美容液は朝と夜どっちに塗る?朝塗るとシミになると噂の美容液も調査

美容液朝夜

29 views

美容液を買ってみたものの「朝と夜、両方塗るべきなの?夜だけ塗るべきなの?」と、疑問に思うことがありますよね。

噂では「朝に塗るとシミなる?」なんて美容液もあるので「いったいどうなってるの?」と不安もあるでしょう。

そこで当サイト編集部では、美容液は朝と夜のどっちに塗るのか?シミになる美容液の噂は本当か?について徹底調査しました。

この記事を読んで、ぜひ心を落ち着かせてくださいね。

美容液は朝と夜どっちに使うの?

朝と夜
結論から言ってしまうと、朝と夜で使い分けるのが理想です!

「なぜ、使い分けるの?」という理由は2つあります。

  1. 美容液には種類があり、それぞれ役割が違うから
  2. 朝と夜ではお肌の置かれる状況が違うから

ではまず、美容液の種類と役割って何?と言うところから説明していきます。

①美容液には種類があり、それぞれ役割が違う

美容液の種類は、保湿ケア、美白ケア、ニキビケア、エイジングケアなどに分かれていて、それぞれ役割も違います。

種類 役割
保湿ケア 乾燥肌や荒れを防ぎ、透明感のあるお肌に導く
美白ケア シミやそばかすの予防または薄くする美白の集中ケアをする
ニキビケア ニキビのケアをする
エイジングケア 加齢によるお肌のシワやたるみの悩みに働きかける

それぞれ、どのタイミングでケアしたらいいのかは、2番目の朝と夜ではお肌の置かれる状況が違うというところが関係してきます。

②朝と夜ではお肌の置かれる状況が違う

朝と夜に美容液を付けて効果を早めたい気持ちはわかりますが、お肌は朝(日中)と夜とで置かれている状況が違います。

朝から日中は外部からの刺激がある
  • メイクによるお肌への刺激
  • エアコンからの風
  • 紫外線
  • ほこり
夜はお肌を修復・再生する時間
  • 表皮のターンオーバーを正常にする
  • お肌の新陳代謝が活発になる
  • 新しい細胞が生まれお肌を再生する

朝は外部の刺激からお肌を守るための美容液、夜は日中にダメージを受けたお肌の修復や新しいお肌の再生のために美容液を使うと考えることができます。

では、朝と夜でどのように美容液を使い分けらたいいの?というところをこれよりお伝えしていきます。

朝と夜で使い分けたい!美容液の種類を解説

朝は、日中に受ける外部刺激からお肌を守るために美容液を使うのが一般的です。

では、どんな美容液があるのか?以下にあげてみました。

朝に使いたい美容液とは?

朝つけたい美容液
  • 保湿美容液
  • UV美容液
  • ブースター美容液

保湿美容液

保湿美容液を朝に使う理由は、お肌のバリア機能を保持するためです。

日中に受けるお肌へのさまざまな刺激から守るためにはお肌のバリア機能が正常である必要がありますが、バリア機能を正常に働かせるためには保湿が必要です。

保湿美容液は化粧水の保湿力を補い、乾燥肌をケアする効果があるので朝に使いたい美容液となります。

UV美容液

UV美容液を朝に使う理由は、紫外線対策となるからです。

ここはわかりやすいですよね。UV美容液は、紫外線対策の日焼け止め美容液なので、夜ではなく朝に使います。

ブースター美容液

導入美容液とも呼ばれるものですが、こちらは朝と夜の両方に使うのが理想です。

30代以上から感じるお肌のごわつきを柔らかくし、スキンケアアイテムの美容成分の浸透を高めてくれます。

夜に使いたい美容液とは?

夜付けたい美容液
  • 保湿美容液
  • 美白美容液
  • ニキビ用美容液
  • エイジングケア美容液
  • ブースター美容液

保湿美容液

夜も活躍する保湿美容液!

日中に受けたお肌のダメージを修復するための基本となるのが保湿です。夜寝ている間にお肌にうるおいを与えることで、肌の状態もよくなっていきます。

美白美容液

お肌の修復や再生が行われる夜に使いたいのが美白美容液です。

美白美容液はシミ・そばかすを予防したり、薄くする目的で使いますが、シミ・そばかすの原因は、紫外線によるメラニン色素の沈着が主な原因です。

メラニンを排出するためには、朝に使うよりも夜のお肌の修復・再生が行われる時間帯に美容成分を浸透させていくことで効率のよいケアができます。

ただ、例外として朝に使える美白美容液もあります。

ニキビ用美容液

美白美容液と同じく、お肌の修復や再生が行われる夜に使いたい美容液です。

ニキビケアをする美容液には、高保湿成分をはじめ、植物素材や高濃度のビタミンcなどが含まれているものが多くあります。

エイジングケア美容液

こちらもお肌の修復や再生が行われる夜に使いたい美容液です。

エイジングケア美容液は、加齢によるお肌のシワやたるみの悩みに働きかける美容液です。ターンオーバーを促進する成分も含まれていることがあります。

ブースター美容液

朝にも塗るとお伝えしたブースター美容液ですが、夜の洗顔後においても同様です。

ごわついた肌を柔らかくし、スキンケアアイテムの美容成分の浸透を高めるために夜も利用します。

朝塗るとシミになる?と噂の美容液を調査

疑問

ネット上では「ビタミンCを含む美容液は、朝に塗るとシミになるんですか?」という質問が多くありますが、回答もさまざまです。

シミになる?ならない?

真実はどうなのか?当サイト編集部で調べてみました。

メラノCC美容液は朝に塗っても大丈夫?

メラノCCは、「ビタミンCを含んでいるから、シミになるんじゃないの?」という噂がありますが、実際のところはどうなのか?

答えは、朝夜の両方とも使えます。

公式サイトに掲載されていた使用順序例をみると、朝夜ともに使う順序例が掲載されていました。

メラノcc
引用:メラノCC公式サイト

美容液だけでなく、メラノccシリーズ全部使えるんですね。

では、なぜビタミンCを含むメラノCCがシミになるという噂が出てきたのか?調べてみると答えが出てきました。

柑橘系の果実などに含まれる「ソラレン」という物質がもとです。

ソラレンは紫外線の感受性を高めてしまう性質があることから、シミの原因になりやすいと言われています。

しかし、ソラレンとビタミンCは別物なんですよね。

「ビタミンC=ソラレン」と勘違いした人が、「ビタミンCを含む美容液は、シミになるぞ〜」と言い始めたのが噂のはじまりでしょう。

ちなみに、メラノCCに「ソラニン」は含まれていません。

ということで、メラノCC美容液は、朝と夜に使っても大丈夫です。

それでも気になる方は、日焼け止めを上から塗るとより安心です。紫外線対策になりますので。

美白美容液は朝に塗っても大丈夫?

美容液朝

夜用の美白美容液でなければ、基本的に朝も使用できます。

美白美容液は、ビタミンC誘導体を含んでいることから、これまた「ビタミンC=紫外線の感受性を高めてしまいシミになるのでは?」と言った噂がありますが、これも間違い。

メラノCCとケースと同じケースですね。
そもそも、ビタミンCとビタミンC誘導体は別物なんです。

ビタミンC誘導体とは?
肌へ吸収されにくいビタミンCの弱点を改良したのがビタミンC誘導体です。

美白美容液に含まれるビタミンC誘導体は、紫外線を浴びても酸化を起こしにくいものです。メーカーの説明に注意書きがなければ基本的に朝に使用できます。

夜用美容液というものがありますが、こちらは「レチノール」という成分が紫外線にあたると徐々に効果がなくなると言われているため、朝や日中に使うのはオススメしません。

ということで、美白美容液は夜用でなければ塗っても問題ないことになります。

ただ、美白美容液に含まれる豊富な美容成分を効果的に使うのであれば、お肌の修復や再生を行う夜に使うのがオススメです。

まとめ

美容液は、朝と夜どっちに付けるのか?についてお伝えしてきました。

美容液は多く付ければよいというものではなく、使いたい美容液の種類や役割によって朝と夜に使い分けるのが理想です。

今回は、朝と夜のどっちに付けるということでしたが、美容液は塗り方の順番も大事です。

塗り方を間違えると、せっかくの美容成分を十分に浸透することができなくなってしまいます。

美容液の順番については、以下で詳しく解説していますのでこちらも参考にしてみてください。

美容液を塗る順番間違ってない?正しい順番と複数併用する方法を解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング