分の歯の黄ばみが気になっている。
  • 人前で気がねなく歯を見せて笑えるようになりたい。
  • 清潔感のある自然な白さの美しい歯になっていい恋愛がしたい。

現在こういったことで、歯を白くする方法を知りたいと思っていませんか?

健康的で自然な白さの歯になってもっと自分に自信を持ちたい!

と歯の黄ばみを解消させたオンナの教科書ライターの私が歯を白くする方法を徹底的に紹介し、解説していきます!

歯に着色がおこる原因はなんなのか?歯を白くするにはどんな方法がいいのか?ぜひ参考にしてみてください。

それではまいりましょう!

まずは歯の変色の原因を知ることが大事!


歯を白くする方法について書いていこうと思うのですが、そもそも歯の着色の原因は一体なんなのでしょうか?

まず歯を白くする方法を知り前に、歯の変色の原因が分からなければ対処のしようがありませんよね。

なので、まずは歯の着色がおこる理由からお伝えしていこうと思います!

歯が変色がおこる原因
  • 食事によるエナメル質表面の着色汚れ
  • タバコのヤニによるエナメル質表面の着色汚れ
  • 加齢による変色・歯の黄ばみ
  • 歯の詰め物・被せ物の経年劣化による変色
  • 遺伝や生まれつきの体質

以上の5つが原因です。それぞれ順番に見ていきましょう!

コーヒーやチョコなど食事によるエナメル質表面の着色汚れ

コーヒーやチョコレートなどポリフェノールを含む飲食物が歯の表面に沈着すると、「ステイン」と呼ばれる着色の原因になります

日ごろ口にしている身近な食べ物や飲み物には、ステイン着色の原因になるやすいものが実は少なくないんです。

ステインの原因となる飲食物はそのほか、緑茶、赤ワイン、ココア、バナナ、ぶどう、大豆製品、カレーなどが挙げられます。

日常的にステインの元になるものを摂っていると、汚れが蓄積され簡単には落ちにくくなるんです。

落ちにくくなった頑固な着色汚れをきれいにするには歯科医院のクリーニングが必要になります。

タバコによるエナメル質表面の着色汚れ

タバコに含まれているヤニ(タール)もステインと言われる歯の表面の着色汚れの原因になります。

タバコのヤニはネットリしていてこびりつきやすいため、歯の溝や穴などの磨き残しがあると、そこにさらにヤニが付着してしまいます。

それが積み重なるうちになかなか落とすことのできない着色になっていきます。

タバコのヤニが歯の表面について頑固な汚れとなってしまった場合、その着色を落とすには歯医者さんでクリーニングをしてもらう必要があります。

加齢による歯の変色・黄ばみ

歯は歳をとるにつれて白色から黄褐色の黄ばんだような色に変色していきます。

これは歯の表面を覆う半透明の白色物質の層である「エナメル質」が、年齢を重ねるごとに磨耗し薄くなることで、内側の黄味がかった色の象牙質が透けて見えやすくなるためです。

この加齢による歯の色の変化を防ぐことはできませんが、ホワイトニングで白くすることはできます。

ただ、汚れによる着色ではないのでクリーニングで歯を白くすることはできませんので、その点は知っておく必要があります。

虫歯治療の被せ物、詰め物による変色

虫歯の治療で使われることの多い詰め物や被せ物は時間の経過によって劣化や色素沈着が起こり、それが原因で変色します

表面を磨くことで本来の色に近づけることもできるのですが多くの場合、内側まで変色してしまっているんです。

特に銀歯などに使われる金属は、溶けてイオンとなってはの変色の原因となります。

体質や遺伝性による色の変化

歯の表面は、歯の本体となる「象牙質」を守る「エナメル質」に覆われています。

基本的にエナメル質は内側にある象牙質が透けて見えるほど薄い色をしています。そしてエナメル質の透明度には遺伝性の個人差があります。

また象牙質にも体質や遺伝による個人差があり、真っ白い象牙質の人もいれば黄色っぽい象牙質の人もいるんです。

エナメル質の透明度と象牙質の色によっては、歯が汚れていなくても黄色く見えてしまうことがあり、発生率は8,000〜15,000人に1人とも14,000人に1人とも言われています。

【おすすめ度順】11通りの歯を白くする方法を比較した結果!


それでは歯を白くする方法を具体的に見ていきます!ただ、今回お伝えするホワイトニングの方法というのは

  • 自宅で歯を白くする方法
  • 歯科医師に歯を白くしてもらう方法

この2つのパターンに分かれてきます。

それぞれの方法ごとにおすすめ度を載せていますので、自分にあったホワイトニング方法はどれなのか?を見ていただけたらと思います!

自宅で歯を白くする方法!

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
専用ハミガキ粉 3,000〜6,000円(1ヶ月程度)
歯のマニキュア 1,000〜3万円(
数日〜3ヶ月)
重曹歯磨き 150円〜
(50g)
歯の消しゴム 500〜1,500円
(1週間)
バナナの皮 150〜300円
(4〜5本)
100〜400円
(100〜500g)

自宅でできる歯を白くできる方法を当サイトのおすすめ度順に並べています。

歯を白くする効果に加えて、コストや安全性などのバランスから最もおすすめなのはホワイトニング専用の歯磨き粉を使う方法となっています!

歯医者さんで歯を白くする方法!

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
オフィスホワイトニング 4〜10万円
(3〜5回)
ホームホワイトニング 2〜6万円
(2〜8週間)
ダイレクトボンディング 1〜5万円
(1本/保険適用外)
歯科のクリーニング 3,000円〜
(1回)
ラミネートベニア 9〜15万円
(1本)

歯科医院で歯を白くする方法の中で最もおすすめはオフィスホワイトニングです。

必要になるコストは自宅でできる方法よりも高くなってきますが、プロの歯科医師さんの手により短期間で希望の白さを実現することができます。

それでは自宅でできる方法から、もっと詳しく見ていきましょう!

自宅でできる歯を白くする方法!


では、まず自宅でできる歯を白くする方法からです!

おすすめ度順にお伝えしていきますので、おすすめ度が高く取り入れやすいものがあれば、ぜひ積極的に取り入れて見てください。

最もおすすめなのはホワイトニング専用歯磨き粉!

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
3,000〜6,000円
(1ヶ月程度)

ホワイトニング専用歯磨き粉は、歯を白くすることに力を入れている点が市販の凡用歯磨き粉と大きく異なっています。

研磨剤に頼らず、汚れを剥がして落とす成分で歯を白くするので、普通の歯磨き粉より歯に負担がかかりません。

効果を体感できるまで一定の期間が必要になりますが、ホワイトニング専用ハミガキを使うことで普段の生活習慣の中で手軽に自然な白さにしていくことができるので、最も身近で続けやすい着実な方法と言えるでしょう。

オンナの教科書では、おすすめのホワイトニング専用歯磨き粉を比較していますので、毎日の歯磨きで歯を白くしたい場合は以下のリンクからぜひチェックして見てくださいね!

歯のマニキュア

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
1,000〜3万円
(数日〜3ヶ月)

「歯のマニキュア」は直接歯の表面に白いマニキュアを塗り、歯を白く見せる方法です。

ただ白く塗るだけなので、歯を削る必要などはなく1日で歯を白く見えるようにすることができますが、持続効果がないのがデメリットとなっています。

色むらがないように塗ることが歯科医師であっても難しく、さらに効果が長続きしないという難点があり、現在では歯のマニキュアに対応する医院はほとんど見られなくなっています。

歯のマニキュアは市る製品があるので自分で歯を白く塗ることもできますが、自然に仕上がりにするの難しい上に食事をすると簡単に剥がれてしまいます。

また料金に幅がありどの商品を選ぶかをよくリサーチする必要があります。

重曹

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
150円〜
(50g)

「重曹」を使って歯を白くする方法には歯磨きとうがいの2種類があります。

それぞれを見ていきましょう。

重曹歯磨き

「重曹歯磨き」はその研磨作用を利用して歯の表面の着色汚れを落とす方法です。大掃除の時などにガスレンジとかの油落としなどに使われるほど強い研磨作用があります。

そのため重曹歯磨きは歯の表面のエナメル質まで傷がついてしまうリスクがあるんです。

歯の表面が傷ついてしまうとそこに汚れたたまりやすくなり、結果的に着色しやすい歯になってしまうこともあるので要注意です。

なので重曹を使うなら歯磨きよりも、うがいに使う方がおすすめと言えます。

重曹うがい

「重曹うがい」の効果的なやり方は、歯磨き前に行うことです。

口をあげて「ガラガラ」とするのではなく「クチュクチュ」と口を閉じてすすぐ方法をとるようにしましょう。

ここでは重曹歯磨きより安全な「重曹うがい」用の重曹水の作り方を紹介します。

うがい用の重曹水の作り方
  1. ペットボトル(500ml)に水を満タンまで入れる。
  2. 重曹を小さじ1杯(約3g)をペットボトルに入れる。
  3. ペットボトルをしっかりと降って水と重曹を混ぜる。

ちなみに、重曹には様々なタイプのものがありますが、重曹うがいでは必ず食用のものを使うよう注意してください。

食用の重曹はきめが細かく、歯が傷つけられてしまうリスクが少ないので。

歯の消しゴム

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
500〜1,500円
(1週間)

「歯の消しゴム」は、歯磨き粉に含まれている研磨成分が凝縮された歯専用の消しゴムで、歯にこすりつけての黄ばみをとるペン状のアイテムです。

薬局などで手軽に買うことができます。

細くて軽いため持ち運びしやすく、出先で歯の汚れを落とすことも手軽にできるのがメリットとなっています。

使い方は以下の通りです。

歯の消しゴムの使い方
  1. 歯の表面の湿り気をタオルなどでとる。
  2. 歯の消しゴムで綺麗にしたい歯を優しく擦る。
  3. 軽く水ですすぐ。

歯の表面の着色汚れやステイン汚れを削り落とすだけのなので、歯そのものを白くする成分は含まれていません。

なので黄ばみや汚れを分解する効果はなく、歯にこびりついてしまっている黄ばみや黒ずみは落とせません。

研磨作用が強いので、ゴシゴシしすぎると歯の表面が傷ついてしまい、かえって着色しやすい状態になってしまいます。

なので歯の消しゴムを使うのであれば週に1回などのペースでほどほどに使うよう注意しましょう。

バナナの皮

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
150〜300円
(4〜5本)

「バナナの皮」は植物の肥料や靴磨きなど、様々な用途に使えることが知られています。

昔から「効果がある」と言われているバナナの皮での歯磨きの方法か下記になります。

バナナの皮で歯を磨く方法
  1. 綺麗に下まで剥いたバナナの皮を用意する。
  2. バナナの皮の内側の白い部分で歯を磨く。
  3. 白い部分が歯についたら10分間そのままの状態に。
  4. 歯についた皮を歯磨き粉がわりに乾いた歯ブラシで約3分磨く。
  5. 水で歯ブラシを洗い流して普段の歯磨き粉で歯磨きをする。

この方法でバナナの皮で歯磨きをすれば歯が白くなると言われていますが、効果についての科学的な確証はなく、単なるウワサにとどまっています。

さらに、バナナにはポリフェノールの一種であるタンニンが含まれているので、コーヒーやチョコレートと同様にむしろ着色の原因になるんです。

なので、バナナの皮で歯を磨くのは歯を白くする方法としてはあまりお勧めすることができません。

塩で歯磨き

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
100〜400円
(100〜500g)

「塩」は歯の炎症を抑えたり口臭を改善する効果があるとされ、昔から歯磨き粉の代用として使われています。

現在でも塩の成分が含まれている歯磨き粉がありますよね。塩で歯磨きをすると、歯肉が引き締められるという効果もあるんです。

ただいくつか注意点があり、もし炎症が悪化していたりそこから出血している場合は、それが悪化する可能性がありすぐにやめる必要があります。

また最も要注意なのは塩分の過剰摂取です。塩分が歯根から吸収されることで、動脈硬化が引き起こされるなど、体に影響が出ることがあるんです。

メリットデメリットをまとめてみました。

まずはメリットから紹介します。

塩歯磨きのメリット
  • 歯ぐきがひきしまる。
  • 塩分によって炎症が抑えられる。
  • 唾液の分泌が促進されることで虫歯予防につながる。

そしてこちらがデメリットです。

塩歯磨きのデメリット
  • 炎症がひどい時は腫れてしまうなど悪化する。
  • 粘膜が弱っていると歯ぐきや頰が痛くなる。
  • 高血圧の人は塩分の摂取に要注意。

ぜひ参考にしてみてください!

歯医者さんで歯を白くする方法!


続いては歯科医院での歯を白くする方法になります。

専門の歯科医師さんに施術してもらうホワイトニングについてそれぞれ見ていきましょう。

オフィスホワイトニング

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
4〜10万円
(3〜5回)

歯科医院で施術してもらう「オフィスホワイトニング」は、歯を削らずに高濃度の過酸化水素を使って短期間で歯を白くする方法です。

歯にLEDなどの光を照射し薬剤を活性化させて歯の中の色素を抜いていくんです。そのため紫外線アレルギーや過敏症の方は施術を受けることができません。

施術時間は1回につき約1時間ほどで、希望の白さになるまで3〜5回行う必要がるケースがあり、効果の持続期間は半年〜1年ほどになります。

短期間で劇的に歯を白くすることができるので、時間をかけずにちゃんとホワイトニングをしたい人におすすめです。

ホームホワイトニング

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
2〜6万円
(2〜8週間)

「ホームホワイトニング」は歯医者さんで問診をして歯型をとって作ってもらったマウスピースに薬剤を塗り、自宅ではめて歯を白くする方法です。

安全性の配慮からオフィスホワイトニングよりも濃度の低い薬剤を使いじっくり時間をかけて歯を白くしていくんです。効果の持続は1〜2年と長く続きます。

マウスピースは一度作ればそれを繰り返し使っていくことができるので、2回目以降は歯科で薬剤をもらうだけになります。

また、歯医者さんからホームホワイトニングの方法や注意すべきことなどをしっかり教えてもらえるので安心して続けていくことができます♪

ダイレクトボンディング

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
1〜5万円
(1本/保険適用外)

「ダイレクトボンディング」「レジン」というプラスチックを直接歯に盛って歯を白く見せる方法です。

ほとんど歯を削らずに1日程度で治療が終わり費用も安いのが特徴ですが、仕上がりについては歯科医師によって差があります。

また素材がプラスチックのため4〜5年で変色が見られ、セラミックのようにずっと一生変色しないわけではありません。

レジン自体は保険が適用される材料ですが、ダイレクトボンディングを行う場合ほとんどの歯科医院で自費治療となっています。

歯科での歯クリーニング

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
3,000円〜
(1回)

「歯のクリーニング」は、歯の表面の汚れや着色を機械で強力に塩水を吹き付けて落としていくことで、歯の本来の自然な白さを引き出そうとする方法です。

この方法であれば、歯磨きで落とすことができない歯石など頑固な汚れを取ることも可能になります。

ただ特にヤニなどあまりにもこびりつきすぎている着色の場合は数回行う必要が出てきたりします。

歯石取りまで行うと保険が適用されて1回につき3,000円と比較的手頃な値段でクリーニングをしてもらうことができます。

ラミネートベニア

コスト(期間) 安全性 効果 おすすめ度
9〜15万円
(1本)

「ラミネートベニア」は、歯の表面を薄く0.5mm削り「セラミック」という金箔のように薄くしたものの板を歯に貼り付ける方法です。

ずっと色が変わらずに白い歯でいられることがこの方法のメリットで、費用は1本につき90,000〜150,000円ほどです。

ただ、ラミネートベニアを行うには高い技術力が必要となり、噛み合わせや接着の調整がしっかりできていないとすぐにはがれたり割れたりしてしまいます。

また、ラミネートベニアには虫歯になりやすいというデメリットもあります。

歯医者さんに行く前に!まずはホワイトニング歯磨き粉がおすすめ!

これまでたくさんの歯を白くする方法を見てきました。ただ、当サイトでおすすめするのはホワイトニング専用歯磨き粉を使って歯を白くする方法です。

これには3つのポイントがありますので、その理由について1つづつ紹介していきますね!

歯の着色汚れを効果的に落とす有効成分が含まれている。

ホワイトニング専用歯磨き粉の多くには「ポリアスパラギン酸」といった歯の着色汚れに有効な成分が含まれています。

この成分は実際に「汚れを浮かせて落とす作用がある」と認められた成分で、こういったエビデンスがしっかりあるものを選ぶのが大事になってきます。

研磨剤による歯のダメージがないので安心。

ほとんどの市販の歯磨き粉には研磨剤やフッ素などの歯を削る作用のある成分が含まれており、使うほど歯が傷つくリスクが高まってしまいます。

ホワイトニング専用の歯磨き粉は研磨剤などをほとんど使わないので歯が削られてしまう心配がないのが、市販品と大きく違った点です!

生活習慣の延長でホワイトニングできるので継続しやすい。

日々の歯磨きをホワイトニング専用歯磨き粉を使って行うだけなので、特別新しいことにチャレンジするというより、日々の歯磨き習慣の中で歯を白くすることができます。

一定の時間をかける必要がありますが、歯科のホワイトニンのように医院に通院する必要もなく高額な費用もかけることもなく、手軽にホワイトニングを始めて、継続しやすいんです♪

【リスクなし!】ホワイトニング歯磨き粉のおすすめランキング

以下では実際にオンナの教科書の編集部で「ホワイトニング専用歯磨き粉」を使って一体どれが本当に効果的なのかをランキングにしています。

また含まれている成分や料金などを合わせて総合的に比較していますのでぜひ参考にしてみてください!

薬用ちゅらトゥースホワイトニング

研磨剤不使用!厚生省に認定された高い効果と安全性の専用歯磨き粉

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは天然成分で黄ばみを落とし自然な白さの歯にするホワイトニング歯磨き粉です。「プラリスパラギン酸」や「ビタミンC」「りんご酸」などの有効成分が含まれており医薬部外品として作られています。研磨剤やフッ素を使わないホワイトニングジェルで、歯を傷つけることなく歯を白くする安全安心の製品だと断言できるでしょう。

価格 【定期】4,980円
【通常】6,458円
1日あたり 166円
総合評価
歯を白くする成分 ポリアスパラギン酸、リンゴ酸、ビタミンC、GTO
その他の成分 アラントイン、シメン-5-オール、安息香酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウム、レモンエキス、ステビア、無水クエン酸
保証
解約 電話1本で解約
【編集部のコメント】
おすすめの歯磨き粉の中からランキング1位に輝いたのはちゅらトゥースホワイトニングです!実際に編集部である私も、こちらのちゅらトゥースホワイトニングで自分の歯が自然な白さの歯になったことを実感しました。歯を白くすることに一点集中して作られており、厚生労働省から医薬部外品として認定されている高い信頼性があることや歯にダメージを与える恐れのある研磨剤が使われていないなど、安心して使い続けることができたのもよかったです♪柑橘系の香りもとても爽やかで毎日使うのが楽しみになりました。ホワイトニング歯磨き粉は初めてで何を買えばいいかわからない場合でも自信を持っておすすめできる理想的なホワイトニング歯磨き粉です♪

はははのは

高い洗浄力を実現!ほとんど天然成分のみで配合されたホワイトニング歯磨き。

「はははのは」は植物由来の10種類の天然成分で作られたホワイトニングジェルです。研磨剤など歯を痛める恐れのある成分を一切つ変わっていないながらも、高い洗浄力を実現しています。また発泡剤が不使用なため泡立ちがなく普通の歯磨き粉とは使い心地が違っていますが歯の表面のステイン汚れを驚くほど簡単に落としてくれるんです。高い安全性とホワイトニング効果で健康的で自然な白さの歯にしていくことができます。

価格 【定期】2,770円
【通常】3,300円
1日あたり 92円
総合評価
歯を白くする成分 ココナッツオイル、ハッカ油、ホホバオイル
その他の成分 グリセリン、エタノール、BG、パパイン、プロアテーゼ、スクロース、マスチック樹脂水、アロエベラ液汁、クマザサ葉エキス
保証 10日間返金保証
解約 電話1本で解約
【編集部のコメント】
使った人の実に95%が3週間で歯が白くなったことを実感している「はははのは」。ボトルの見た目も可愛く外出先で使っても歯磨きジェルだとバレることがなく、場所を選ばず使いやすかったです。発泡剤を使っていないため泡立ちが少なく普通の歯磨き粉とは使い心地は全く違いますが、洗浄力は抜群で驚くほど歯の表面のステイン汚れを落とすことができました。初めてで効果を得られるか不安な場合でも10日間の全額返金保証があるので安心して試してみることができるのも嬉しいところですね♪

パールホワイトプロEXプラス

歯を白くする有効成分を多種配合!健康な白い歯にできるホワイトニング剤!

パールホワイトプロEXプラスは「タバコのヤニとり効果がある」と厚生労働省から認定された「ポリリン酸ナトリウム」をはじめホワイトニングに有効な成分を多種配合しておりステイン除去などへの高い効果も期待できます。また口臭や歯周病を予防する成分も多数含まれており使い続けることで自然で健康な白い歯になることが期待できます。

価格 【定期】6,480円
【通常】8,400円
1日あたり 231円
総合評価
歯を白くする成分 メタリン酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、DL-リンゴ酸
その他の成分 ア濃グリセリン、シャクヤクエキス、カモミラエキス、ホップエキス、キサンタンガム、アラントイン、ポリリン酸ナトリウム
保証
解約 電話1本で解約
【編集部のコメント】
歯の表面を傷つけない歯科のホワイトニング技術を研究してホワイトニングに必要な最新の成分で作られているパールホワイトプロEXプラス。実際に使ってみると水に近いジェル上で甘酒のような香りがしました。白い泡などは全く出ず味もほとんどないので水で歯磨きしているような使い心地ですが、磨いた後には口の中がスッーっと気持ちよくなります。ホワイトニングをはじめとして歯周病予防にもなると言われているとおり使い続けて1週間くらいで歯ぐきが引き締まってくるのを感じるようになりました。そして1ヶ月目ほどで歯が自然な白さにになるのを実感できています。価格はランキングで紹介する製品の中で最も高額ですが、確かな成分で作られているのが人気の理由と言えますね♪

歯を白くする方法おすすめNo.1!薬用ちゅらトゥースホワイトニング!

薬用ちゅらトゥースホワイトニングがオススメな5つのポイント

  1. 許可が下りている医薬部外品だから安心して使用できる。
  2. 持ち運びもしやすいコンパクトなサイズ!
  3. 柑橘系の爽やかさで子供から大人まで使いやすい。
  4. 研磨剤やフッ素が使われていないので安全安心。
  5. 解約も電話一本でお手軽!

最もおすすめだったのはホワイトニング専用ハミガキとして根強い人気の薬用ちゅらトゥースホワイトニングでした!

医薬部外品として安心できるのをはじめとして、持ち運びに便利で出先でちょっとした時にも使うことができるのも嬉しいところ。

見た目もオシャレでキュートなデザインなので周りからホワイトニング剤とはまず思われません。また柑橘系の爽やかな香りで大人だけでなく子供まで楽しく使いやすいのもポイント高いですよね。

もし使ってイマイチだったとしても解約も電話一本で簡単にできてしまうので、まずは気軽に使ってみることをおすすめします♪

まとめ

それでは歯を白くする方法についてを終わります。

「清潔感のある自然な白さの歯になりたい!」
そんな方に最もおすすめできるのがホワイトニング専用歯磨き粉でした。

いろんな種類がある中でも、天然成分が多く配合され、歯の安全にも配慮された信頼度の高い専用歯磨き粉が選ぶ際のポイントです

毎日の生活習慣の中で少しづつ着実に綺麗に白くなっていく自分の歯を見ると、より自信を持って「今日もがんばろ!」と前向きな気持ちで過ごせますよ〜♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング