“痩せない”の口コミも!?8時間ダイエットの失敗しないやり方を徹底解説

8時間ダイエット

52 views

アメリカからやってきた話題の「8時間ダイエット」。

特定の食材を食事に置き換えたり、無理な食事制限をしたりといった縛りがないため、手軽にできるダイエット方法として注目を集めています。

こちらのページでは、そんな8時間ダイエットの効果と詳しいやり方について解説しています。

正しい方法をマスターして、美しいボディラインを手に入れましょう♪

8時間ダイエットとは?8時間ダイエットの3つの効果を抑えよう

8時間ダイエットの効果

8時間ダイエットとは、「1日のうち、好きな時間帯の8時間に食事をするダイエット方法」です。

例えば、朝7:00に朝食を食べたら、その時間をスタートとして8時間後の15:00までの間に1日の食事をとり、それ以外の時間は水分補給のみOKです。

こうしてじゅうぶんに胃腸が休まると、体内の新陳代謝を促す代謝酵素が増えて、痩せやすい体に変わっていきます!

8時間という短いスパンに1日の食事を終わらせようと思うと、食事の回数は自然に3回から2回に減り、摂取カロリーも減らすことが可能です♪

摂取カロリーを減らしながら痩せやすい体を作る、それが8時間ダイエットです。

その8時間ダイエットの効果について、もう少し掘り下げて解説していきますね!

8時間ダイエットの3つの効果

痩せやすい身体を作ることができる

8時間ダイエットでは消化をしない時間が通常よりも長くなるため、その分、胃腸が休まる時間が増えます。

すると、最終的に体内の代謝酵素が増えることに♪

実は、この新陳代謝を促す代謝酵素は、消化を助ける消化酵素と対になる酵素で、片方が増えると片方が減る性質があります!

胃腸が消化をしない時間が長ければ消化酵素は減るため結果的に代謝酵素は増え、体の新陳代謝がアップ。

このようにして、8時間ダイエットでは痩せやすい身体を作ることができるんです♪

胃腸を休めて便秘解消に効果的

暴飲暴食をすると、お腹を壊したり胃が痛くなったりしますよね。

これは胃腸を酷使している状態ですが、反対に胃腸を休めると本来の機能をきちんと果たしてくれるため、消化吸収が良くなります。

消化吸収が良いということは、とうぜん便秘の解消効果が期待できます。

睡眠の質を向上させることができる

食べたものが胃で消化するために必要な時間は約3時間です。

寝る直前に食事をすると、胃の中ではさかんに消化活動が行われていて、消化酵素を出す指令を出している脳も休まりません。

寝ているのに胃腸も脳も働いているのですから、熟睡はできないですよね。

反対に、寝る3時間前に食事を済ませておけば胃腸も脳も休めるので、熟睡できるわけです。

8時間ダイエットでは、食事は就寝の3時間前にすませることがルールになっているため、睡眠の質を向上させることに繋がります。

8時間ダイエットの口コミ・評判を紹介!

8時間ダイエットの評判

8時間ダイエットの効果についてご紹介してきました。

でも、本当のところきになるのは「本当に効果を実感できるの?」というところですよね?

そこで、実際にチャレンジ中の人の評判や口コミをチェックしてみましょう♪

8時間ダイエットの口コミ一覧


https://twitter.com/8_16diet/status/1053066634624032768

8時間ダイエットの口コミまとめ

みなさん、8時間ダイエットに栄養バランスを考えた食事や、運動などを取り入れている人が多い印象です。

中には100日で10kg減という人もいましたね!

ルールがシンプルで事前準備の必要がないのも、手軽にチャレンジできる理由の一つのようですね♪

“成功する”8時間ダイエットのやり方を紹介!

8時間ダイエットのやり方

それでは実際に8時間ダイエットを実践する方法について解説していきます。

しっかりと、成功するポイントを押さえてダイエットしていきましょう♪

ここで紹介する”成功するポイント”を押さえておけば、ダイエットの成功率がグーンとアップしますよ!

一番大事なことはライフスタイルに合わせて”8時間”を設定すること

主婦の人とOLさんでは、取れる8時間は違ってきますよね?

また、OLさんでも職場によって食事の時間はさまざまです。

例えば、

  • 朝7:00にスタート・15:00に終了
  • 昼12:00にスタート・20:00に終了

というように、それぞれ自分のライフスタイルにあった8時間を設定するようにしましょう。

無理をしないでもよい時間を設定すること、それが長続きさせるコツです!

2種類のスーパーフードを食べるようにしよう

栄養価の高い食品をスーパーフードといいます。

8時間ダイエットをするときの食事には、以下のスーパーフードのうち2種類を加えて食べましょう!

スーパーフードを取り入れることで、最低限の栄養をきちんと取りつつ、ダイエットを促す効果が期待できますよ♪

8時間ダイエットに取り入れたいスーパーフード
卵・肉(脂の少ないもの)、乳製品、ナッツ類、豆類、ベリー類(イチゴなど)、明るい色の果物(りんごなど)、穀物、緑の葉もの野菜

水分補給を忘れないようにしよう

8時間ダイエットで大切なポイントのひとつが、水分補給です。

設定した8時間以外にも、きちんと「こまめに」水分補給を行ってくださいね。

ちょっとお腹が空いたときには、水を多めに飲むと多少満足感が得られるので、食べ過ぎの予防にもなります♪

痩せない原因になる!?8時間ダイエットの注意点を確認しよう

8時間ダイエットの注意点

8時間ダイエットは、やり方を間違うと逆に太ってしまう人もいます。

失敗の原因になるポイントをチェックして、8時間ダイエットを成功させましょう。

8時間内でも食べ過ぎには注意する

8時間ダイエットでは、基本的に自分の好きなものを食べてもOKです。

しかし、食べすぎはNG

いくら食事の回数が2回に減っても、3回分以上の量を食べてしまえば、摂取カロリーは増えてしまいます。

1日に食べる量は元の量よりも増やさないことが大切です。くれぐれも、食べすぎには注意してくださいね。

カロリーが高いお菓子や飲み物には注意する

食事をしない時間が長くなると、つい小腹が空いてお菓子を食べたくなるものですが、そこはガマンしましょう…!

甘いお菓子やスナック類、それに甘いジュース類はかなり高カロリーです。

どうしてもおやつを食べたいときは、プレーンのヨーグルトにイチゴやブルーベリーをトッピングしたものやナッツ類など、スーパーフードの中から選ぶと良いですね♪

飲み物は、ミネラルウォーターやお茶、コーヒー(ブラック)など、カロリーの低いものがおすすめです。

夕食の時間と就寝する時間の間隔をあけるようにする

「8時間以内に食事を終わらせる」他にも、寝るまでに時間を開けることも大切です。

食べた後にすぐに寝てしまうと、消化吸収が悪くなるとともに、睡眠の質も悪くなってしまいます…

これでは、ダイエットはもちろん、美容の観点からも良いことはありません。

胃腸を休ませるために、夕食から就寝までの時間は最低3時間の間隔をあけるようにしましょう。

8時間ダイエットを実践したブログ・動画を紹介

最後に、8時間ダイエットを実践したブログや動画の中から、気になるものをピックアップしてご紹介します。

実践している人の記録を、ぜひ参考にしてみてくださいね!

アラフォー女の8時間ダイエットちゅーのブログ|130日の記録を参考にしよう

アラフォー女の8時間ダイエットちゅーのブログ

130日で、体脂肪が23%前後から、13~15%ぐらいに減り、体重は5.6kg減と、ばっちり効果が出ていますね♪更新自体は止まってしまっているブログですが、実践の記録は十分参考になりますよ!

きれいになりたいアラフォー英語講師のブログ|実践のための一工夫を参考にしよう!

きれいになりたいアラフォー英語講師のブログ

7時~15時ではなく、夕食を17時に変更して継続。低糖質な食事も取り入れて、よい結果を出されていました♪このブログでは、他のダイエット方法も実践されているので、それも参考になるかもしれません!

(( 8時間ダイエットを2週間してみた結果。 ))|2週間で痩せられる!?

2週間で3kg減の目標は達成できなかったものの、ウエストは-2センチ。まずまずの結果が出ていましたね♪動画内では「2週間ではなかなか効果が出ないと思う」といわれているので、8時間ダイエットを続けるなかで、挫折しそうになった時にもう一度見てみるといいかもしれませんね。

まとめ

注目の8時間ダイエットについてご紹介してきました。

8時間ダイエットで大切なことについて、もう一度振り返りますね!

8時間ダイエットのポイント
  • 1日の食事を8時間の間にとること
  • 就寝まで3時間の間隔をあけること
  • スーパーフード2種類を取り入れること
  • 食べ過ぎないこと
  • 水分補給をすること

ポイントを押さえて、ぜひ自分に合った8時間を見つけてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

オンナの教科書の最新情報をお届けします

この記事に付けられたタグ

アクセスランキング