日焼け止めオールインワンジェルにUVカット効果はどれだけある?


387 views

紫外線はお肌の大敵、シミやくすみの原因になるだけではなく、シワや乾燥の原因にもなるんです!

でも、外出しなくても家の中まで差し込んでくる紫外線は避けることはできません。

だから、UVカットをしてくれる日焼け止め効果のあるオールインワンジェルがあればいいのに!なんて思ったことありませんか?

実際に、UVカット効果のあるオールインワンジェルもあるのですが、このオールインワンジェル使うべきか…。

今回は、「UVカット日焼け止め」と「オールインワンジェル」について見てみたいと思います!

美白に興味のある方は是非参考になさってください!

日焼け止め入りオールインワンジェルのUVカット効果はそもそも期待できない!

UVカット日焼け止め効果のあるオールインワンジェルは存在しますが基本的にはおすすめしません。

というのは、「オールインワンジェル」と「UVカット日焼け止め」はそもそもの目的や性質が違うからです。

UVカット オールインワンジェル UVカット 日焼け止め
目的 UVカット+スキンケア UVカット
性質 水性 油性(ウォータープルーフ)
特性 汗で流れる 汗で流れないがキメに入り込むと取れづらい

オールインワンジェルは水性化粧品なので水や汗で流れます。

そのため、せっかくのUVカット機能のあるオールインワンジェルを塗っても紫外線の強い暑い夏には汗で流れ落ちてしまうのです。

その点、通常の「UVカット日焼け止め」はウォータープルーフにして汗で流れることを防ぐように作られています。

しかし、「ウォータープルーフ化粧品」は水では流れないのでお肌のキメや毛穴に入り込んでなかなか取れないという欠点もあります。

UVカットするならおすすめはオールインワンジェルと日焼け止めの併用!

日焼けを防ぐには「オールインワンジェル」と「日焼け止め」を併用されることをおすすめします。

一般的なオールインワンジェルは「化粧下地」の機能が付いています。

この「化粧下地」というのはお肌をスムーズに整えて化粧品がお肌のキメや毛穴に入り込んで落としにくくなるのを防ぎます。

同様に「オールインワンジェル」を塗った後に「日焼け止め」を塗るとメイクした時と同じように崩れづらいのに、クレンジングすればスルリと落ちてくれる効果が期待できます。

お肌に化粧品の成分が残るとシミやシワの原因にもなりますから、残さず落とすのは重要ですよね!

オールインワンジェルと日焼け止めを使う順番は以下の通りです。

オールインワンジェルと日焼け止めを併用する時のスキンケアの順番
  1. 洗顔
  2. オールインワンジェル
  3. 日焼け止め

どんな「日焼け止め」を使おうか悩んでいる方には、当サイトでおすすめの「日焼け止め」もありますので是非こちらをご確認ください。

なお、「日焼け止め」の前に使う「オールインワンジェル」は「美白」に効果のあるものがおすすめです。

「美白」オールインワンジェルは、肌の新陳代謝を活発にしてターンオーバーを促進してくれます。

ですから、「日焼け止め」の効果が薄れた部分が出ても「美白オールインワンジェル」を塗ることで「日焼け後」のお肌のケアもでき美白をキープできます。

「美白オールインワンジェル」をお探しの方はこちらをチェックしてみてくださいね。

日焼けを避ける為には効率よくUVカット!

ここでは、日焼けの大敵紫外線について少し知っておきたいと思います。

  • 紫外線(UV)の種類
  • 紫外線(UV)がお肌に与える影響
  • 紫外線(UV)に注意するのはいつ頃

をご紹介します。

紫外線の種類は3つ

紫外線には3つの種類があります。

紫外線の種類3つ
  1. 紫外線A波(UVA)
  2. 紫外線B波(UVB)
  3. 紫外線C波(UVC)

普段は「UVA」「UVB」しか聞かないのですが、「UVC」というのもあるんですね。

紫外線のお肌への影響は?

紫外線のお肌への影響はそれぞれの「波」によって異なるので、紫外線の「波」ごとにお肌への影響を見てみましょう。

紫外線 お肌への影響
紫外線A波
UVA

紫外線A波は浴びても日焼けはしません。

でも、恐いことにシミやシワの原因になるのは紫外線A波(UVA)です!

紫外線A波(UVA)を浴びてもすぐにお肌に影響はありませんが、コラーゲンやヒアルロン酸などを含んでいる「真皮層」にまで届き徐々に蓄積していきます。

紫外線A波(UVA)が真皮層に蓄積するとコラーゲンやヒアルロン酸などを壊します

紫外線A波(UVA)によって「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」を失ったお肌は元気を失いお肌を奥から老化させシミやシワとなります。

紫外線B波
UVB

紫外線B波(UVB)は「日焼け」をさせる紫外線です。

お肌の「基底層」にある「メラノサイト」を刺激することで肌表面を黒くします。

でも、お肌は「基底層」で作られ新陳代謝で徐々に外に押し出されていきますので、紫外線B波(UVB)による日焼けは新陳代謝によって消えてしまいます

紫外線C波
UVC
紫外線C波は浴びると「皮膚ガン」になるという紫外線です。

但し、オゾン層が吸収するので「オゾンホール」があると言われている国でのみ対策が必要です。

とても恐い紫外線(UV)なのですが、今のところ日本では影響はありません。

オーストラリアなどのオゾンホールの影響のある国へ旅行される場合は充分に注意しましょう!

紫外線(UV)に気をつける季節はいつ?

紫外線(UV)は夏に強いという印象がありますが実際のところどうなんでしょう?

引用:ロレアル(http://www.nihon-loreal.jp/uva/uv_ray/year_data.html)

紫外線は「500KJ」を越えると多いと言えるのですが、紫外線A波(UVA)は一年中高い数値です。

紫外線A波(UVA)に比べると絶対値が小さく分かりづらいのですが、紫外線B波(UVB)は「5月〜9月」が多くなります

つまり、日焼け対策は5月〜9月、シミ・シワには1年中ケアが必要です。

まとめ

ここでは、オールインワンジェルと日焼け止めについてご紹介しました。

ウォータープルーフの日焼け止めの下にはオールインワンジェルはおすすめです。

紫外線もシミやシワの原因になりますが、お肌に化粧品が残るのもシミやシワの原因になります。

うまくオールインワンジェルと日焼け止めを使うことで紫外線からお肌を守って美しいお肌をキープしてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング