【安全?】アメリカのホワイトニング歯磨き粉&&テープおすすめ6選!


33 views

ホワイトニング最先端の国、アメリカのホワイトニング歯磨き粉やテープは、歯を白くする効果が高いと言われています。

ただ、使われている薬剤が日本と違っていたり、そもそも人種が違うため、実際に使うには最初はちょっとハードルが高く感じてしまいますよね。

  • アメリカ製のおすすめホワイトニング歯磨き粉&テープを知りたい
  • アメリカ製のホワイトニングアイテムの危険性が気になる
  • アメリカ製ホワイトニング歯磨き粉やテープは日本人も使えるの?

今回はアメリカのホワイトニング歯磨き粉やテープを使いたいと考えている人がもつ上記の悩みや疑問について、紹介していきます。

よかったら是非参考にして見てください。

それではどうぞ!

アメリカのホワイトニング歯磨き粉おすすめ7選


それでは早速、日本人にオススメのアメリカ製ホワイトニング歯磨き粉から見ていきましょう!

おすすめ①クレスト3Dホワイト ブリリアンス


全米の歯科医に推奨されているクレスト3Dホワイトはホワイトニングの本場であるアメリカで最も人気があります。

全米美容製品コンテストで優勝もしている信頼度の高いホワイトニング歯磨き粉なんです。

このシリーズの中で最も歯を白くする効果があるとされるのが「クレスト3Dホワイト・ブリリアンス」です。

独自の有効成分「マイクロクレンジングホワイトナー」が歯の表面の微細な着色汚れをまで落として歯に光沢をおもたらし、自然でキレイな白い歯にします。

また研磨剤不使用なので、歯に負荷を与えず強力に白くするの期待できるのが嬉しい所。

海外製のホワイトニング歯磨き粉の中で最も定番なのがクレスト3Dホワイト・ブリリアンスと言えるでしょう。

おすすめ②スーパースマイル


スーパースマイルは欧米でトップクラスの人気を誇るチューブ状のホワイトニング歯磨き粉です。

国内外の2回の品質管理で成分チェックや品質チェックを計5回重ねていて、安全性が非常に高いことから美容審美歯科業界でも奨励されています。

またスーパースマイルは独自のカルシウム複合成分「カルプロックス」により、歯の表面の汚れを浮かせて落とす作用に加え、殺菌、虫歯菌予防効果などがあります。

ステイン汚れを腐食し分解することで歯を本来の白さにするタイプの歯磨き粉で、研磨剤を使っていないので、歯に傷がつく心配はありません。

ただ、独自成分の「カルプロックス」が着色汚れだけでなく、歯の表面を覆っているエナメル質まで溶かしてしまうことがあり、使用後に着色しやすい状態になることがあり注意が必要なようです。

もし「強力なアメリカ製の歯磨き粉に興味があるけど安全かどうかが心配」という場合、徹底的に品質が管理されているスーパースマイルはオススメのホワイトニング歯磨き粉になります。

おすすめ③オパールエッセンス ・トゥースペースト


オパールエッセンス は、歯科のオフィスホワイトニングをした後に歯が敏感になっている人も日々の歯磨きで歯を白くしていけるフッ素配合の歯磨き粉(ペパーミント)です。

なぜオフィスホワイトニングなどの後の仕様に最適なのか?その理由は知覚過敏を抑えるフッ化ナトリウム硝酸カリウムが配合されているからです。

また、エナメル質の再石灰化を促進して強く健康な状態に保ってくれるので、虫歯になりにくくなるというメリットもあります。

もちろんホワイトニング効果もとても高く、歯の表面の「たんぱく質の膜」の着色汚れを除去して黄ばみを落とします。

研磨剤不使用なので表面を削られる心配もありません。

おすすめ④コルゲートOpticWhiteHighImpact


コルゲートOpticWhiteHighimpactは歯の内部まで白くすることが期待できるのが特徴の、人気のホワイトニング歯磨き粉です。

過酸化水素」配合によって歯の黄ばみに対する即効性が高いことで知られており、最短だと1週間ほどで歯の白さを実感できると言われています。

PVPピロリン酸といった強力な有効成分が配合されており、エナメル質に負荷をかけることなくホワイトイングすることができます。

ただ、過酸化水素配合の歯磨き粉は、海外から個人で買うには問題ないのですが、薬事法によって日本では販売できない事になっているので、使用には注意が必要です。

おすすめ⑤テオデントホワイトニング天然カカオ配合


テオデント(THEODENT)は、チョコレートの原料であるカカオエキスから取れる成分「RENNOU」を配合した、アメリカ発のホワイトニング歯磨きペーストです。

外箱は高級チョコレートカラーのパッケージで中には輝きのあるゴージャスなゴールドキャップのハイブランド仕様となっています。

ニューヨークタイムズやウォール・ストリートジャーナルなどの大手メディアのランキングなどでも紹介されて人気上昇中なんです。

有効成分の「RENNOU」はフッ化物の代わりに配合されており、子供でも安心して使うことができます。

またRENNOUのエナメル質を修復し、再石灰化を促進してはを強くする効果はフッ素よりも強いことが米国歯科医師会で発表されています。

クレスト3Dホワイトのホワイトニングテープもおすすめです!

全米の歯科医師さんや歯科衛生士さんから最も奨励されている、信頼度の高いホワイトニングテープが「クレスト3Dホワイト」です。

クレスト3Dホワイトの3つのメリット
  1. 数日間、毎日の使用で効果を実感できる。
  2. 1日あたり30分貼るだけでOKなので使いやすい。
  3. 歯科医院やサロンに通う必要がなく手軽に歯を白くできる。

歯科のホワイトニングほど劇的な効果はないですが、黄ばんだ歯を白くして、一回の使用で最高で約3ヶ月間白さを保つことができます。

テープの薬剤には過酸化水素が含まれておりその漂白効果によってエナメル質を傷つけずに歯の表面全体の透明感をなくしながら白くしていきます。

日本では歯を白く染める過酸化水素の含まれた市販品の販売はできませんが、アメリカでは許可されています。

これが日本のどのホワイトニングの市販品よりアメリカの製品の方が歯を白くできる理由です。

クレスト3Dホワイトの3つのでメリット
  1. 貼り方に注意しないと白さにムラが出てしまう。
  2. 失活歯など効果の得られない歯がある。
  3. 痛みがある

クレスト3Dホワイトは日本で使用禁止となっている漂白成分が高い濃度で含まれているので、実際に使う際には良く気をつける必要があります。

過酸化水素は確実に歯を白くする作用があります。

ただ、アメリカ人よりエナメル質が薄い日本人はしみるなどのトラブルに見舞われることもあるんです。

また日本国内で販売している場合、薬事法違反の可能性があるので現地購入か個人輸入で買う方が良いでしょう。

アメリカのホワイトニングアイテムは本当に安全なの?


アメリカ製のホワイトニングアイテムには日本の製品よりもホワイトニング効果を期待できるものがあります。

ただ、日本で認められていない成分が配合されていることもあります。

そのため使用する際には、本当に安全なのか?など副作用やデメリットをよくチェックしておく必要があるんです。

ここではアメリカのホワイトニングアイテムの安全性をはじめとする副作用やデメリットについて紹介していきますね。

高い濃度の成分配合なので副作用の可能性がある


前述した通り、日本の製品と海外とでは成分の濃度が違います。
薬事法に基づいて作られている日本製品に比べるとアメリカのは高い濃度で成分配合がされていることがとても多いんです。

例えば、フッ素濃度の上限は日本では1,000ppmとなっているのに対して海外製品では1,600ppmも含まれているものもあります。

ですので、アメリカ製のホワイトニングアイテムを使う際には成分の配合される濃度に注意するようにしてください。

あくまで欧米人仕様で作られている海外ホワイトニングアイテム


日本人とアメリカ人の歯では大きさやエナメル質の厚さに違いがります。

日本人の歯は欧米人よりも大きさは小さくエナメル質は薄いんです。

そのため、普段冷たいものを食べるときに知覚過敏が出やすい人などは特に注意する必要があります。

またアメリカのホワイトニング製品によっては強力な効果によって歯のみならず歯茎にもダメージを負ってしまうことがあります。

なので、ホワイトニングアイテムは自分の必要としていることや自分の悩みにあったものを使うようにしましょう。

まとめ

ここまで、おすすめのアメリカ製ホワイトニング歯磨き粉とテープを紹介してきましたがいかがでしたか?

アメリカ製アイテムの特徴とリスクを正しく知った上で、是非自分にあうホワイトニングアイテムを使って素敵な白い歯にしていきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング