【今更聞けない】美容液と乳液の違い!結局なに使えばいいの?を解説


47 views
  • 美容液と乳液の違いって何だろう?
  • 私の肌には両方必要なの?
  • 違いがわからなくて困っている…

こういったお悩みを抱えている方へ。

こちらでは、美容液・乳液の「目的と役割・使い方」の違いについて、わかりやすくまとめました。

違いを知ることで、美容液と乳液はどういったものを選べばいいの?がわかります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。
それでは、まいりましょう!

美容液と乳液の違いは何?

美容液と乳液の種類

美容液は、乾燥肌・くすみ・シミ・そばかす・ニキビ・シワ・たるみ、などなど、お肌の悩みやトラブルに対して集中ケアする基礎化粧品です。

乳液は、化粧水の水分や美容液の成分が外へ蒸発しないようフタをする役割のほか、お肌のうるおいを保つ役割があります。

それぞれ、目的や役割を持っています♪

ちょっとわかりづらい部分もあるので、美容液と乳液の違いを比較してみました。

美容液 乳液
目的 お肌の悩みやトラブルを解消する。 お肌の潤いを保つ。外部から保護する。
役割 化粧水の保湿力を補う。悩みのあるお肌へ必要な成分を補う。 化粧水や美容液の成分を外へ出さないようフタをする。お肌に潤いを与える。
塗る順番 化粧水のあと 化粧水・美容液のあと
根本的な違い 通常のスキンケアにプラスアルファとして使うもの 通常のスキンケアに欠かせないもの
美容成分

では、美容液と乳液の目的・役割・使い方について、もう少し詳しくお伝えしていきます。

【目的・役割・使い方】美容液と乳液の違いを解説

美容液と乳液の違いについて、目的・役割・使い方に絞ってまとめてみました。

  1. 美容液を使う目的と役割
  2. 乳液液を使う目的と役割
  3. 美容液の使い方
  4. 乳液の使い方

美容液はお肌の悩みに対して集中ケアする

美容液と乳液の違い

美容液を使う目的は、お肌の悩みやトラブルを解消することです。

役割は、化粧水の保湿力や悩みのあるお肌へ必要な成分を補い集中ケアする役割があります。

どんなお肌の悩みやトラブルを解消することができるのか?具体例をあげてみますね。

  1. 乾燥肌
  2. くすみ
  3. シミやそばかす
  4. ニキビ
  5. シワやたるみい

美容液はスキンケアアイテムの中でも、「特別ケアするためのもの」「プラスアルファとして使うもの」と言われています。

これは、お肌のお悩みごとに凝縮された美容成分を浸透していくアプローチをするからなんです♪

乳液は潤いを保ち成分を外に出さないフタの役目をする

乳液
乳液を使う目的は、お肌の潤いを保ち、お肌を外部から保護すること。

乳液の役割は、化粧水や美容液の成分を外へ出さないようフタをすること、お肌に潤いを与えるといった役割があります。

乳液は、美容液のように美容成分が豊富ではありませんが、お肌に潤いをあたえフタをするという大事な役割を持っています。

なので、スキンケアに欠かせない基礎化粧品の1つとなります。

美容液の使い方と塗る順番の注意点

美容液

美容液の使い方

まず、美容液の使い方からカンタンに説明します。

  • 手のひらで美容液を温めてから使う
  • 顔全体に塗る方法と気になる部分に集中的に塗ると方法がある

美容液を使う際の注意点は、力を入れすぎないことです。やさしく肌へ押し込んで塗りましょう。

美容液の使い方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にどうぞ

これでツヤ肌!美容液の正しい使い方を効果的な4つの手順で徹底解説!

美容液を塗る順番の注意点

美容液を塗る順番は注意が必要です!

間違えやすいところなんですが、正しくは以下の順番となります。

化粧水→美容液→乳液

乳液が先か?美容液が先か?で迷う人が多いんですが、美容液は、乳液を塗る前に使います!

「なぜ、美容液は化粧水のあとに塗るの?」と言うと、乳液は、化粧水の水分や美容液の成分を外へださないようフタの役割があるからです。

美容液を塗る順番については、以下の記事で詳しく書いています。参考にどうぞ

美容液を塗る順番間違ってない?正しい順番と複数併用する方法を解説

乳液の使い方と塗る順番の注意点

乳液

乳液の使い方

乳液の使い方は、下記の2点を気をつければOK!

  • 手のひらで乳液を温めてから使う
  • 指のはらを使ってやさしく塗る

注意する点は、お肌がベタベタになるほど塗りすぎないことです。

乳液には油分が含まれているので、皮脂分泌量が多い人はとくに塗りすぎには注意してくださいね。

乳液を塗る順番の注意点

乳液を塗る順番は、美容液を使う場合は美容液のあと、美容液を使わない場合は化粧水のあとになります。

化粧水→(美容液)→乳液

美容液を使う場合は、先に乳液を塗ってしまう間違いが多いので注意してくださいね。

乳液は油分によって、美容液の成分を外へ出さないようフタする役割があります。なので、美容液の前に乳液を塗ってしまうと、美容液がお肌に浸透しなくなってしまうというわけです。

美容液と乳液は結局どれを使ったらいいの?

美容液と乳液

美容液と乳液は、お肌の悩み別や使い道によって種類が分かれています。

種類の違いを知ると、自分に合うアイテムを選びやすくなりますよ。

では、どんな種類があるの?ってところをこれより具体的にあげていきますね。

あなたに合う美容液はどれ?押さえておきたい6つの種類

美容液は、お肌のお悩み別で使い分ける必要があります。

種類によって、お肌の悩み合った美容成分が含まれているという理由があるからです。押さえておくべきは以下の6種類となります。

美容液の種類 対象とする人
保湿美容液 乾燥肌や荒れを防ぎたい人
美白美容液 シミやそばかすの予防または薄くしたい人
ニキビ用美容液 ニキビの色素沈着予防や、見た目の悪いニキビ跡を改善したい人
エイジングケア美容液 加齢によるお肌のシワやたるみの悩みを解決したい人
オールインワン美容液 スキンケアの時間を短く簡単に行いたい人
ブースター美容液 30代を過ぎお肌がごわついて化粧水が浸透しづらくなった人

「オールインワン美容液とブースター美容液の違いって何?」と感じた方も多いと思うのでカンタンに説明します。

オールインワン美容液とは?

1つで化粧水・乳液・クリーム・化粧下地の役割を果たす美容液です。

「どんな人が使ったらいいの?」というと、毎日スキンケアをする時間を短くしたい人や、スキンケアアイテムを1つずつ揃えるとお金が掛かってしまうので大変…。という悩み抱えている人です。

ブースター美容液とは?

洗顔後、スキンケアの一番最初に使うための美容液です。

通常の美容液とは塗る順番が違うのは、お肌を整えたり、化粧品の浸透力をアップさせることで、スキンケアの効果を引き出す役割があるためです。

化粧水がお肌に浸透しづらくなってくる30代以降の方に人気のあるスキンケアアイテムです。

以下では美容液6種類について詳しく解説しています。こちらも参考にしてみてくださいね。

美容液とは?今さら聞けない美容液の6つの種類と美肌対策の全知識!

あなたに合う乳液はどれ?押さえておきたい3つの種類

乳液は主に3つの種類があります。

乳液の種類 対象とする人
保湿乳液 保湿を目的として使う一般的な人
UV乳液 紫外線を防ぎたい人
ティトン乳液 乳液の保湿効果に加え化粧下地として使いたい人

一般的に使用されているのは保湿乳液です。
その他の乳液は、状況によって使い分けることがベストですね。

美容液と乳液の違いまとめ

美容液と乳液の目的と役割、使い方についての違いをお伝えしてきました。

美容液と乳液の違いをざっくり言うと、美容液は通常のスキンケアにプラスアルファとして使うもので、乳液は通常のスキンケアに欠かせないものとなります。

今、あなたが行っているスキンケアに満足していますか?

美容液は、絶対に使ったほうがいいというわけではないので、今のお肌の状況に合わせて検討するのがいいかと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング