バストアップサプリの副作用が恐ろしい。危ない4つの飲み方


113 views
  • つるぺったんなので豊胸サプリ飲みたいけど、乳がんが怖い
  • 貧乳です。バストアップサプリ飲むとニキビを増えるって聞いたけどマジ?
  • まな板胸から脱出したいけど、サプリ飲んで太るのは正直無理

洗濯板でツルペッタン胸の皆さん、バストアップは日々どうしてますか?

マッサージ、エステに通うなどバストアップの方法も多種多様にありますが、手軽に試せるバストアップの方法として、バストアップサプリがあります。

バストアップサプリは効果が高いと話題を集める一方で、「副作用」が心配という声も少なくありません。

体に悪影響があるかもしれないとなると、ちょっと怖くて手を出せないという人も多いのではないでしょうか。

今回はバストアップサプリと副作用のなぜ?どうして?どうすれば?についてご紹介します。

バストアップサプリ飲むとどんな副作用が起こる?


バストアップサプリを摂取することで起こる可能性のある副作用として一般的に次のことが挙げられます。

バストアップサプリで可能性のある副作用
  • 頭痛
  • むくみ
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 生理不順
  • 不正出血
  • 貧血

バストアップサプリの多くは、プエラリアなど女性ホルモンに似た作用のある成分が含まれています。

このため、ホルモンバランスの急激な変化によって頭痛や生理不順、不正出血といった症状が引き起こされる可能性はあります。

バストアップサプリによる副作用は、多くの場合はホルモンバランスの急激な変化に体がビックリして引き起こされる、という事を覚えておきましょう。

これは別の言い方をすると、摂取したホルモン成分がしっかり体に効いている、とも言うことができます。

また、サプリに含まれている成分がアレルギーなどで身体に合わない場合も副作用が起こる可能性もあります。症状が出るようなら使用を中止してください。

副作用が起こる危険性を低くするためには


バストアップサプリによる副作用の危険性を低減するには、サプリに含まれる成分をしっかりと理解することが大切です。

バストアップサプリに含まれる成分の多くは、バストアップする上で重要な以下の2つの女性ホルモンと似た働きをします。

バストアップサプリに含まれる二大成分
  1. エストロゲン
  2. プロゲステロン

女性らしいボディ作りに欠かせないエストロゲン

卵周期の卵胞期に分泌が活発になる、女性らしい身体を作るのに欠かせない女性ホルモンです。

エストロゲンの副作用として、おっぱいの張りや痛み、吐き気・嘔吐・食欲不振、体重増が等が言われています。

通常の女性からのエストラジオール(天然エストロゲン)の分泌量は25~100μg/dayである。

妊娠しやすい体を作るプロゲステロン

排卵周期の黄体期に分泌が活発になる、乳腺形成に欠かせない女性ホルモンです。

プロゲステロンの副作用として、むくみ、体重増加、腹痛、吐き気、嘔吐、等があげられます。

プロゲストロンの典型的な役割は、着床に備えて子宮を調整すること、そして妊娠を維持する事である。

エストロゲンとプロゲステロンのバランスが大事

通常、エストロゲンとプロゲステロンの正常な割合は1:200と言われています。このバランスが著しく崩れると副作用が起きやすくなるという訳です。

バストアップ成分でエストロゲンと似た作用があるプエラリアは、卵胞期に摂取するのが良いと言われています。しかし逆の黄体期に摂取してしまうと、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

同じようにプロゲステロンに似た作用のある成分が含まれたサプリは、黄体期に飲むと効果が高いという事になります。

このように、サプリに含まれる成分を理解して、適切な時期に摂取することは副作用のリスクを減らすだけでなく、より効果を高めることにもなります。

バストアップサプリでこんな飲み方はやめましょう


バストアップサプリは用法用量をきちんと守って、正しい飲み方をしないと副作用が起こる危険性は大きくなります。

以下のようなバストアップサプリの飲み方は控えましょう

副作用になる4つの×な飲み方
  • 適正量を守らず、過剰に摂取する
  • 生理中に摂取する
  • 妊娠中に摂取する
  • お酒と一緒に摂取する

早くバストアップの効果を実感したいからと言って多めに摂取したり、昨日飲み忘れたから2日分摂取するという人はよく見られますが、このような摂取の仕方は副作用の危険性が高くなります。

また、生理中や妊娠中は体のホルモンバランスが変化する時期です。特に妊娠中はとてもデリケートな状態ですので、摂取は控えましょう。

まとめ

いかがでしたか?サプリの成分を理解しておくことは大切なことですが、万が一副作用が出た場合はまず使用を中止しましょう。

生理不順や不正出血などの副作用が出たら自分で原因を判断するようなことはせずに、医療機関に相談するようにして下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング